たいきち流節約術!スマホ代・クレジットカード・電気代はこれがベスト!

 

だれも気がついていない(=損している!)

たいきちは固定支出を減らす方法を知っている。しかし多くの人々はそれを知らない。ほんの少し工夫するだけなのに、興味がない。あるいは面倒だからと後回しにしているのである。非常にもったいない。残念である。これを機にそんな人生に終止符を打とう。この記事ではたいきちが実際にやっている、毎月の支出を6000円以上節約し、さらにポイントやビットコインを合わせて毎月3000円分くらい手に入れる方法を紹介する。

スマホ代は一ヶ月3000円台にできる!

docomo、au、SoftBankは高すぎる。毎月1万円を超えている方も多いのではないだろうか?そんな君達は今すぐLINEモバイルに切り替えるべきである。同じクオリティを保ちつつ3000円台にすることができる。もちろん電話番号の引き継ぎが可能で、留守電機能もつく。機種はそのまま。ネットは今まで通りスムーズに繋がる。手続きはすべてネットだけで完結する。そして送られてきたSIMカードを今までのスマホで差し替えるのみである。注意点は@docomo.ne.jpなどのキャリアメールが使えなくなることと、通話料金が定額でないことである。しかしそんなものはGmailに置き換えればよいし、通話はLINE通話でネット回線を使えば無料である。たいきちはLINEモバイルを使ってから1年以上経つが、全く不便を感じない。毎月1万円も払っていた頃には戻る必要はない。

クレジットカードはポイント還元率3%のものを使え!

多くのクレジットカードはポイント還元率が1%である。君のカードもおそらくそうであろう。また、中には還元率0.5%という残念なものもある。そんなカードは今すぐ投げ捨ててしまうべきである。一方、Visa LINE Payクレジットカードならばポイント還元率3%である。つまり3倍、これ一択である。しかも上述したLINEモバイルの支払いと連携すると20%offとなるので強くお勧めする。

Visa LINE Payクレジットカード公式URL  https://linepay.line.me/campaign/limited-card/

家賃、光熱費、スマホ代、その他固定支出は、口座引き落としではなくクレジット払いにした方がポイントがつく分お得である。さらに店での買い物もカード払い(もしくはID、Apple Payなど)にした方がいいに決まっている。これは重要な節約術である。その店で扱っているポイントカード(dカードやTカードなど)を同時提出することを忘れずに。これで実質4%還元となる。

お得な電力自由化を忘れていないか?

電力自由化により、家の電気は好きな会社と契約し直すことができるようになったのをご存知だろうか。そのまま放置している方がほとんどであろう。切り替えたほうが絶対にお得である。たいきちは「コインチェックでんき」を契約している。電気代をクレジット払いにできる上に、電気代の7%がビットコインで還元される。ビットコインは長期的には価格上昇するというPlanBの論文も出でいるくらいだし、月々7%ずつ貯めていき価格上昇した際にまとめて日本円に替えるようにするのがおすすめである。なおコインチェックでんきを契約するには暗号資産取引所Coincheckで口座をつくっておく必要である。無料であり、ビットコインを受け取るためにも必要なので是非やっておくべきである。

まとめ

  • スマホ代は「LINEモバイル」で月々3000円台にできる。家族全員でやるべし。
  • 支払いは全てポイント還元率3%の「Visa LINE Payクレジットカード」に一本化せよ。
  • 電気は「コインチェックでんき」と契約し、電気代の7%をビットコインで受け取れ。

以上3点をやってみるだけで、1万円以上節約できるであろう。これらの工夫をすることなくお金がないと嘆くのはただの甘えである。これがたいきち流節約術である。

この記事が役に立ったら

たいきちを応援してくれ。カロリーメイトゼリーは介護食の代わりになるほど栄養豊富である。食事が取れないときはこれがおすすめである。たいきちは1日3食カロリーメイトゼリーの時期があったが問題なく生き延びることができた。是非買ってみてほしい。おすすめはライム&グレープフルーツ味の方である。アップル味はマズい。

カロリーメイト ゼリー アップル味(215g*6袋入)【spts9】【spts3】【slide_e8】【カロリーメイト】

価格:999円
(2020/7/22 00:32時点)

カロリーメイト ゼリー ライム&グレープフルーツ味(215g*6袋入)【spts3】【slide_d6】【カロリーメイト】

価格:1,246円
(2020/7/22 00:33時点)

 

↓クリックしてこの記事をツイートしてください。お願いします。

↓たいきちをフォローせよ!