【仮想通貨のウォレットアプリ】利便性と安全性で選んだおすすめ5選

こんにちは。たいきちです。

仮想通貨取引をするうえで、どこに、どのようにして資産を保管しておくか考えておく必要があります。

方法によっては大きく安全性が損なわれ、場合によっては資産が抜き取られたり、ハッキングされたりする恐れもありますから、十分対策しておきたいポイントです。

そこで今回は、仮想通貨用のウォレットアプリについて紹介します。

さまざまなウォレットのタイプを紹介しながら、実際におすすめできるウォレットアプリまで解説致しますので、是非参考にしてみてください。

人気商品

そもそも仮想通貨のウォレットとは

まず知っておきたいのは、仮想通貨ウォレットの種類です。それぞれの違いや特徴を理解し、自分にあったウォレットを探していきましょう。

オンラインウォレット

オンラインウォレットとは、インターネット環境に繋がっているウォレットのことです。

常にオンライン上に仮想通貨を置いておけるため、仮想通貨取引をする際や円・ドルなど既存の通貨との換金の際にタイムラグが生じにくく、アクセスしやすくかつ利便性の高いウォレットだと言えます。

一方、常にオンライン上にあるためハッキングや暗号キーの盗難など、セキュリティ面で危険に晒されるリスクもありますので、他のウォレットと併用管理するのもよいでしょう。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとは、特定のパソコン上に仮想通貨の保管場所を作るウォレットのことです。

容量が大きいフルノード型と呼ばれるデスクトップウォレットを使えば大量の仮想通貨や取引データを保管しやすく、マイニングなど売買に限らない取引手法にも対応しやすくなります。

一方、パソコンそのものに保管するという特性上持ち運びに不便であるということや、パソコンが重くなること、パソコン自体がウイルスに感染すると保管してある仮想通貨にも影響が出ることなど、デメリットもあります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、インターネット環境に一切接続されていない形で仮想通貨を保管するウォレットです。

多くがUSBタイプであり、秘密キーを含めた全てをオフライン上で管理できるため、ハッキングや盗難などのリスクに対応できます。安全性が高いことが最大の特徴だと言えるでしょう。

一方、それなりに仮想通貨やパソコンに関する知識がないと初期設定の段階ですら戸惑うことが多く、ハードウェアウォレットそのものも1~2万円するなど高価であることが難点です。

関連記事

たいきちです。 2018年1月にコインチェック事件が発生したことが記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。 仮想通貨取引を行う人に限らず世界のあちこちで話題となり、ハッキングに対するセキュリティ対策や仮想通貨資産の守り方につい[…]

たいきちのアイキャッチ画像

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、仮想通貨の保管場所を紙に印刷しておく方法のことを指します。「ウォレット」という名前がついていますが、印刷した紙そのものが保管場所である、ということになります。

外部からのアクセスを一切受け付けない原始的な方法なので安全性が高いと言えますが、紛失・破損・焼失・水濡れなどが発生した時に大きなダメージを受けます。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは、iPhoneやandroidなどのスマートフォンにアプリをインストールして仮想通貨を保管するウォレットです。ウォレットアプリも、このうちの1つです。

スマートフォン内のみで秘密キーを管理するためオンラインウォレットよりは安全性が高く、仮想通貨払いができる店舗においてQRコード決済のように使用できるというメリットがあります。ただし、スマートフォンの紛失や故障時には仮想通貨もなくしてしまう可能性があります。

ウォレットアプリはこんな人におすすめ

ウォレットアプリは、頻繁に資産状況をチェックしたい人におすすめです。外出先でも気軽にアクセスできるため、常に取引や送金しやすい環境を作れます。

また、街のお店で仮想通貨払いをしたい時にも便利です。〇〇PayのようにQRコード決済さながらに使えるため利便性が高く、財布やクレジットカードを忘れてしまった時の救世主になった!という声も耳にします。

仮想通貨ウォレットアプリの選び方

では、仮想通貨ウォレットはどう選んでいくのがよいでしょうか。いくつか判断基準となるポイントを紹介していきます。

取り扱い通貨で選ぶ

まずは、取り扱っている仮想通貨の種類や数で選ぶのがポイントです。最低でも今自分が取引している仮想通貨に対応していないと、ウォレットを導入する意義が減ってしまいますので注意しましょう。

また、今後取引の幅を増やそうと考えているのであれば、対応数が多いメジャーなウォレットを選ぶのもよさそうです。そのウォレットアプリによっても対応の幅は異なりますので、インストール前にチェックしておくのがおすすめです。

作り方で選ぶ

ウォレットアプリは、それぞれ作り方やアカウント作成までのフローが異なります。なかにはアカウント登録なしで気軽に使用できるものもあれば、二重三重にパスワードや設定を経て使用開始できるものもありますので、自分の用途に合わせて選んでいきましょう。

セキュリティで選ぶ

ウォレットアプリを選ぶ際は、必ずセキュリティ対策についてチェックしておきましょう。

インストール後の登録方法はもちろん、パスワードやPINコードを設定する必要があるか、秘密キーの取り扱い方法など、提供会社によって大きく違います。

利便性はもちろん、安全性の高さで選ぶのもポイントです。

仮想通貨のウォレットアプリおすすめ5選

では実際に、仮想通貨に対応しているウォレットアプリをいくつか紹介していきます。

Ginco(ギンコ)

Gincoは、株式会社Gincoが提供する暗号資産用ウォレットアプリです。

初心者でも扱いやすいシンプルなUIを意識して開発され、ハッキングに強いと言われているクライアント型を採用しています。決済や送金の際に手数料がかからないこと、日本語でのサポートが充実していることも、ストレスフリーな仮想通貨取引に役立っています。

アプリをインストールし、ユーザー名と6桁の暗証番号を設定するだけで使用開始できます。

【対応通過は16種類】

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • リップル
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • オーガー
  • デジックスダオ
  • エニグマ
  • オミセゴー
  • ゼロエックス
  • カイバー
  • ジラ
  • ステータス
  • ディセントラランド
  • スイスボーグ
  • トゥルーユーエスディー

Yenom(エノム)

Yenom(エノム)は、株式会社Yenomが提供するウォレットアプリです。

「とびきりやさしいビットコイン・ウォレットアプリ」を掲げており、難しい専門用語や面倒な設定の一切を省き、はじめて仮想通貨取引を行う人に焦点を当てて開発されました。友人と仮想通貨を使った割り勘払いにも対応しており、取引はもちろん、実生活で役立てたい人に向いているでしょう。

また、アプリをインストールするだけで会員登録なしで使用可能なのも大きな特徴です。アドレスを入力するだけで仮想通貨の送金・出金ができるため、個人情報を気にすることなく利用できます。

【対応通過は1種類】

  • ビットコインキャッシュ

tokenPocket(トークンポケット)

tokenPocketは、トークンポケット株式会社が提供するウォレットアプリです。

保管・取引だけではなく資産が一目で分かるようなデザイン性の高さと、対応している仮想通貨数の多さが特徴のアプリです。

「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」「ForkDelta(フォークデルタ)」などのDAppsゲームや分散型アプリケーションにも対応しています。

アプリをインストールし、ウォレット名とパスワードを設定すれば使用できます。

【対応通過は800種類以上】

  • イーサリアム
  • トロン
  • ヴィチェーン
  • イオス
  • オミセゴー
  • バイナンストークン等

Coinomi(コイノミ)

Coinomiは、iPhoneやandroidはもちろん、パソコンからでも操作しやすいようデザインされたウォレットアプリです。

Shapeshift(シェイプシフト)とChangelly(チェンジリー)という2ヶ所の交換所と提携しているため仮想通貨を両替しやすく、取引所を通すことなくスマホ1つで実行できるという強みがあります。一方、取引所には対応していないため仮想通貨を売買等でやり取りするのが少ない人向けのアプリです。

インストール後に表示されたパスコードを保管し、再入力することで使用できます。

【対応通過は150種類】

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • リップル
  • イーサリアム
  • ライトコイン等

MyEtherWallet (マイイーサウォレット)

MyEtherWalletは、イーサリアム系仮想通貨に強いウォレットアプリです。

日本語に対応しているイーサリアム系ウォレットが少ない中非常に貴重な存在として注目され、スマホからでもパソコンからでもアクセスできることや、秘密キーをサーバー保管していない安全性が高く評価されています。

一方、イーサリアム系以外の仮想通貨には対応していませんので、自分がよく使う仮想通貨と照らし合わせながら使用していきましょう。

アプリをインストール後、パスワードを設定してキーストーンファイルをダウンロードすれば完了です。

【対応通過は663種類】

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラッシック
  • その他イーサリアムトークンに対応している全ての仮想通貨

ウォレットアプリでは不安な方へ

ウォレットアプリだけでは安全性に不安がある人は、ハードウェアウォレットの使用を検討してみましょう。完全オフライン上で仮想通貨を管理・保管するという特性上、取引所やパソコンへのハッキングを警戒する必要がありません。

例えば、Ledger Nano SはフランスのLedger社製のハードウェアウォレットとして有名です。

PINコードと24のリカバリーフレーズを使っているためセキュリティ機能が高く、複数アカウントを取得して管理すれば利便性も高く保てます。更にWebウォレットと連携しておけば、出先での資産閲覧や取引にも便利な活用ができます。

ウォレットアプリを入れたから安心!と油断することなく、複数の手段を使って安全性を高めるのもいいかもしれませんね。

関連記事

仮想通貨で必要不可欠とされるウォレットですが、さまざまな種類があることをご存じでしょうか。 本記事では、仮想通貨のハードウェアウォレットである「Ledger Nano S (レジャー・ナノS)」に焦点を当て、概要などを解説していきます[…]

たいきちのアイキャッチ画像

仮想通貨のウォレットアプリまとめ

仮想通貨を管理する上で、どんなウォレットを選ぶかは非常に重要です。取引の面倒さや煩雑さを和らげると共に、安全に管理していくことでリスクヘッジにも繋がります。

それぞれのメリット・デメリットを理解しながら、自分に合ったものを見つけていきましょう!

人気商品