【コールドウォレットとは】いまさら聞けないメリット・デメリット

 

2018年1月に発生したコインチェックのNEM盗難事件以降、仮想通貨の管理においてセキュリティの強固なコールドウォレットがますます世間の注目を集めていますが、コールドウォレットとはどのようなものなのでしょうか。

 

コールドウォレットの概念、種類やそのメリットとデメリットについて理解し、コールドウォレットをうまく活用すると、盗難などのリスクを軽減しながら安全に仮想通貨が保管できます。

 

本記事では、コールドウォレットの概念、種類、そのメリットとデメリット、おすすめのコールドウォレットなどを解説しますので、ご参考にしてください。

 

コールドウォレットとは?

 

コールドウォレットとは、仮想通貨の秘密キーをインターネットから完全に切り離されたコールドストレージで保管しているウォレットのことをいいます。コールドウォレットで仮想通貨を保管した場合、ネットワーク経由で攻撃を受けてハッキングされるというリスクはほぼありません。

 

それに対して、オンライン環境で仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことをホットウォレットといいます。スマートフォンアプリのウォレットはホットウォレットですが、取引所に関しては、コールドウォレットとホットウォレットの両方を導入しているところが多いです。コールドウォレットに対応済みの取引所については、後ほどご紹介します。

 

コールドウォレットの種類

 

コールドウォレットの種類としては、紙に印刷して管理する「ペーパーウォレット」と、専用デバイスで管理する「ハードウェアウォレット」の2種類があります。

 

「ペーパーウォレット」は、その名の通りアドレスや秘密キーをプリントアウトして紙で保管する方法です。インターネットから切り離されているので、ハッキングの心配はありませんが、インクの経年劣化で紙の文字を読み取れなくなるリスクがあります。

 

一方、「ハードウェアウォレット」は、購入した専用デバイスに仮想通貨を保管して、パソコンやスマホといった通信環境から完全に隔離した状態で、秘密キーを使って自分で管理するウォレットです。

 

コールドウォレットはこんな人におすすめ

 

コールドウォレットは、セキュリティを重視して安全に仮想通貨を管理したい方だけでなく、仮想通貨の取引を行っているすべての方におすすめです。

 

なぜかというと、仮想通貨を取引所に預けっぱなしにするのは、非常に危険だからです。取引所に預けた仮想通貨は、取引所が秘密キーで管理しているため、取引所がハッキングの被害に遭うと、仮想通貨の送受ができなくなります。仮想通貨を取引所に預けっぱなしにするのは、たとえるなら、「通帳と印鑑を両方とも取引所に預けっぱなし」にしておくようなものです。
2018年1月に国内の大手取引所Coincheckから仮想通貨NEMが、約5億2300万XEMも盗まれるという事件が発生したことは、皆さんの記憶に新しいでしょう。この事件を通して、取引所に仮想通貨を預けっぱなしにするリスクを認識された方も多いと考えられます。

 

そのようなリスクを避けて被害に遭わないようにするためには、各自が安全性の高いコールドウォレットを適切に準備して、うまくコールドウォレットを活用しながら仮想通貨を管理していく必要があります。

 

コールドウォレットのメリット

 

コールドウォレットとは対照的に、インターネットに接続可能な状態で仮想通貨を保管するタイプのウォレットは、ホットウォレットです。ホットウォレットは、インターネットに接続可能なので、常に盗まれるリスクにさらされています。
一方、コールドウォレットは、ネットワーク経由で攻撃を受けてハッキングされるというリスクがありません。したがって、セキュリティ強度の高さがコールドウォレットの一番のメリットです。

 

前述のように、コールドウォレットには、「ペーパーウォレット」と「ハードウェアウォレット」の2種類があります。
「ペーパーウォレット」の場合、プリントアウトで簡単に作れて、紙幣のように簡単に他人に渡すことが可能で、それがメリットになります。

 

一方、「ハードウェアウォレット」の場合は、秘密キーさえあれば、他のウォレットでも復元可能です。マイイーサウォレット等のさまざまな外部ウォレットとも連携でき、相互感性のあるウォレットアプリを安全に使えます。また、仮想通貨の取引がデバイスに残るので、簡単に確認できるというのもメリットです。

 

コールドウォレットのデメリット

 

ホットウォレットは、インターネットに接続可能なので、スマホやブラウザに簡単にインストールできて、すぐに使いこなすことができますが、その点についてコールドウォレットの場合はどうでしょうか。

 

コールドウォレットは、インターネットから完全に隔離されていますから、仮想通貨の出し入れが簡単にできないことが一番のデメリットだと言えます。また、コールドウォレットを使いこなすには、知識と情報収集が必要になってきます。知識を得て使いこなせるようになるまでに少し時間がかかりますし、情報収集にも時間と手間がかかることも、コールドウォレットのデメリットです。

 

おすすめのコールドウォレット

 

コールドウォレットには「ペーパーウォレット」と「ハードウェアウォレット」の2種類がありますが、そのうちハードウェアウォレットがおすすめです。ハードウェアウォレットの場合、秘密キーさえあれば、他のウォレットでも復元可能で、さまざまな外部ウォレットやアプリケーションと連携できますし、仮想通貨の取引がデバイスに残るため簡単に確認できるからです。

 

また、ハードウェアウォレットの中でも特に「レジャーナノS(Ledger Nano S) 」がおすすめです。「レジャーナノ(Ledger Nano)」とは、仏Ledger社がUSBトークン型の仮想通貨ウォレットのことを指します。レジャーナノSは、世界トップシェアを持つLedgerシリーズの最新モデル(2代目)で、日本で最も売れているハードウェアウォレットです。

 

コールドウォレットで保管するレジャーナノSの場合、インターネットから物理的に遮断しているだけでなく、送金時にデバイスの承認ボタン(PINコード入力)などの物理的作業が必要になるため、安全性は極めて高いと言えます。つまり、外部から完全に独立した物理的なボタンとスクリーンを利用することで、取引への不正アクセスが防げるのです。レジャーナノSは、30種類以上の仮想通貨にも対応しており、LedgerLiveでERC20トークンの保管ができます。

 

上記以外で有名なTREZORは、レジャーナノSで対応していないNEMやMONAコインの保管が可能で、レジャーナノSと互換性があります。

 

「レジャーナノS」はこちらの記事で詳しく解説しています。

 

関連記事

仮想通貨で必要不可欠とされるウォレットですが、さまざまな種類があることをご存じでしょうか。 本記事では、仮想通貨のハードウェアウォレットである「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」に焦点を当て、概要などを解説していきます[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

コールドウォレットに対応済みの取引所

 

先ほど紹介したハードウェアウォレットを準備して、自ら秘密キーで仮想通貨を管理するのが一番安全ですが、仮想通貨の取引も必要になってきます。

 

コールドウォレットに対応済みの取引所で、仮想通貨の取引を行うべきですが、どの取引所を利用すると、より安全に仮想通貨の取引ができるのでしょうか。

 

以下、コールドウォレットに対応済みの取引所を紹介します。

 

  • BITPOINT
  • QUOINEX
  • Zaif
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • みんなのビットコイン
  • bitbank.cc

 

上記に挙げた取引所で、コールドウォレットに対応していない取引所はありませんが、一番おすすめの取引所Coincheck(コインチェック)です。

 

Coincheckは2018年1月に大規模なハッキング事件に見舞われましたが、東証一部上場のマネックスグループの子会社となって経営再建を図り、2019年1月に仮想通貨交換業登録を完了しました。同社のアプリの使い易さには定評があり、2019年12時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録しています。取引手数料が無料で、国内では最多の12通貨に対応していることも、Coincheckが人気を博している理由です。

 

Coincheckでは、改正資金決済法の規定に従って、顧客からの預かり資産である法定通貨や仮想通貨を、自社の資産と分別して「コールドウォレット」で管理しているので、セキュリティ対策は万全だと言えます。

 

この顧客資産の分別管理は、これまで銀行や証券会社で行われてきており、顧客資産を預かる金融機関が顧客資産を勝手に売買したり、不正に引き出したりできないように信託銀行などに顧客資産を保全管理してもらう仕組みです。
以前は顧客資産の分別管理は仮想通貨業者に義務付けられていませんでしたが、改正資金決済法によって義務化されるようになりました。

 

また、Coincheckでは、預かっている顧客の法定通貨や仮想通貨について、日次で実際の残高と同社が計算上把握している残高を照合し、顧客の残高が不足していないかを確認しています。

 

コールドウォレットのまとめ

 

以上、コールドウォレットの概念、種類、そのメリットとデメリット、おすすめのコールドウォレットなどについて解説してきました。

 

仮想通貨を安全に管理する上で、コールドウォレットをうまく活用することは必須ですね。仮想通貨の盗難などの被害に遭うリスクを軽減するために、知識を得てコールドウォレットをうまく活用してください。