薬剤師たいきちがおすすめする補聴器5選、比較、選び方

こんにちは。たいきちです。

音や会話が聴こえにくいと思っている人の生活をアシストする「補聴器」。両耳に使用OKなものや目立ちにくいもの、またノイズが多くないものや高齢者の方でも容易に扱えるものなど、多くの種類があり、どういう点をセレクトしていいのか分からないという人も多いことでしょう。

そこで今回は、補聴器の詳細な選び方と、オムロン・シバントスだったり通販でも購入できるおすすめできる補聴器を人気ランキング形式にてご紹介します。ぜひ、あなた自身にピッタリ合う聴こえやすい補聴器を見つけてみてはいかがでしょうか。

補聴器のセレクト方法

補聴器を選択する際、どの部分に注目したらいいのでしょうか。ここでは実用的なセレクト方法のポイントをアナウンスしていきますので、ぜひ判断基準としてみてください。

形状や特徴から、補聴器の種類を選択する

補聴器には、大きくわけて「耳穴タイプ」「耳かけタイプ」「ポケットタイプ」「メガネ一体タイプ」があります。それぞれでスタイルも違いますが、補聴器としての役柄もバラバラになってきますので、一番初めは自分に理想的な種類をセレクトしてみましょう。

耳穴タイプ:際立ちづらく、聴力の低下が中等度までの人向け

補聴器の中で一番一般的で際立ちにくいのが耳穴タイプです。イヤホンと同じく耳に挿し込んで使うもので、ごく自然に見せることができます。これについてはオーダーメイドの補聴器にもしばしば見られる様式の1つです。また、ご自身の耳の形状に合わせて形や大きさをコントロールできるところもアドバンテージといえます。

そして肝心なのは、耳穴タイプは聴力低下が軽度から中等度の方に対応したタイプであると言うこと。重い低下がある場合はマッチしないことも多いのでお気を付けください。

また、小型で目立たないぶん、本体の操作ボタンが押しにくいというデメリットがあります。バッテリーの持ちももうひとつですので、頻繁な充電や電池交換が要されるタイプでもあります。さらに、補聴器によって増加された音が再び補聴器によって拾われ、ピーピーという音が引き起こされる「ハウリング」という現象が生じやすいのもデメリットの一つです。

耳かけタイプ:操作しやすく、デザインもセレクトしやすい

耳かけタイプは、イメージできるように耳にかけて使う補聴器です。種類が豊富でバリエーションが多く、おしゃれ感覚で取り付けることもできます。電池交換の手間暇がかからず、広い範囲の聴力に対応しているところも利点。

デメリットは、耳にかけるためメガネをかけている方には不得手という所。メガネを愛用している方は以下でピックアップする「メガネ一体タイプ」を思案してみてください。

また、汗が出やすい方は耳と補聴器が密着する部分がむれて、あせもなどの皮膚トラブルが生じることがあります。

ポケットタイプ:使い方がシンプル。使用頻度の多くない方にちょうどいい

補聴器のさきがけとも言えるのが、小型ラジオのようなスタイルのポケットタイプ本体を胸ポケットに入れてイヤホンをリンクするようになっており、手元でスイッチやボリュームの調整ができるため、操作がしやすいが固有のものです。

マイクを相手の口元に近づければ騒音の中でも聞き取りやすく、フレキシブルな使い方が可能。単3電池で動くタイプがメインですので、取り扱いが容易な点もありがたいです。

しかしながらコードがどうしても妨げになってしまうため、いつもながら補聴器を使いたい方には向きません。洋服の擦れた音がストレートに伝わりやすいことから、使用頻度が少ない方にちょうどいいです。

メガネ一体タイプ:補聴器+メガネをセットで使用OK

メガネ一体タイプに関しては、メガネを愛用している方でもサクサク補聴器が使えるタイプです。いつもからメガネをかけている方は、こちらのタイプの方が使い勝手が良いでしょう。

購入するケースでは補聴器だけでなくメガネの度数も合わせることが重要になりますが、それぞれを区分けして揃えなくていいので非常に便利です。

聴こえやすい補聴器を選ぶポイント

聴こえにくさには個人差が見られますので、ご自身の聴力に合いやすいものを選ぶことが重要です。お店で聴力検査を受けるだけでなく、まずは耳鼻咽喉科を受診して聴力の状況を診断してもらい、補聴器の効果を手にできるタイプの聴力低下があるかチェックしましょう。

それをふまえた上で、聴こえ方から選ぶポイントをご案内します。

軽度・中度・高度、各聴力レベルに適した種類を選ぶことが肝心

聴力にはクラスがあり、どれくらい聴こえにくいのかでざっくりした聴力レベルを把握することができます。

  • 軽度25~50db:ちっちゃい声や音が聴こえにくい
  • 中度50~70db:いつもの会話が聴こえにくい
  • 高度70~90db:耳の近くで大きめに話してもらわないと聞き取れない

軽度のケースでは、耳穴タイプやメガネ一体タイプできちんと効果が得られます。しかし、60db以上になったら耳穴タイプやメガネ一体タイプでは対応しきれなくなることだってあります。耳掛けタイプやポケットタイプをセレクトしておくと安心できると思います。

よりスムーズに聴こえやすいのは両耳タイプ

補聴器は片耳だけのものと両耳をセットで使うものが見受けられます。片側の耳だけが聴こえにくいのならば片耳でもOKですが、より聴こえやすくなるのは両耳タイプです。

両耳に備え付けることで左右の聴力が均等になり、ナチュラルな聴こえ方をしますので快適になります。片耳だけ装着してちぐはぐな感じが強いケースでは、両耳タイプを検討してみたらいいと思います。

自動調整や雑音除去など、快適性に影響を及ぼす各種機能にも注目

補聴器を使う時間が長時間の場合、快適に使えることも大事になってきます。大きな音を自動で調整したり、雑音を消去してくれる機能にもスポットライトを当てておきましょう。車のクラクションの音や雷の音など、いきなり大きな音がした場合にオートマチックにボリュームを下げてくれるものもあり、サクサク使うことができます。

ただ高機能であればあるほど価格も割高になりますので、使用頻度や装着時間も想定して、どの位の機能を求めるか決定しておくようにしましょう。予算の確認もキーポイント。5年ごとに買い替えやすい価格帯をセレクトしましょう

機能や性能などに於いて補聴器の価格についてはピンキリ。安いものでは1万円、高いものでは50万円ほどですが、補聴器は一般的にいって5年で寿命になると言われています。これを受け、5年後に買い替えやすい価格帯からセレクトしておきましょう。

また、メンテナンスなどで修理を依頼することもたくさんあって、通常価格が高いものほど修理代も高額になるため無理を感じさせない範囲で予算をセッティングしておく方が確かです。

薬剤師たいきちがおすすめする補聴器5選

1位 オムロンヘルスケア デジタル式補聴器 イヤメイトデジタル AK-15


種類 耳穴タイプ
タイプ 片耳
特徴 ピーピー音カット・ノイズカット機能等

ノンリニア機能で日常の音をスムーズに

掃除機やミキサーの音だったり、うるさく感じる音を調整してくれるノンリニア機能付き。ノイズキャンセリング機能も搭載しているため、換気扇のように一定時間キープされるノイズもしっかり少なくしてくれます。

日常生活で耳に届くウンザリするノイズを、できるだけ縮小したい方にオススメ。また、超小型で目立たない設計となっており、外見上の邪魔もしにくいでしょう。
右耳・左耳両用なのもありがたいポイント。電池の交換時期をレクチャーしてくれるアラーム機能が見られるので、利用中に突如聞こえなくなるといったトラブルも防御することができます。

口コミ

「祖母の耳が遠くなり会話も通じず初期程度の状態だったのでレビューを見て急遽プレゼントしました。結果アマゾンのCMそのまま滞在中に間に合い普通に話が出来るようになりました。
つけるのや電池を入れるのが難しいようでその場で何度も練習しました。家族が向きを確認してあげる必要はあるとは思いました。電池が一つしかついていないので追加購入して帰ってきました。一緒にいた叔父は専門店で10万以上出さないときちんとしたのは買えないと言っていましたが祖母のようすをみて考えが変わったようでした。祖母も高いからと躊躇していたようなので良かったです。
聞こえる?と大きな声で聞いたらそんな大きな声で言わなくてもわかる!と言って大笑いしました。

商品は入門用としていいと思います。贈り物用にノイズを最大限押さえたものがいいかと考え15にしましたが自分用なら同じデジタルでノイズも低減されている10でも良いかも知れません。ただつけるとき持っているとピーピーいうので気になる方もいるかも知れません。祖母は元々耳が遠いのでそのことはさして気にならないようでした。私たち家族は次に親戚の集まりがあるとき会話ができるので良かったです。」

「良い商品だと 思います。AK10と今回のAK15と2台使っていますが。AK10を洗濯してしまい。慌ててAK15を購入しましたが。AK10が 壊れず未だに使えてます。ちなみにAK10は 計4回洗濯して。何とも無いです(笑)」

「現AK05を使用で大事な会議等のみで使用ですが、本体の電池ホルダーを止める柱がすり減り変形し電池ホルダーの爪が、数回使用で折れてしまう為し電池ホルターを注文しても追いつかない為、また壊れたら大変との思いでAK15を購入
まだ、AK05が現役の為ダメになってから使用をしますが、一度装置しましたが品質上かなり良くなっている様に感じました。スペアーがあるので心配事が無くなりました。」

「今回父へのプレゼントで購入しました。当初は父がそんな高い物と言っておりましたが、今では毎日使用しており、 無くてはならない物になっております。また友達に自慢げに、補聴器の事を話す姿を見て、購入して本当に良かったと思っております。」

引用:amazon

2位 オムロンヘルスケア デジタル式補聴器 イヤメイトデジタル AK-10


種類 耳穴タイプ
タイプ 片耳
特徴 ピーピー音カット・大音量クリア機能等

音量をアップさせても音が割れず快適

こちらの補聴器には、大きな音のひずみ割れを抑制する機能が搭載されています。テレビや音楽機器のボリュームをアップさせてもクリアーに聴こえますので、音楽鑑賞やテレビ視聴を好む方に最も適しています。

また、耳に装着した場合にピーピーと音を鳴らす、ハウリングキャンセル機能もついております。同メーカーの補聴器でハウリングが気に入らなかった方でも、安堵して装着することができるのです。

左右双方の耳に使えるので、聴力レベルに従って片方・両耳用として使ってみてはどうでしょうか。ちなみに、軽度難聴者を対象にしているため、この頃少し音が聞き取りづらくなったという方にイチオシでしょう。

口コミ

「耳の悪くなった父親が耳鼻科で進められたのが20万近くする補聴器でした。最初は高いけど仕方ないといった感じでしたが、アマゾンで検索してこちらの補聴器に辿り着きました。2万も決して安くはないですが20万に比べればということで購入。実際付けてみたところよく聞こえるようになったと喜んでいます。私との会話も以前は何度も聞きなおすことがあったのですが、小さい声でも聞こえてるみたいで私もびっくりしています。耳鼻科の先生には安い補聴器では使い物にならないとまで言われてたみたいなのですが、これで十分だと思います。良い買い物だったのではないでしょうか。」

「高齢で難聴になってきている母のために購入。補聴器は色々なタイプ、そして価格も幅が大きいようですが、とりあえず色々なレビューを見てこれに決めました。母に試しにつけてもらったのですが、つけた後はハウリングなども特になく、かなり使えるような印象を受けました。ただ、小さいもののため、無くさないように気をつける必要があると思います。また、慣れの問題だと思いますが、ケースの開け閉めもけっこう苦しんでいました。全体的に見て、価格と性能のバランスはかなり良いと思います。」

「前に購入したAK4にくらべピーという雑音がすくなくなつたのは良い。
音量調節ができるが、もう少し大きな音まであげられるとよい。
片耳にAK10を使用し、片方にはパイオニアの製品を使用している、なぜならパイオニアのほうが大きく聞こえるから。」

「AK15と AK10 の2台 使ってますが 私の耳には AK10 の方が あっているので AK10を 再購入しました。 AK10は 少し 音が低いので私の耳には ちょうど良いと思います。 AK15は AK10よりも 少し高い音も ひらうので 金属音などは 私の耳には うるさすぎる。と 思います。個人差か個体差かな」

引用:amazon

3位 ニコン イヤファッション NEF-05


種類 耳穴タイプ
タイプ 片耳
特徴

双方の耳にも使える両用で手軽

片方の耳だけが聴こえにくい方、あるいは片側だけ聴きやすくなれば充分という方にふさわしいイヤファッション。左右双方の耳にも使えるため、良い感じがしたらもう1つ購入して、両耳用として使うのもありありです。

また、日本語に向けた音響設計になっているポイントも特徴の1つ。クリアーな音を実感できます。

装用感が気掛かりなときは、セットのイヤーピースをチェンジして使うことをおすすめいたします。
こちらの商品は、ニコン・エシロールが作った拘りの補聴器になります。

  • ユーザーの殆どが希望する価格の耳穴型補聴器。
  • 耳の装着性にプライオリティを置いた新ハウジングを採用。
  • 双方の耳にも使用可能な左右共通としました。
  • 手先の器用差を勘案した電池ロッカーの採用。
  • 自分自身で音量調整が出来る、ユーザビリティの高いボリューム付。
  • 両方の耳に利用すれば方向性、耳への負担も軽減
  • 両耳にお使い頂くことにより自然な聞こえ
  • 言葉の聞き取りにプライオリティを置いた日本語のための音響設計
  • 日本製の補聴器

口コミ

「数年前にこの価格の10倍近い製品を求めたが、自宅で調整ができない「高級品」であったためフルに活用できなかった。時間がなく、調整にも行けなかった為ではあるが。
聞くことに関しては私にはこれで十分。もっと高級品もあるが、価格の上昇に見合った性能は発揮できているのか、高級品を考えている人は熟考を。
初めて購入を考えている方は、この程度で一度試してみて合わなければ高級品の再考を。
使用し方にもよると思われるが、平均耐久年数が5-6年と言われたので決して安いものではありません。
不満としては、装着時、正しく収まるまでにピー音がすること。風切り音が激しいこと。自動車の振動が耳に響き音が震えること。
但し以上の不満は、風の強い屋外での使用を控え、車内での使用の工夫をし、スムーズな装着を習得すれば解決。
この不満に耐えられなければ、高級品をお求めください。
人によって求める快適さが違うので。
ポイントはいかに自分の耳穴にピッタリフィットできる耳栓を見つけられるか、と最近考えています。
合えば殆どピー音はなくなりました。」

「義理の母89歳に購入しました。人の話が良く聞こえるようになったと非常に喜んでいます。この品を購入して良かったな~と思っています。耳の穴の大きさに合わせて大、中、小、の3種類付属も助かりますし左右どちらでもOKなのも便利です。 ただボリュームレベルのしるしの「点」が非常に小さくて見ずらい事とつまみが装着する時に必ず触れてしまう所にあるので毎回ボリュームレベルを確認しないといけない状態です。またスイッチが無い為電池ケースを半開きにしないといけないのでその際年寄りですので落としてしまう事も多々あります。先日も聞こえなくなったとの事で電池を確認したら逆向け挿入していた為でした。スイッチがあればもっと便利なのですが・・・。」

「以前は之より遥かに高い値段の物を使いましたが耳掛け方式で装着するのが面倒でした。又電池持ちも悪かったですが此れは小さく装着するのも楽で電池の持ちも良いので気に入って居ます。」

「アフターサービスに感謝しています
購入して2回不具合が出ましたが、丁寧な対応で修理してもらいました
次回も同じ店で買うつもりです」

引用:amazon

4位 ベルトーン デジタル補聴器ターン BTE 75


種類 耳かけタイプ
タイプ 片耳
特徴 トリマー調整・ピーピー音カット等

新型高機能チップ搭載で、クリアなサウンドを実現の耳掛け式補聴器

新逆位相ハウリングマネージャーで、言葉の聞き取りが小さくならないように常に見守りながらハウリング(ピーピー音)をきちんと止めます。

特徴

両耳兼用:左右兼用のため、右耳・左耳どちらの耳にも装着可能。

ナノブロックHPF80:補聴器の内部・外部共通して湿気や汗、ほこりからプロテクトする特殊コートがなされており、防水性の向上を達成

簡単操作:補聴器の初心者の方にもおすすめ

【ベルトーン社正規品】信頼の1年保証付

付属品:めがね工房ハトヤオリジナル補聴器クリーナー / 乾燥ケース / 電池2粒付き
※「集音器」「助聴器」「音声増幅器」 とは異なります。

【信頼のベルトーン社製】1940年に創立され、1980年に世界初となるオーダーメイド補聴器を表明した名門ベルトーン社。70年以上補聴器を作り上げた会社だからこそ実現できるハイクオリティー補聴器になります。

【コンセプト】流行の最先端を行くテクノロジーの補聴器ですべての人達にヒヤリングケアを活用して頂くことをキャッチフレーズに、クオリティの高い製品に使われているテクノロジーを入念に選んで凝縮させ、装用が手っ取り早くクリアな音質をもたらす補聴器を是非とも体感してみてください。

口コミ

「めがね工房 ハトヤ様より購入させてもらったところ
初期の段階では父親に確認すると音量設定が最大目盛の4で
今の自分に丁度だが日によって聴力が異なるので
音量再調整で音量設定を初期の最大目盛4の音を2でなるように
お電話にてお願いしたところ、すぐに応じて頂き対応して頂けました。

また煩い場所に行った場合のメモリーボタンで音量を小さくする設定も
合わせて行っていただいたのですごく助かりました。」

「初期設定の音量では足りなかったので調整を依頼した所、直ぐに対応してくれました。」

「良い点コ-ドーなく自然な音質
耳にセットする時、小さくていまいち。」

引用:amazon

「前買ったのを落として頼みました。早く送ってもらい助かりました。よく聞こえます。

「おばあちゃん用に購入、私も耳穴式を使ってるので試しにつけてみましたが、デジタルなのでアナログよりクリアーに良く聞こえました。
雑音はありますが、この値段でこれだけ聞こえていればオッケーだと思います。セッティングも難しくないです。1万位のカタログとか、他の通販で安い物を買うならこれの方がいいと思いました。後は使用して問題がおきなければいいかな。」

引用:楽天

5位 シバントス デジタル補聴器 デジミミ3 右耳用 DR3


種類 耳穴タイプ
タイプ 片耳
特徴 ピーピー音カット・ノイズカット等

より目立ちづらく洗練された新型タイプ

これまでのデジミミに改良を加え、より一層目立ちにくさがアップしたデジミミ3の右耳タイプ。クラスにおいては最小となるサイズで、耳に入れても際立ちづらくなっています。電池寿命も向上させたため、電池交換のペースが低くなったのです。

当然左耳用も発売されています。右耳・左耳各々専用の補聴器なので、装用感が抜群です。ズレにくいものを調べている方におすすめしたいと思います。

  • クラス最小で際立ちにくい クラス最小の幅9.00 × 奥行17.00 × 13.00 mm これまでより耳穴にスッポリおさまり、際立ちにくい
  • 電池長持ちで便利。PR41/312をセレクトし、電池寿命+67%アップ(※従来品)
  • 中等度難聴まで対応 小さいにもかかわらず、軽度中等度難聴に対応
  • 左右専用のため、抜群の装用感 両耳にあった左右専用ですので見事な装用感で、専用耳栓で耳にフィットしずれにくい
  • ハウリング抑制機能でピーピー音防止 「逆位相方式ハウリングキャンセラー機能」と 「ダブルチップ耳栓」とのシナジー効果により、ハウリングだけを抑制し快適

口コミ

「歳のせいで高周波音が明確に聴き取れなくなって、人声がぼけて聞こえるので、数年デジ耳2を時に応じて使っていましたが、壊れたので、買い換えようとしたら既に3に変わっていました。製造会社がシーメンスでないので、一寸案じましたが、届いた製品の保障書は将にシーメンスの物でした。未だデジ耳3は使いだしたところなのですが、気が付いた、デジ耳2との相違を書きます。
1.全体がより小型化して、耳に付けた時の違和感が減り、長時間の着用が気にならなくなりました。
2.バッテリーがやや大きくなり、連続使用時間がかなり伸びたように思います。
3.音量調節が、ダイアル式からプッシュボタン式に変わりました。ごく軽いタッチで音量が4段階で選べます。ボタンを押すたびにピーという音の数でレベルを知らせてくれます。僅かなタッチで十分なので、前のダイアル式より、耳に付けたままで変更するのが容易くなりました。
4。ボタンを4秒余り押し続けると、スイッチがオフになり、又4秒押すとオンになって音量第一段階になります。ただオフになっていても自然放電するので、長期間使わない時にはバッテリーケースを開けておいた方がよいと思います。
5.最大音量のレベルはデジ耳2より低い(小さい)ように思います。ただ音質はかなり改良されていて、高周波を増幅してくれるので、老人性の耳には聞きやすい音になります。又背景音をカットして人声を聞き取る機能も改良されたように思います。従って音量を大きくしなくても、人の声は聞き取りやすくなりました。
6.ハウリングは完全には除去されていませんが、デジ耳2よりは少ないと思います。
以上はデジ耳2との比較で、他の会社の製品との比較は判りません。まだ改良して欲しい点はありますが、この値段に対しては、性能的に満足できそうです。あとはどのくらい持つかですが、デジ耳2は結構早く壊れたので、一寸心配です。」

「1年ほどデジ耳2を左右使っていたが、右側だけ紛失したので、その後継機として購入。今は左が2、右が3を使用中。
デジ耳2はコンパクト型では初めての補聴器ということもあって、あまり気に入ってなかったが、デジ耳3は個人的には使い易くなった。

(良くなった点)
音が旧タイプよりも聞き取りやすい(相変わらず周囲の雑音も増幅するが、、)。
電池自体が大きくなった分、入れやすい。
音量調節は、デジタル式4段階で、ボタンを押すだけでOK(慣れるまで練習が必要)。
容器が使い易い(デジ耳2,3と掃除ブラシが入る。旧タイプはブラシが入らない)。

(悪くなった点)
デジ耳2用の電池が使えないので3用の電池が必要。
デジ耳2のようにアナログ式の微妙な音量調整ができない。
着用中に、たまにハウリングが起きる。

(その他)
本体のコンパクトさは変わらない。
防滴効果は、まだ不明(デジ耳2は、汗をかく空手の練習で問題なかったが)。
声の周波数は大体200~4000ヘルツらしいが声は他の雑音の周波数に含まれるから、現在の技術では雑音を拾うのは補聴器の宿命かも。」

「両耳にデジミミ2を使用していましたが、右だけ故障してしまいデジミミ3に買い換えました。

デジミミ3に買い換えて変わった事。
ボリューム操作がボタンになり音は4段階しか選べないので、デジミミ2のダイヤル操作で微妙な音の調節が不可になり、結果、電池の持ちは短くなりました。(10日もっていたのが7日になった)
イヤーチップの素材が柔らかくなったのでデジミミ2の時と同じサイズで装着するとハウリングが起こり、サイズを小から大に変更して問題なく使えました。

音量の件だけ不安でしたが私は問題はなかったので、左も故障したらデジミミ3へ切り替えても大丈夫そうです。(因みに右は軽度、左は中度難聴)
ただ、電池の持ちだけ不満です。」

引用:amazon