【コールドウォレットとは】いまさら聞けないメリット・デメリット

 

2018年1月に発生したコインチェックのNEM盗難事件以降、仮想通貨の管理においてセキュリティの強固なコールドウォレットがますます世間の注目を集めていますが、コールドウォレットとはどのようなものなのでしょうか。

 

コールドウォレットの概念、種類やそのメリットとデメリットについて理解し、コールドウォレットをうまく活用すると、盗難などのリスクを軽減しながら安全に仮想通貨が保管できます。

 

たいきち
本記事では、コールドウォレットの概念、種類、そのメリットとデメリット、おすすめのコールドウォレットなどを解説しますので、ご参考にしてください。

 

 

コールドウォレットとは?

 

コールドウォレットとは、仮想通貨の秘密キーをインターネットから完全に切り離されたコールドストレージで保管しているウォレットのことをいいます。

コールドウォレットで仮想通貨を保管した場合、ネットワーク経由で攻撃を受けてハッキングされるというリスクはほぼありません。

それに対して、オンライン環境で仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことをホットウォレットといいます。

スマートフォンアプリのウォレットはホットウォレットですが、取引所に関しては、コールドウォレットとホットウォレットの両方を導入しているところが多いです。

 

たいきち
コールドウォレットに対応済みの取引所については、後ほどご紹介します。

 

コールドウォレットの種類

 

コールドウォレットの種類としては、紙に印刷して管理する「ペーパーウォレット」と、専用デバイスで管理する「ハードウェアウォレット」の2種類があります。

「ペーパーウォレット」は、その名の通りアドレスや秘密キーをプリントアウトして紙で保管する方法です。

ンターネットから切り離されているので、ハッキングの心配はありませんが、インクの経年劣化で紙の文字を読み取れなくなるリスクがあります。

一方、「ハードウェアウォレット」は、購入した専用デバイスに仮想通貨を保管して、パソコンやスマホといった通信環境から完全に隔離した状態で、秘密キーを使って自分で管理するウォレットです。

 

コールドウォレットはこんな人におすすめ

 

たいきち
コールドウォレットは、セキュリティを重視して安全に仮想通貨を管理したい方だけでなく、仮想通貨の取引を行っているすべての方におすすめです。

 

なぜかというと、仮想通貨を取引所に預けっぱなしにするのは、非常に危険だからです。

取引所に預けた仮想通貨は、取引所が秘密キーで管理しているため、取引所がハッキングの被害に遭うと、仮想通貨の送受ができなくなります。

仮想通貨を取引所に預けっぱなしにするのは、たとえるなら、「通帳と印鑑を両方とも取引所に預けっぱなし」にしておくようなものです。

2018年1月に国内の大手取引所Coincheckから仮想通貨NEMが、約5億2300万XEMも盗まれるという事件が発生したことは、皆さんの記憶に新しいでしょう。

この事件を通して、取引所に仮想通貨を預けっぱなしにするリスクを認識された方も多いと考えられます。

そのようなリスクを避けて被害に遭わないようにするためには、各自が安全性の高いコールドウォレットを適切に準備して、うまくコールドウォレットを活用しながら仮想通貨を管理していく必要があります。

 

コールドウォレットのメリット

 

コールドウォレットとは対照的に、インターネットに接続可能な状態で仮想通貨を保管するタイプのウォレットは、ホットウォレットです。

ホットウォレットは、インターネットに接続可能なので、常に盗まれるリスクにさらされています。

一方、コールドウォレットは、ネットワーク経由で攻撃を受けてハッキングされるというリスクがありません。

したがって、セキュリティ強度の高さがコールドウォレットの一番のメリットです。

前述のように、コールドウォレットには、「ペーパーウォレット」と「ハードウェアウォレット」の2種類があります。

「ペーパーウォレット」の場合、プリントアウトで簡単に作れて、紙幣のように簡単に他人に渡すことが可能で、それがメリットになります。

一方、「ハードウェアウォレット」の場合は、秘密キーさえあれば、他のウォレットでも復元可能です。

マイイーサウォレット等のさまざまな外部ウォレットとも連携でき、相互感性のあるウォレットアプリを安全に使えます。

また、仮想通貨の取引がデバイスに残るので、簡単に確認できるというのもメリットです。

 

コールドウォレットのデメリット

 

ホットウォレットは、インターネットに接続可能なので、スマホやブラウザに簡単にインストールできて、すぐに使いこなすことができますが、その点についてコールドウォレットの場合はどうでしょうか。

コールドウォレットは、インターネットから完全に隔離されていますから、仮想通貨の出し入れが簡単にできないことが一番のデメリットだと言えます。

また、コールドウォレットを使いこなすには、知識と情報収集が必要になってきます。

知識を得て使いこなせるようになるまでに少し時間がかかりますし、情報収集にも時間と手間がかかることも、コールドウォレットのデメリットです。

 

おすすめのコールドウォレット

 

コールドウォレットには「ペーパーウォレット」と「ハードウェアウォレット」の2種類がありますが、そのうちハードウェアウォレットがおすすめです。

ハードウェアウォレットの場合、秘密キーさえあれば、他のウォレットでも復元可能で、さまざまな外部ウォレットやアプリケーションと連携できますし、仮想通貨の取引がデバイスに残るため簡単に確認できるからです。

 

たいきち
たいきちの場合は、ハードウェアウォレットの「TREZOR モデルT」を愛用しています。

 

「TREZOR モデルT」は、インターネットから物理的に遮断されているだけでなく、送金時にデバイスのモニターに表示される承認ボタンを長押しするなどの物理的作業が必要になるため、安全性は極めて高いと言えます。

つまり、外部から完全に独立した物理的な操作で利用することで、取引への不正アクセスが防げるのです。

たいきちは「TREZOR モデルT」を3つまとめて購入し、以下のように使い分けています。

  • 普段使い用
  • バックアップ用
  • 故障時の予備

 

たいきち
モニターが大きくて見やすいのが特徴です。使いやすくてデザインもおしゃれです。ぜひチェックしてみてください。

 

TREZORの公式ホームページを見る

 

また、もうひとつ紹介しておくと、「Ledger Nano S(レジャーナノS) 」もおすすめです。

「Ledger Nano(レジャーナノ)」とは、仏Ledger社がUSBトークン型の仮想通貨ウォレットのことを指します。

その中でもLedger Nano Sは、世界トップシェアを持つLedgerシリーズの最新モデル(2代目)で、日本で最も売れているハードウェアウォレットです。

Ledger Nano Sのメリットは、30種類以上もの仮想通貨に対応しており、LedgerLiveでERC20トークンの保管ができる点です。

たくさんの種類の通貨を管理したい場合は、Ledger Nano Sがおすすめです。

 

たいきち
Ledger Nano S」について詳しく知りたい人はこちらの記事を読んでみてください。

 

関連記事

  こんにちは。たいきちです。 仮想通貨で必要不可欠とされるウォレットですが、さまざまな種類があることをご存じでしょうか。   たいきち 本記事では、仮想通貨のハードウェアウォレットであ[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

たいきち
また、どちらか良いのか迷う方は、TREZOR モデルTとLedger Nano Sを比較しているこちらの記事を参考にしてください。

 

 

コールドウォレットに対応済みの取引所

 

先ほど紹介したハードウェアウォレットを準備して、自ら秘密キーで仮想通貨を管理するのが一番安全ですが、仮想通貨の取引も必要になってきます。

コールドウォレットに対応済みの取引所で、仮想通貨の取引を行うべきですが、どの取引所を利用すると、より安全に仮想通貨の取引ができるのでしょうか。

 

たいきち
たいきちが一番おすすめする取引所はbitFlyerです。

 

理由は以下の通りです。

 

  • 多数の大手株主の出資で成り立っている。
  • ハッキング歴なし。
  • ビットコイン購入時の(=スプレッド)が狭く、損しにくい。
  • 【重要!】自動積み立て機能あり。
  • Tポイントをビットコインに変換できる。

 

たいきち
bitFlyerは信頼があり、積み立て機能が便利です。たいきちは買い物で付いたTポイントも毎月ビットコインに替えるようにしています。本人確認で待たされてしまうので、早めに口座を作っておきましょう。

 

【無料】bitFlyerで口座開設する

 

 

たいきち
また、たいきちが2番目に使っているのは、Coincheckです。

 

Coincheckは2018年1月に大規模なハッキング事件に見舞われましたが、東証一部上場のマネックスグループの子会社となって経営再建を図り、2019年1月に仮想通貨交換業登録を完了しました。

同社のアプリの使い易さには定評があり、2019年12時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録しています。

取引手数料が無料で、国内では最多の16通貨に対応していることも、Coincheckが人気を博している理由です。

もちろん改正資金決済法の規定に従って、顧客からの預かり資産である法定通貨や仮想通貨を自社の資産と分別して「コールドウォレット」で管理しているので、セキュリティ対策は万全だと言えます。

 

たいきち
この顧客資産の分別管理は、これまで銀行や証券会社で行われてきており、顧客資産を預かる金融機関が顧客資産を勝手に売買したり、不正に引き出したりできないように信託銀行などに顧客資産を保全管理してもらう仕組みです。

 

以前は顧客資産の分別管理は仮想通貨業者に義務付けられていませんでしたが、改正資金決済法によって義務化されるようになりました。

また、Coincheckの口座を持っている人は、いつもの電気・ガス代をCoincheckを通して支払うだけで3~7%のビットコインを付与してもらえます

他にも、

  • レンディングサービス
  • 自動積み立て機能

などの便利な機能がたくさんあります。

 

たいきち
普通に生活しているだけで無料でビットコインを付与してもらえるのはCoincheckだけです。Coincheckでんきの手続きは簡単なので、これを機にやっておきましょう。

 

【無料】Coincheckで口座開設する

 

コールドウォレットのまとめ

 

以上、コールドウォレットの概念、種類、そのメリットとデメリット、おすすめのコールドウォレットなどについて解説してきました。

仮想通貨を安全に管理する上で、コールドウォレットをうまく活用することは必須です。

 

たいきち
仮想通貨の盗難などの被害に遭うリスクを軽減するために、ぜひ使ってみてください。

 

TREZOR モデルTを購入する

Ledger Nano Sを購入する

TREZOR モデルTとLedger Nano Sを比較する