薬剤師たいきちがおすすめする上腕式血圧計5選、比較、選び方

こんにちは。たいきちです。

血圧値は、健康のバロメーター。医療施設で計測することがほとんどですが、血圧計があるのであれば、家の中でもお手間を取らせずチェックできて実用的ですよね。しかしながら、オムロンやタニタなどといったメーカーから、上腕式・手首式などバラエティーに富んだ種類が出ており、どういったものをチョイスしたらよいか迷っている方もいっぱいいるのではないでしょうか。

そこで今回については、血圧計のセレクト方法の解説と合わせて、おすすめできる商品を人気ランキング形式でご案内させていただきます。スマホやパソコンとリンクできるものや、持運びに実用的な小型タイプも登場しています。使い勝手が良い血圧計を準備して、日々の健康管理に活用しましょう

目次

血圧計のセレクトの仕方

健康のため、血圧を管理するのに必要となる血圧計。どんな風なポイントで選べばベターなのでしょうか?測定方法の相違だけでなく、正確性や便利機能なども抑えながら、あなた自身に合った1台を見い出してください。

各々の違いを知って測定方法で選び出す

血圧の測定方式には、メインとして、オシロメトリック法とコロトコフ法の2種類があります。それぞれの特徴をおさえて、あなた自身に合った測定法式のものをセレクトしてください。

家庭用でよく知られている「オシロメトリック法」は信頼性がある

わかりやすくて正確なものをお探しなら、オシロメトリック法を採用した血圧計をセレクトしてください。音ではなしに脈波の変化を検知するタイプ。構造が簡潔なので故障のリスクも減少し、雑音の影響をもたらされないのでズレも現れにくくなっています。最近、ほとんどの家庭用血圧計がこちらのタイプです

医療機関と同一の方法で測定できる「コロトコフ法」

病院と同じ方式で測定したい方においては、コロトコフ法をおすすめしたいと思います。これについては上腕部を圧迫・減圧し、そのようなときの血圧を水銀計と血管音の両方で測量する方法。医師が聴診器を使いながら計測するのもこのやり方にあたります。

家庭用では、腕に巻く「カフ」に内蔵されたマイクで血管音を掴むため、聴診器不要で活用することができます。また、あなたひとりではカフが巻きにくいという方向けに、腕を入れるだけで計測できるデザインも発売されています。

ただ、周辺の雑音などに影響を受けて差異が出やすいため、使用している時は静かな環境で測定することをおすすめしたいと思います。

測定部位・方式によるメリットデメリットを理解する

家庭で活用される血圧計には、大まかに分けて手首式・上腕式カフ型・上腕式アームイン型の3種類が見受けられます。それぞれのメリット・デメリットをご案内させていただきますので、自分の活用方法に合うものをセレクトしてみてください。

携帯しやすく値段もお手頃な「手首式」

旅行先などに持ち運んで使用する方や、大まかな数値が測定できれば充分という方には、手首式がオススメです。上腕で実測するタイプと比較してちっちゃくて価格も手ごろ。収納場所にも苦慮することはないのがいい所です。

しかし、手首式においては測定値のギャップがでやすいというデメリットがあり、腕の高さが10cm違うと10mmHg近く変動してしまうことだってあります。このタイプを使うときは、より正しい姿勢と装着位置の均一化に気を付けるようにすると良いでしょう。

ほぼ間違えずに測定できる「上腕式カフ型」

上腕に「カフ」を巻き付けて測定するのが、上腕式カフ型。測定値の安定感と価格のバランスでセレクトしたい方にはこっちをおすすめします。手首よりも確かな数値を得られるため、医療機関でも上腕での血圧測定を行っております。

家庭用血圧計としては馴染みのあるタイプなので、種類もいっぱいあってセレクトしやすいでしょう。ただし、カフはちょうど良いさじ加減で巻くことが求められ同じ締め具合で巻けるようになるまで慣れを欠かすことが出来ません。とりわけシニア世代にとっては困難を伴います。そのような場合は、この次に提示する上腕式アームイン型を思案してみてください。

一番正確な測定ができる「上腕式アームイン型」

上腕式アームイン型というのは、確実性を重視する方におすすめしたいと思います。机やテーブルに置いて腕を入れるだけで、何もしなくても正しい姿勢を保てますので、測定値の誤差が出て来辛くなっています。日常の血圧チェックを習慣とするならこちらがちょうどいいでしょう。

カフを巻く力加減を気に掛ける必要がないため、シニア世代でも簡単に測定できます。マイナスポイントは、本体サイズが大き目で価格も高額なこと。土台のきっちりした据え置き型であることがたくさんあって帯同するのには向きません。それでいて日に繰り返し、正確な血圧値をチェックしたい方には最も適しています。

「平均値」対応なら、より早期発見に役立つ

脳卒中や心不全を抑制するなら、あなた自身が早朝高血圧でないかどうかチェックするのがちょうどいいと思います。これをカンタンに管理してくれるのが「平均値」を割り出してくれる血圧計

脳卒中や心筋梗塞といった脳・心血管系に関わる急性的な症状は午前中に起きる可能性が高く、朝の血圧が高い方はお気をつけ下さい。また夜間高血圧も病院では見つけ出されにくいのですが、腎不全や糖尿病などが潜んでいることがありますので、ご家庭でしっかりコントロールしたいものです。

所定の時間の測定結果を書き留めて、朝と夜の平均値を提示してくれるモデルなら、前兆があれば初期の段階で認識できるので、早い時期の治療の役に立ちます。

カフの大きさは自分にピッタリのものを

どのタイプの血圧計も、膨らんだカフが血管をきちんと押さえることによって血圧を測定します。ゆるみがあると確実に測ることが不可能ですので、カフはあなた自身のサイズに合ったものをセレクトしてください。

手首式では13~22cm、上腕式なら20~32cmほどをスタンダードにしてセレクトしてみてください。このくらいであればほとんどの人に対応できます。カフのみ「太腕用」「細腕用」に取り換えられるタイプもあります。いつものカフがフィットしていない方は、取り替え可能なものを思案すると間違いないでしょう。

ゆるみや姿勢をチェックしてくれると実用的

カフが緩んでいるときや、姿勢が悪いときは間違いない測定がおこなえません。しかし自分自身ではそう簡単には正しく調整できているかどうか分かりづらいものです。そんなときは、ディスプレイでアナウンスしてくれるものがちょうどいいと思います。

カフの緩みをわかりやすいアイコンで教えてくれるもの以外、正しい姿勢でないときにアナウンスしてくれる機能を持ったものならば、確実に実測することができます。

AC電源と電池、両方使えるものがおすすめ。今日この頃では充電式もある

血圧計の電源には、コンセントから給電するAC電源タイプと乾電池タイプが存在します。おウチでのみ活用するのならAC電源、旅先などに持ち運ぶなら乾電池タイプがちょうどいいと思います。どちらともで使うという方は、AC電源と乾電池の双方に対応したモデルを選択すると間違いないでしょう。

また、最近は充電式のものも販売されてきており、自宅でも旅行先でもカンタンに使用できると支持を集めています。

家族とシェアするなら「ユーザー管理」機能付きをセレクト

夫婦や家族で一緒に用いる方は、ユーザー管理ができるものをおすすめしたいと思います。測定結果をその人ごとに記録してくれる為、どなたの血圧値なのか分からなくなってしまうこともありません。「2ユーザー機能」などメーカーごとに機能名は異なっています。

スマホ・パソコン連動タイプなら、管理・分析もカンタン

毎日血圧測定をする方には、スマホやパソコンと連携できるものをオススメいたします。測定結果を繋げることで、モバイル端末などでデータの管理ができることになりますし、掛かりつけの医師など他者とのデータ共有もできます。

また血圧計本体に記録しておけるデータには限度がありますが、スマホやパソコンを利用すれば長期に及ぶ測定結果も記録しておくことが可能です。結果を活用してグラフ化することもできます。血圧手帳への記録も楽になるのではないでしょうか。

測定結果の転送方法に関しましては、BluetoothやNFC、USBなど商品によってバラバラですので、あなた自身に使い勝手が良いものをセレクトしてください。

薬剤師たいきちがおすすめする上腕式血圧計5選

1位 オムロンヘルスケア 上腕式血圧計(医療機器)HEM-7111


測定法式 オシロメトリック法
測定部位 上腕
平均値表示機能
カフの大きさ 22~32cm対応
緩みチェック
姿勢チェック
電源の種類 電池・ACアダプタ(※別売り)
ユーザー管理機能
スマホ・PC連動

口コミ

「以前は手首のタイプを使っていましたが、
高めに出るので腕巻きタイプを購入しました。
正確な数値が出ていると思います。」

「近頃、入院して手術をうけてから
血圧の管理を毎日行わなければならないので

何かいい血圧計がないか調べてこちらに目がいきまして購入しました。

おもう以上にかなり正確に測れて、

毎日計測するのが楽しみになるくらいになってます」

「とっても助かっています。
健康診断では血圧がいつも高く気になっていました。
でも自宅でこの測定装置で測ったところ正常範囲であることがわかり一安心。
この商品は約10秒で測定できます。
とても簡単に測定できコンパクト。
1日に何度も測定するようにしています。」

引用:amazon

「今回買い替えです、買い替え周期は5年または3万回測定だそうで、精度的に信頼性がちているかとおもいまして。測定操作はは問題ありません、測定中の音が少し大きめでしたがすぐになれました。
前の血圧計は同じオムロンですが、メモリー機能に日時も記録されていましたが、今回のは血圧脈拍のみのシンプルメモリーです。本体も大分小型軽量になっています。」

引用:楽天

「血圧計一式をしまうポーチがあるのは良かった。 カフが丸い円筒状を想像していたので「うわー巻きつけるのが面倒臭そう」と思いましたが1枚のベローンとしたものではなくて、中に折り返しのワイヤーが入っているので腕を通して残りのベローンをマジックテープにペタッとすれば完成で、巻きつけるまでにズレたり落ちたりとかのストレスがありませんでした。 スイッチはオレンジの丸いボタンのみ。 押して数秒後に起動し圧がかかります。 音がかなり大きいですね。朝、寝室で計測したら「ブォーーー」っという音に家族がビックリして飛び起きました。 音の大きさはブザー的な低音です。屋台の発電機にちょっと近いですね。 計測値は2回計測してだいたい同じくらい。 テーブルとイスで計った方がわりと正確です。 ACアダプターは別売りですが、コードは無い方が使いやすいので電池で良いと思います。」

「たくさんのレビューを多数のサイトで読んでみてオムロンが良いことがわかりました。お値段は様々ですが、この商品のレビューはとても良く、しかもお値段もお安くて決めました。 巻き方のポイントだけちゃんと解説を読んでおけば、後はすごく簡単で 決まった位置に巻いて計測ボタンを押すだけです。 音は大きいですけれど、数十秒の事なので気にはなりません。 過去のデーターも自坊で保管されていて、記録呼び出しボタンを押すだけで見られて比較できるので便利です。 手首のモノと違って病院と同じくらいの数値で計れるので自宅用では高性能です。 軽量でコンパクトでポーチに入っているので持ち運べて、すきな場所で計れます。」

「山口県内より発送され、大変身近な業者さんで安心しました。オムロン製なので壊れる事は無いと思われますが、万が一の時は、より安心と思っています。。商品を使ってみましたが、使い易くて、収納袋付きで、収納し易いですね。30回の測定値を記憶してくれていて、正しい血圧が計測される迄の経過も確認出来るので、測定時の正しい身体の配置見直しが出来良かったです。付属の単4乾電池4本で使い出しましたが、6V仕様の市販のACアダプターでも使える様なので、別途購入して、より頻繁に使える様にしたいと思っています。良い商品を迅速に配送して頂いてありがとうございました」

「手首タイプと迷った末、レビューを参考にこちらを購入。測定値は測定ごとに値がバラツクので、3回連続で測定して平均値を記録しています。病院の血圧計でも同じ傾向なので血圧測定とはこんなものかと認識しました。使い勝手は特別悪くないが、測定部を本体に収納出来るタイプにしておけば良かったかなと少し後悔はあります。収納時の状態があまり美しくありません。お食事制限で血圧が下がってしまったので最近はあまり測定をしなくなった。使用頻度が高くなく、血圧を自宅で測定したい人には定価の半額ぐらいになっている機種は良い選択だと思います。機能的な差異はないです。」

「届いてすぐなので耐久性については普通とさせていただきました。 ボタンワンタッチで即、測定で簡単です。 お値段もお手頃なのでドラッグストアなどで買うより安いと思い、即決しました。 スポットアーム形式と迷いましたが、こちらはやはり省スペース。 スマホと連動してデータ管理ができる機種などもありますが、結局Bluetoothなどでつながないといけないし、 スマホのBluetooth常時ONにしてると電池消費激しいと思いOFFにしてるので、スマホさわるのであれば 手入力でヘルスケアアプリに入力すればいいし・・・と思いました。」

引用:Yahoo!ショッピング

2位 オムロンヘルスケア 上腕式血圧計(医療機器)HEM-7600T


測定法式 オシロメトリック法
測定部位 上腕
平均値表示機能
カフの大きさ 22~42cm対応
緩みチェック
姿勢チェック ー(※体動サイン有)
電源の種類 電池
ユーザー管理機能
スマホ・PC連動

簡単血圧手帳

血圧測定数値を手帳に記載する手間がかからなくシンプルに記録ができます。

測定後は3ステップで楽に転送出来ます

  1. アプリを開く。
  2. 血圧計の通信ボタンをプッシュしてデータ転送待ち状態にする。
  3. OMRON connectのホーム画面を下に下げてデータを転送する。

上腕式と手首式のメリットをあわせ持つ血圧計

上腕式血圧計のメリットとされる心臓の高さで実測しやすい上腕で計測することにより、明確にはかりやすい側面と、チューブレスでミニサイズで持運びしやすい手首式の双方のメリットを保有しているハイブリッドな血圧計になります。

口コミ

「健康診断で医師に「高血圧!血圧測れ!」と言われてしまったのでHEM-7600Tをポチ。
届いた時の印象は…「上腕式の血圧計ってこんな小さかったっけ?」

上腕式にしてはコンパクトで持ち運びもでき、単4電池4本で駆動(AC供給は無し)。仕事なども含めお出かけでも(上着の問題を考慮外とすれば)安心。
腕に巻く部分ですが…内側が堅く、外側が普通の柔らかい素材になってるので簡単に巻けます。なんなら写真の通り内側だけを腕に巻き付けた状態で手を放しても落ちたりしないし。

とりあえず1週間ほど使ってみましたが…他の方が指摘するような「測定値がおかしい!」という事も(多分)無く、普通に使えています。初日こそ「なんか値が低くね?」と思ったものの、腕に巻く位置を少し上にしてみたら普段通りの値が出たので一安心。って高血圧なんだから普段通りの値で安心しちゃダメなんだけど(‘A`)

血圧を測定する事も重要だけど、それ以上に重要で面倒くさいのが測定結果の記録。
でもこの血圧計ならスマホで測定記録を管理できるのでそれも楽ちん。まぁオムロンに関しては過去にウェルネスリンクで騙された事はあったけど、今回はスマホでのスタンドアロン管理が基本だから大丈夫…と思いたい(‘A`)
# 測定記録をpdfにして出力する部分はサーバー管理のようなので正直またサービス終了とか言い出さないか心配だが…

スマホ連動を前提にするならこの機種はお勧めできると思います。正直お値段としてはお高いけどね…」

引用:amazon

3位 オムロンヘルスケア 上腕式血圧計(医療機器)HEM-8713-N


測定法式 オシロメトリック法
測定部位 上腕
平均値表示機能
カフの大きさ 17~36cm対応
緩みチェック
姿勢チェック ー(※体動サイン有)
電源の種類 電池・ACアダプタ(別売り)
ユーザー管理機能
スマホ・PC連動

口コミ

「健康管理の為に購入しました。
オムロンだし、他のレビューも良かったしでした。
オムロン一択で数種類検討した結果、この商品を選びました。

実際使ってみると、腕帯のフィットカフが難点だとわかりました。

フィットカフの巻がキツイので、空気が入って圧迫されるとかなり痛いです。
そのせいか、計測数値が高めに出ている気がします。
病院で計測してもらった時よりも高いです。
これ、腕の太い男性だったら相当高い数値が出てしまうのではないでしょうか?
フィットカフではない商品の方が良かったかも。

最近は、腕帯のマジックテープで留める位置をゆるっと巻いていますが、それでもフィットカフが正常な状態というマークが出ているので、計測前にきっちりマジックテープで留める必要はないと思います。

あと、オムロンの商品ではありますが、メイドインチャイナです。」

「健康診断で血圧が高いことがわかり測り始めました。最初に友人に借りた血圧計のカフが元から丸まっているものだったので、そのタイプのものをさがしました。友人のには電源アダプターもついてたので探しましたが、この機種に合うのが3,000円もするので諦めて乾電池でいいかーと使っています。結果的には、コンセント繋がない方がどこでも使えていいってことがわかり、いま満足しています。」

「高血圧で血圧管理が必要なため、今までは手首用の血圧計を使用してましたが、測定の精度をあげるために
上腕式の血圧計に変えることにしました。手首式と比べ、厚手の上着を着てると一々脱がないといけないのが
面倒ですが、正しく測定するためには仕方のないことだと思ってます。管理自体は血圧管理手帳にて行ってる
ので、機能面で望むことや残念なことは特にありません。収納ソフトケースもついていて、収納もスッキリです。」

「日々の血圧チェックに凄く役に立っています。
やや高めに出るのではと感じるものの、毎日の変化を見るのには使い勝手はいいですね。」

引用:amazon

4位 オムロンヘルスケア上腕式血圧計(医療機器)HEM-7123


測定法式 オシロメトリック法
測定部位 上腕
平均値表示機能
カフの大きさ 約22~32cm対応
緩みチェック
姿勢チェック ー(※体動サイン有)
電源の種類 電池・ACアダプタ(※別売り)
ユーザー管理機能
スマホ・PC連動

口コミ

「かなり以前に買った、OMRONの血圧計を愛用していたのですが、さすがに古くなって本体のプラスチックが変色してきたので買い替えることにしました。いろいろなメーカーからたくさんの機種が販売されていて迷うことこの上ないのですが、同じOMRONが記録の継続性の点で良いかと思い、メーカーはOMRONにしました。上位機種で直近10分以内の3測定値を平均してくれるモデルや、単四電池を使ったコンパクトなモデルなどと比較して迷ったのですが、今使っている単三のeneloopが使えて、測定値のメモリー機能だけがある本機に決めました。使ってみて、メモリーに測定した日にちと時間が付与できると、もっと便利なように感じますが、ノートに書き写しているので不自由はありません。測定値も安定した高血圧を示してくれて、記録の継続性も問題ないようです。」

「病院で計っているのと比べても差はないようです。
毎回、記録を書き残せば良いのですが、時々忘れ、日にちが経つと何時計ったのか判らなくなる事があり、タイマー機能でもあればとも思いますが、これは自分の責任。
お勧めできます。」

「年齢と共に身体の数値が想定以上に変化している。血圧も数年前には無かった値が出るらしく、検診での数値を疑って見たけど、本当らしい。血圧計を求めて細かく測定すると、色々と要因が分かって来て健康を気遣うようになり、そのことが数値改善と健康維持に結びつく様だ。測ることが健康維持に。奨めたい。」

引用:amazon

5位 オムロンヘルスケア 上腕式血圧計(医療機器)HEM-7133


 

測定法式 オシロメトリック法
測定部位 上腕
平均値表示機能
カフの大きさ 22~32cm対応
緩みチェック
姿勢チェック ー(※体動サイン有)
電源の種類 電池・ACアダプタ(※別売り)
ユーザー管理機能
スマホ・PC連動

口コミ

「色々比較して、皆さんのレビューで誤差が少なそうなこちらを選びました。
ちょうど先週、2泊3日の入院をし、その時の数値と大幅には変わっていないので、おそらく誤差はあまりないと思います。
というか、今まで病院に行くときくらいしか図っていなかったので、日々の誤差に関して自分ではわからない。
いくつかの血圧計で比較していなければ、誤差も気づきにくいだろうと思ったので。

何しろ店頭価格より半額以下で購入でき、今のところ不具合無し、カフも巻きやすくて使いやすいです。
スマホ転送とかBluetoothとかは不要でしたので、これで充分です。」

「50歳代に突入した者には必須アイテム(笑)健康診断では毎回注意されるし医者にかかれば「血圧高いですねぇ」といぶかしい顔で言われる体たらく。今や朝晩欠かさず記録をとり降圧剤のお世話になる自身の劣化には情けない限りだが仕方がない。ということでこれを3カ月使っているが今のところ不具合や不満はない。但し別途レビューにあるがACアダプタは付属にして欲しかった。なんせ家族3人で朝晩使うと半月くらいでポンプの音が怪しくなり液晶画面が暗くなります(測り直し含め)多分100回程度かと思う。ACアダプタ代は約3~4カ月で元が取れる。なので☆-1」

「今まではシチズン製を使用していましたが壊れたので買い換えました。基本的には大きな差は感じませんが安定した計測が出来ているように感じました。さすがオムロン製と思いました。ただ、私の腕周りは普通なのですが、カフがちょっと短いです。基本的に標準仕様ではもうちょっと長くして欲しかった。」

引用:amazon