初心者でも分かるbitFlyerの口座開設方法!【詳しい画像あり】

こんにちは。たいきちです。

 

これから仮想通貨をはじめる場合、有名な取引所の利用を検討されるはずです。

 

それは、bitFlyerではないでしょうか。

 

国内の仮想通貨取引所のなかでも、bitFlyerはかなりの知名度があるため登録する人は非常に多いというわけです。

 

  • 初心者が迷わずにできるbitFlyerの口座開設方法
  • ビットコインの購入方法について

 

そこで今回はbitFlyerの口座を開設し、手順を初心者でも分かるよう画像付きで案内しますので、参考にしてみてください。

 

人気商品

bitFlyerで口座開設をする方法【初心者向け】

 

bitFlyerは仮想通貨の初心者が良く利用するため、登録方法は非常に簡単です。

 

みなさんも、bitFlyerにアクセスをして一緒に進めていきましょう。

 

まずはbitFlyerで新規登録をしよう!

ビットフライヤーの画像

bitFlyerで取引をするのであれば、まずは新規登録をしなければはじまりません。

 

まずは、個人のお客様か法人のお客様のどちらかを選んでください。(今回は個人)

 

ビットフライヤーの確認メール送信済画面の画像

しばらくすると、指定のメールアドレスにbitFlyerからメールが届きますのでチェックしてください。

 

そのメールのなかに、URLとキーワードがありますので、表示に従って進むようにしましょう。

 

ビットプライヤーのパスワード設定画面の画像

次に、パスワードの設定です。

 

bitFlyerには少なからず資産を預けるわけですから、誰もが想定できるようなパスワードは辞めておくべきと言えます。

 

できれば、誰も想定できないようなランダムのパスワードを設定するのがおすすめです。

 

ただし、自分自身もパスワードを忘れる可能性が高いので、どこかに記録しておくとベストです。

 

ビットフライヤーの同意事項の画面の画像

次に同意事項に了承したのであれば、ボックスにチェックをしていきましょう。

 

二段階認証設定が重要

 

ビットフライヤーの二段階認証設定画面の画像

登録を進めていると、あまり聞きなれない言葉がでてくるはずです。

 

それは二段階認証です。

 

bitFlyerに限らず、どのサービスでもインターネットを経由している以上、不正アクセスが懸念されます。

 

当然、不正アクセスがあった場合、個人で保管している資産が丸ごと盗まれることにもなりかねません。

 

ですから、二段階認証を行うことで、限りなく不正アクセスをなくせます。

 

たとえば、bitFlyerにログインする際には、スマートフォンの専用アプリに表示される、もしくは指定したメールアドレスに届く確認コードを入力しないといけないように設定できます。

 

つまり、仮に外部から不正アクセスがあったとしても、設定したスマートフォンやメールアドレスを持っていない限り、ログインはできません。

 

少し面倒かもしれませんが、自分の資産を守りたいと思うのであれば、確実に設定をしておきましょう。

 

仮想通貨の取引をするなら本人確認が必要

 

基本的に、二段階認証が終了した時点でbitFlyerにログインできますが、実際に取引をするのであれば本人確認が必須です。

 

ビットフライヤーの個人情報入力画面の画像

名前やフリガナ、性別、生年月日を入力・選択してください。

 

ビットフライヤーの住所入力画面の画像

住所などは、間違いなく入力するようにしましょう。

 

ビット不ライヤーの電話番号入力画面の画像

最後に、電話番号を入力してください。

 

入力内容確認で、間違いなどなければそのままお進みください。

 

本人確認資料の提出

 

次に、本人確認資料の提出を行います。

 

bitFlyerでは、クイック本人確認と、対面での本人確認の2種類があります。

 

クイック本人確認

 

クイック本人確認とは、お持ちのスマートフォンで本人確認書類と顔写真、動画を撮影するだけで本人確認ができる、非常に便利なサービスです。

 

つまり、自宅で本人確認ができますし、最短で当日に本人確認が終了するため、非常にスピーディな取引ができます。

 

対面での本人確認

 

対面での本人確認とは、申請後に指定した住所宛にレターが届きます。

 

佐川急便の配達員に本人確認書類を提示することで、正式にレターを受け取れます。

 

レターを受け取ってから、およそ2営業日程度で仮想通貨の取引が可能です。

 

ただし、レターの受け取りは本人のみなので、家族にお願いすることはできませんので注意しましょう。

 

ですから、手間のことを考えればクイック本人確認を利用することをおすすめします。

 

本人確認書類で必要なもの

 

本人確認をするにあたり、運転免許証かマイナンバーカード、パスポートのいずれかを準備しておきましょう。

 

基本的に、クイックも対面も必要書類は同じです。

 

もし、本人確認書類に住所がない場合は、

 

  • 国税・地方税の納税証明書
  • 社会保険・国民年金保険領収書
  • 公共料金の領収書

 

のいずれかを準備しておくといいでしょう。

 

本人確認確認書類で注意するべきこと

 

クイック本人確認の場合は、スマートフォンの写真機能を使うため、適当に進めてしまうといつまでたっても次に進めません。

 

とくに、免許証などを撮るときは全体がしっかり写るようにすることと、ズレやボケ、他のものが写らないことを意識しましょう。

 

また、必要書類は有効期限内のものを利用すればかなりスムーズに取引ができます。

 

銀行口座の設定

 

bitFlyerで取引するためには、お金の入出金をするための銀行口座の設定をする必要があります。

 

ビットフライヤーの銀行口座登録画面の画像

ご自身が使われている銀行口座を登録してください。

 

銀行の登録が完了しましたら、入出金内にある日本円を選択します。

 

基本的に、銀行振り込み(インターネットバンキング)、コンビニからの入金が可能です。

 

銀行振り込みの場合は、各銀行によって振込手数料が330円以上するため、損をしないように入金するべきです。

 

住信SBIネット銀行の場合は手数料が無料のため、積極的に利用するようにしましょう。

 

また、ネットバンキングであれば原則、即時反映のため、すぐに取引をはじめられます。

 

銀行振込やネットバンキングがどうしても難しい場合は、手数料がかかりますがコンビニで入金しましょう。

 

実際に仮想通貨で人気のビットコインを購入するまで

 

bitFlyerには、たくさんの仮想通貨の取引ができます。

ビットフライヤーの販売所画面の画像

  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサ
  • テゾス
  • ステラルーメン
  • ネム
  • バット
  • イーサクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインCash
  • モナコイン
  • リスク
  • ポルカドット

 

たくさんある仮想通貨のなかでも、もっとも人気で安定性のあるのがビットコインです。

 

今回は、ビットコインを購入するまでの方法についてお話しいたします。

 

ビットフライヤーのビットコイン購入画面の画像

まずは、ビットコインの項目をクリックします。

 

その次に、「買う」を選択しましょう。

 

ビットフライヤーのビットコインの購入画面の画像②

必要な分の日本円を入力すれば、どれくらいのビットコインを購入できるのかが表示されます。

 

表示された数字や金額に問題なければ、買い注文を確定するをクリックしましょう。

 

この操作だけでビットコインを購入できますので、簡単すぎて拍子抜けしてしまうかもしれません。

 

bitFlyerには販売所と取引所があるので間違えないように!

 

ビットフライヤーの販売所画面の画像②

ビットコインだけではありますが、 bitFlyerには販売所と取引所の2つの売買先があります。

 

初心者からすれば、どちらで取引するべきなのかを迷ってしまうはずです。

 

まず、仮想通貨の初心者でしたら販売所を利用しましょう。

 

販売所では、bitFlyerが決めたレートで購入できますが、取引所はお客様同士が取引を行う、上級者向けの場所と言えます。

 

販売所でしたら、表示されている値段を見て必要な分を注文するだけです。

 

対して取引所は、注文そのものが成立しなかったり、高値掴みをしてしまう可能性があるため、初心者は手を出すべきではありません。

 

また、bitFlyerでは販売所のほうが取引できる仮想通貨がたくさんありますので、楽しめます。

 

まとめ:bitFlyerは初心者でも簡単に口座開設ができる!

 

これから仮想通貨をはじめたい。

 

そう思ったときは、初心者でも簡単に口座開設ができる、bitFlyerがおすすめです。

 

  • bitFlyerは人気の仮想通貨取引所だから安心
  • どんな人でも、簡単に口座開設ができる

 

もし、bitFlyerに少しでも興味をもたれましたら、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。

人気商品