少額から可能な投資おすすめ5選

低金利時代が長く続いている昨今、「将来の資金づくりがしたい」「もう少し資産を増やしたい」と考えている方は多いのではないでしょうか。

その場合収入を増やすほかに、資産運用という方法があります。でも「まとまったお金が無いから」、「失敗したら嫌だから」と諦める方も少なくありません。

そんな方にはぜひ数百円からでもできる「少額投資」がおすすめ。

本記事では、少額から投資できる金融商品を紹介していきます。初心者はもちろん、色々な投資を経験してみたい方にも向いています。

少額投資とは

少額投資とは、文字通り「少ない金額」から始められる投資のことです。

手元にまとまったお金が無い方も、投資経験の無い初心者にも始めやすい投資手法の一つ。

コツコツ運用することで、気付いたときには嬉しい金額に!ということも期待できます。

少額っていくらから?

そもそも「少額」ってどのくらい?と疑問に思われるでしょう。

少額の定義はありませんが、おおよそ10万円以下のことを指します。中には数百円から投資できるものや、スマホで気軽に始められるものまで幅広いです。

そして、最近増えてきているのが、ネットショッピングで買い物をした際に付与される、ポイントでも金融商品を購入できること!

現金で買うよりもハードルが低く、始めやすい点が魅力です。

一口や一株など小分けで購入する方法

少額投資でおすすめの投資方法ひとつ目は、「一口」や「一株」単位で購入できるもの。例えば投資信託や株式が該当します。

投資信託には、取引を行う際の単位があり「口」という単位で表します。

一口○○円で購入した投資信託は、一口の値段が日々の運用成果により変動します。

また、株は本来100株単位での購入になりますが実は1株から買える方法もあるんです!こちらは後ほど紹介していきますね。

元々金額が少ない銘柄を購入する方法

株式を購入したい方におすすめしたい、安い価格の株式をチョイスすることです。

調べてみると色々な銘柄があるので、今後成長しそうな分野なのか、株主優待がもらえる株なのか、興味のあるものを選ぶと良いでしょう。

銘柄 最低購入価格 株主優待
ペッパーフードサービス 2万9,000円 株主優待券または自社製品
DDホールディングス 5万9,000円 株主優待券またはお米
タカラレーベン 3万1,000円 全国共通おこめ券

※ 2020年12月現在

低価格で株主優待の付く銘柄を上げてみました。参考にしてみてください。

毎月一定額を積み立てる方法

毎月決まった金額で、指定した金融商品を買い付ける「積み立て」という方法も少額からスタートできます。

金額は1,000円から指定ができ、好きな金額で始められる点が魅力です。

積み立て投資には「投資信託を積み立てるもの」と株式を積み立てる「株式累積投資」という2つが存在します。

積み立てのメリットは購入金額が決まっているので、株価が安いときは多く買い、高いときは購入量を少なくできるのが特徴。

そのため大きな損失につながりにくく、比較的安定した収益が見込めるのがメリットです。

気軽に始められる!少額投資の特徴

ここではまとまったお金が無くても始められる、少額投資の特徴をそれぞれ紹介していきます。

若年層にもおすすめの少額投資は、ハードルが低く始めやすい点が魅力です。

また、少額投資の場合は一度投資先を決めれば、頻繁に変える必要もないので忙しい方にも向いています。

リスクを最小限に抑えられる

投資は預金のような元本保証ではありません。確実に儲かるものでもなく、損失が出る可能性ももちろんあります。

そして、大きなリターンを見込んで最初から大きな額で投資を行うと、失敗したときの損失も大きくなります。

リスクとリターンは、比例することを理解しておきましょう。一方少額投資の場合は、金額が元々小さいので、万が一損失が出ても最小限に抑えることができます。

分散投資がしやすい

投資対象をひとつだけでなく、分散することも投資する上でリスクを抑える方法です。

たとえば10万円の投資資金がある場合、1つの金融商品に10万円投資するのではなく、3つの商品に3万円ずつ投資するということです。

仮に1つの商品に集中投資をして価格が下がってしまった場合、大きな損失に繋がります。

しかし、複数の金融商品に分散投資をしている場合は、一部の商品が下がっていても他の金融商品が上がっていることも。

損失分をフォローしてくれるので安心ですよね。そして、分散投資をする注意点として同じ分類の投資先に投資してはいけません。

株式・債券などそれぞれ異なる分野の商品に投資することで、カバーすることができます。

無駄遣いをしなくなる

「ストレス発散のために飲みに行くことが増えている」「コンビニでつい1,000円以上使ってしまった」など、無駄遣いだと分かっているのについお金を使ってしまい、後悔した経験がある方は少なくないでしょう。

日々の生活には「無駄なお金の使い方」が頻繁に発生します。それを防ぐためにも、少額投資をすることは、良い制御材料になります。

毎月の給料や使えるお金の中からあらかじめ投資に回すことで、自由に使えるお金はその分少なくなりますよね。

また、投資に慣れてくると「これに○○万円使うなら投資しようかな」という思考になりやすいです。

目先の欲望ではなく、将来を見据えた考え方ができるようになります。

少額投資の種類

ここからは、少額投資ができる投資の種類を紹介します。

ポイント投資

スマホが普及したことにより、気軽に投資ができるようになりました。そして、ここで紹介するのは若者や主婦に特に人気のポイント投資です。

ポイント投資とは、Tポイントやdポイントなど、お買い物をすると貯まるポイントで投資ができるもの。

ポイント投資では、各会社が設定したテーマに応じた投資信託や国内株式を購入することができます。

普段のお買い物や生活で貯まったポイントで運用できるので、現金を用意して購入するよりも気軽に始めることができます。

ちょっとしたゲーム感覚で始められる点も魅力。

ポイントの種類 提供会社 投資先 運用方法
dポイント SMBC日興証券 国内株式・ETF・REIT ポイント投資型
Tポイント SBIネオモバイル証券 国内株式・ETF・REIT ポイント投資型
楽天ポイント 楽天証券 国内株式・投資信託 ポイント投資型
LINEポイント LINE証券 国内株式・投資信託・ETF ポイント投資型

※ ポイント投資型とは、保有するポイントを一度現金化し証券会社を通して株式や投資信託を購入する仕組み。

こんな人におすすめ!

ポイント投資は、「わざわざお金を用意して投資をするのはなぁ…」という方や「手元にお金は無いけど投資をしてみたい」という方におすすめです。

日々の生活で貯まったポイントを使うので、手持ちの資金が減るというリスクがありません。

昨今、ポイントが貯まりやすい環境になっており、ネットショップだけでなくコンビニや自販機など、ありとあらゆるところでポイントが獲得できます。

普段の買い物でポイントを意識している方は、ぜひその一部を投資に回してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、Tポイントの場合は日本円だけでなく、ビットコインを積み立てる方法もあります。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   皆さんの中にTポイントカードを持っている人は多いですよね。   しかし、Tポイントの使い道がわからずに無駄に貯め続けているだけの人も非常に多いはずです。 &n[…]

たいきちのアイキャッチ画像

株式ミニ投資

株式ミニ投資とは、通常取引されている単元株数の、10分の1の単位で取引できる方法です。

通常の株式は「100株単位」での売買が基本です。

例えば1株1,000円の株であれば1,000円×100株=100,000円必要になります。

一方株式ミニ投資で購入すると1,000円×10株=10,000円で購入することが可能!

購入資金の負担が減るだけでなく、リスクも減らすことができる点がメリットです。

しかし単元株数に満たない場合、議決権や株主優待の権利は得られないので注意しましょう。

また、上場している国内株式すべてから選べるわけでなく、制限がある点も注意ポイントです。

参考:株式ミニ投資とは… 日興証券サイトの解説大和証券サイトの解説

こんな人におすすめ!

株式ミニ投資は、投資を始めるなら株を買ってみたい!という方におすすめです。

株式ミニ投資は、資金力に乏しい個人投資家向けに1995年に導入されたもので、株が購入しやすくなったという声が多く挙がっています。

また、コツコツ株を買って単元株にすれば、株主優待や配当を得ることができます。企業独自の商品や、優待券を株を保有しているだけでもらえるのは魅力ですよね。

つみたてNISA

つみたてNISAは、投資手法の中で大切な時間を味方につけて運用できるものです。購入方法は、毎月一定額を特定の商品を購入するというしくみ。

例えば毎月1万円×12ヶ月=12万円

毎月1万円は固定ですが、購入する投資先の購入価格は日々変動するので値上がりをしていれば少ない数を、値下がりをしていれば多い数を購入することができます。

非課税で保有できる投資総額は、最大800万円なので結構大きな額ですよね。

参考:つみたてNISAとは(金融庁サイト)

こんな人におすすめ!

毎月1,000円台〜30,000円ほどの額で投資をと考えている方や、長期的に資金を運用していきたい方は、つみたてNISAが特におすすめ。

少額で期間を長くすることでリスクを抑えられるうえに、税制優遇も得られるのは利用者側からするとメリットが多いのではないでしょうか。

つみたてNISAはこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

この記事では積立nisaの始め方を紹介していきます。 積立nisaに興味があり、どのようなものか知りたい 投資の知識はないが、資産運用を始めていきたい といった方は、ぜひ参考にしてみてください。 そもそも積立nisa[…]

たいきちのアイキャッチ画像

投資信託

投資信託は、投資家から集めたお金を大きな資金とし、運用のプロが株式や債券などに投資・運用する商品です。

多くの投資信託は、1口1万円~2万円の価格で設定されています。1口からでも10万円などの金額指定でも購入できる点が魅力です。

参考:投資信託とは

こんな人におすすめ!

投資信託はテーマに応じてパッケージになったものです。

例えば「成長株」「エネルギー株」「世界債券」など、個人で選んで買うのは難しい資産や国に投資をすることができます。

また、プロが運用してくれるので、自分で株価を見る時間は無いという忙しい方におすすめ!

投資はしたいけど、自分で考えるのは面倒だし分からないという方に良いでしょう。

おすすめはLINE証券です。アプリと連動するので便利ですよね。

FX

FXとは、米ドルや豪ドルなどの為替レートが上がるか下がるかを予想し、利益を狙う取引です。

少額の資金で取引が始められることに加え、投資金額の最大25倍までの金額で取引ができる「レバレッジ」をかけることもできます。

元手が少なくても大きな利益が得られる可能性があるので、若い方を中心に非常に人気があります。

ただし、高いリターンが期待できる一方、投資額以上の損失が発生する恐れがある点を注意する必要があります。

こんな人におすすめ!

FXはリスクを取って、大きなリターンを得たい方におすすめ。少額でもレバレッジを取れるので、大きく利益が出やすいです。

10万円は余剰資金で、万が一無くなっても大丈夫という方ならチャレンジしても良いでしょう。

FXは価格変動をスマホでいつでもチェックできるLINE証券 FXがおすすめです。

いまなら口座開設と1取引で最大5000円も付与してくれます。

まとめ

資産運用や投資というと、大きな資金を用意しなければいけないというイメージが強かったと思います。

しかし、今では数百円からでも投資ができるため始めるハードルも低くなったのではないでしょうか。

「将来必要なお金を若いうちから準備しておきたい」「投資について勉強してみたい」などきっかけは何でも良いです!

ぜひ今回ご紹介した、少額投資を始めてみてはいかがでしょうか。

銀行預金に置いておいてもなかなか増えないお金や、お買い物で付いたポイントなどすぐには使わないお金を運用してみると、利益が出る可能性がありますよ!

楽しみながら投資を勉強しましょう。

番外編 ビットコインガチホ

ビットコインは4年スパンで見てみると価格が10倍以上に上がっています。

10万円投資して4年間放置するのもいいでしょう。たいきちも実践していますよ。

関連記事

「もうビットコインバブルは終わり、ブームは過ぎた」 「ビットコインはギャンブルと同じ」 2017年にビットコインバブルと騒がれたのも束の間、今ではこのように考える方も増えてきているでしょう。 しかし、結論から言えばそれは大きな[…]

たいきちのアイキャッチ画像