貯金専用の銀行口座を作るのはいいことなのか?

こんにちは。たいきちです。

「貯金をするには貯金用の銀行口座を作れ!」

こんなことを言われることがありますが、実際にはどうなのでしょうか?

  • 貯金用の銀行口座を別に作るメリット
  • 貯金用の銀行口座より効果があるかもしれない方法

今回は貯金用に銀行口座を作るのがいいことなのかについてまとめました。

貯金への意識は確実に高まる

これから貯金をしていく人にとって、別の貯金口座を作るメリットはそれなりにあります。

まずなんといっても、ゼロから貯金が貯まっていく感じがものすごくいいです。

楽しいですし、お金が増えていく実感があります。

ただ、だんだんお金が貯まっていくとその新鮮さはなくなっていくので、楽しいのは最初だけかもしれません。

最初だけになる人も多いのかもしれませんが、貯まった金額がきちんとわかるのは気持ちがよく、気分的にはいいです。

貯金と生活費をごっちゃにするよりは効果があった

普段生活費に使っている口座に貯金をしていくと、どこか意識が薄れてしまいます。

なので、個人的には別に口座を作ったほうが効果はありました。

もちろん個人差はあると思いますが、別に1個口座を作っておく方が貯金意識が高まるのではないでしょうか?

本気でお金を貯めたい人は貯金口座を別に作った方がよさそうです。

証券口座にお金を貯めるという手段もあり

貯金口座ではなく証券口座にお金を入れておくという方法もあります。

この方法のメリットは簡単にお金を引き出させない点です。

クレジットカードの引き落とし先は基本的に銀行口座に指定していることが多いので、証券口座から直接開くということは減ります。

難易度が少し上がるのでお金が貯まってきやすいです。

投資もしやすいですし、投資をしなくてもお金を置いておくだけでも効果あり。

貯金したい人は一つの選択肢になります。

個人的には口座を別にした方が残高がわかりやすくていい

口座残高がそのまま貯金額になるので、個人的には口座を別にした方がいいように思います。

口座が複数ある場合は片方の口座の残高を0にすればOKです。

1つしか銀行口座を持ってない場合はもう一つ作るのがオススメ。

個人的には証券口座を作っておく方が将来に役立ちそうな気がしています。

どちらにせよ、残高ゼロの口座を1つ持っておいた方が貯金には役立つというのが私の経験から感じたことです。

まとめ:個人的には口座を別にした方が残高がわかりやすくていい

個人的には口座を別にした方が口座残高がわかりやすくていいなと感じます。

いろんな考え方がありますが、やはりゼロから気持ちよく貯めていきたいものですよね。

私だけなのかもしれませんが、最初はまっさらな状態でスタートしたいです。

  • まっさらな状態からスタートした方が気持ちよくスタートが切れる
  • 個人的には口座を別にした方がわかりやすい

めんどくさいかもしれませんが、貯金口座を別に持っておくことのメリットはかなり感じます。

なので、貯金を増やしたいという方はぜひチャレンジしてみてください。