ビットコインのマイニング(採掘)とは?利益が出る仕組みやマイニングツールを紹介

こんにちは。たいきちです。

仮想通貨で収益を上げる方法について調べているなかで、「マイニング」という単語を知る人も多いのではないでしょうか。

専門知識がないと難しいようでいて、初心者でも取り組みやすい方法も多く開発されており、いざ始めるかどうか迷うこともあるでしょう。

そこで今回は、マイニングとは何か、利益が出る方法や使用するツールにはどんなものがあるのか、幅広く解説していきます。

ビットコインマイニング(採掘)するとは

マイニングとは、ビットコインの取引データを確認・承認することで収益を上げる方法です。

そもそも、仮想通貨取引で稼ぐ方法は5つあることをご存知でしょうか。

まず1つ目は、「現物投資」です。

自分が持っている資金の範囲内で仮想通貨を売買し、差額がプラスになるようにして稼ぐ方法です。最もメジャーな稼ぎ方であり、実際にチャレンジしている人もいるのではないでしょうか。

2つ目は、「FX」です。

レバレッジ取引とも呼ばれており、証拠金を担保にすることで、それ以上に大きな額を使って取引する方法です。ハイリスク・ハイリターンな方法ではありますが、手元資金が少なくてもチャレンジできるというメリットもあります。

3つ目は、「積み立て」です。

毎月決まった金額の仮想通貨を購入し、自分の好きなタイミング売却する方法です。リスク分散させながら投資していくスタイルのため初心者でも始めやすいのが特徴ですが、短期にまとまった収益が上がりにくいという側面もあります。

4つ目は、「レンディング」です。

仮想通貨を貸し出し、金利収入で稼ぐ方法です。貸し出すだけで利益が得られる便利な方法である一方、貸し出している間は売却することができないため、値動きには注意が必要です。

そして5つ目が、今回解説する「マイニング」です。

取引の膨大なデータを確認し、承認することで新規にビットコインを得る方法です。

実際にマイニング(採掘)するには

マイニングには、3つの方法があります。

まずは、自分1人で行う「ソロマイニング」です。自由度高く好きなようにマイニングできるというメリットがありますが、相当の勉強を積んで専用機材を用意しないと安定して稼ぐのが難しいという側面もあります。

次に、複数の人で行う「プールマイニング」です。パソコンの計算力を提供し、その動きに応じた分だけの報酬をもらう方法なので、手軽に参加できるのがメリットです。

最後に、マイニングを代理で行ってもらう「クラウドマイニング」があります。マイニングを行っている企業やプールに依頼をし、報酬をもらう方法です。手数料を支払う必要がありますが、最も手軽に始められると言えるでしょう。

スマホでもマイニング(採掘)は可能

マイニングは、スマホで行うことも可能です。

性能の高いパソコンや特殊な知識がないとできないと思われがちなマイニングですが、マイニング専用のアプリを使えば誰でも簡単に始められます。

基本的には数回のタップ作業だけで終わるため手軽ではありますが、パソコンを使ったマイニングと比較すると計算力が大幅に落ちるため、得られる利益が少額になることを覚悟しておきましょう。

マイニング(採掘)は儲かるのか

マイニングで利益を出すことは可能ですが、「必ず儲かる」「誰でも簡単に稼げる」というわけではありません。

そもそもマイニングで利益が出る理由は、仮想通貨取引がブロックチェーン技術を使って行われているということにあります。各ブロックを作るためには膨大な計算が必要であり、少人数が作業するだけではとても追いつきません。

そこで、マイニングをしてくれた人に対して報酬を払うことで、仮想通貨取引をスムーズに行えるよう制度を整えているのです。

しかし、個人でも団体でもマイニングすることは可能とはいえ、実際には個人でやるのはなかなかに至難の業です。

競合よりも早くブロックを形成しなければ報酬が得られないという性質上、パソコンの計算力勝負になります。性能の高いパソコンを使う、24時間365日フル稼働させる、排熱や空調に気を配る、機材を追加で購入するなど、金銭的にも手間的にも大きなコストがかかります。

クラウドマイニングであれば実際の計算を全て丸投げできるため楽ではありますが、手数料に見合った分だけの稼ぎが得られるという保証もありません。

マイニングをする場合は、稼ぐための初期投資も視野に入れておく必要があるでしょう。

マイニング(採掘)で永遠に利益は稼げるのか

マイニングは、永遠に利益が稼げるわけではありません。発行総量もマイニングによって発行される新規ビットコイン数もあらかじめ決められているため、その枠を超えて何十年も続けることはできないのです。

ビットコインの場合、発行総量は2140年までに2,100万ビットコインとされています。既に90%が流通していると言われているため、マイニングだけで今後一生食べていけるだけの稼ぎを得るのは難しいと分かります。

仮想通貨をマイニング(採掘)するためのツール

マイニングするに当たり、ハードウェアとソフトウェアを用意する必要があります。

ハードウェアは、CPU・GPU・EPGA・ASIC等から選びましょう。CPUよりはGPUの方が計算力が高く、それぞれマイニング速度が異なるため、比較・検討しながら選んでいく必要があります。

特にASICはビットコインマイニングに特化してつくられており、ブロックを形成するために必要な計算力を保有しています。本格的なマイニングに取り組むのであれば、ASICを活用するのがよいでしょう。

また、ソフトウェアもMINER GATE・NiceHash・Claymore’s Dual Miner・Awesome Miner等から選びます。テキストを使ってマイニングするCUIというタイプと、アイコンやメニューがあり直感的な操作がしやすいGUIというタイプがありますので、好みに合わせて使います。

コインによってマイニング効率が異なる

仮想通貨は、コインによってマイニング効果が異なります。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなど仮想通貨にはさまざまな種類がありますが、コイン自体の価値や人気が高ければ高い程、マイニングする人の数も増える傾向にあります。

競合する人の数が多くなるということでもありますので、その分採掘率も低くなってしまうのです。

高スペックな機材を使って知名度のあるコインをマイニングすればその分利益も上がりやすくなりますが、低スペックな機材で同じコインに手を出しても、なかなか収益は上がりません。しかし、スペックに自信がなくても無名なコインであれば、比較的収益を上げやすくなります。

無名であればその分取引量も少なくなりますので、安易に「無名を狙えばいい」とは言えませんが、コインの価値とマイニング難易度のバランスを見て判断しましょう。

ASICのないコインは採掘難度が低くなる

仮想通貨取引の暗号化に使われている代表的な形式として、ビットコイン等に使われている「SHA256」と、ライトコイン等に使われている「Scrypt」が挙げられます。

ScryptはSHA256よりも複雑であり、ASICがなくともGPUでマイニングすることが可能なので、その分マイニングの難易度が低くなる傾向にあります。

また、ASICが開発されにくいモネロやバイトコインなど、「CryptoNight」という暗号化形式が採用されている仮想通貨もありますから、そのようなものを狙うのも1つの手です。

MINER GATEを使って効率のいいコインを探す

MINER GATEとは、マイニング用のソフトです。10種類以上の仮想通貨を扱っているのが特徴で、これ1つでさまざまな銘柄にチャレンジすることができます。

他にも、MINER GATEの大きなメリットとして「効率のいいコインを探せる」ことが挙げられます。

自分がマイニングすることでどれくらいの収益が確保できそうかあらかじめ予測できる機能がついていますので、コイン選びに迷う場合は積極的に活用しましょう。

マイニング(採掘)するのはおすすめできない

専門知識のない初心者や、スマホしか手元にない人でも、使うアプリやソフトを上手く選べば簡単にマイニングすることは可能です。

しかし、実際にはマイニングで利益を上げ続けることは難しく、おすすめできないことも事実です。なぜなら、マイニングで利益を生み出すためには競合に勝てる計算力が必須であり、それなりの投資が必要になるシーンも多いからです。

パソコンもただスペックがいいものを用意すればいいだけではなく、速度のあるインターネット環境はもちろん、専用マシンやソフトを揃える必要があります。

また、その動きをサポートするために冷却装置を用意したりエアコンを稼働し続けたりするため、電気代もバカになりません。

マイニングでどれだけ稼げるかだけに目を配らず、それまでに必要な投資額やランニングコストについても計算しておく必要があるでしょう。

普通に取引するのが1番儲かる

マイニングで十分な利益を上げる人もいるものの、あくまでも高いハッシュレートを維持できる人だけに限られます。個人が投資できるスペックでは限界があり、コストを差し引くと赤字になってしまうことも多々ありますので、注意しておきましょう。

結局のところ、現物投資、FX、積み立て、レンディングなど、マイニング以外の方法で取引する方が儲かりやすいと言えます。

自分が投資できる金額や仮想通貨への知識をもって判断しながら、なるべく損が出ないよう取引しましょう。

この2つがおすすめです。

こちらの記事を読んでみてください。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   これから資産を増やしていきたい、でもできればリスクなく進めたいと思う人は非常に多いのではないでしょうか。   かと言って、定期預金などは利息が安すぎるため期待できま[…]

たいきちのアイキャッチ画像
関連記事

「仮想通貨レンディングサービス」という言葉を耳にし、一体どのようなモノか概要や安全性が気になっていませんか? 本記事では以下の内容について紹介していきます。 仮想通貨レンディングサービスと仮想通貨取引の違い Block[…]

たいきちのアイキャッチ画像