30代が知っておくべきビットコイン投資の基本知識~今後の価格上昇の根拠はこれ!

たいきちです。お金に余裕が出てきたら絶対にやるべきです。

 

仮想通貨の中でも、もっとも知名度の高い通貨と言えば「ビットコイン」を挙げることができるでしょう。

 

それほど仮想通貨について知られていなかった時期には、妖しいものと考える方も多かったのですが、近年では投資対象として注目されるようになりました。

 

これから投資に取り組むにあたって、より効率的な資産運用が期待できるビットコイン投資を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、はじめて仮想通貨の投資に取り組むという方でしたら、「損をすることはないのか」「失敗したらどうしよう…」と考えてしまうことも無理もないことです。

 

そんな方のためにここでは、ビットコイン投資の基礎的な解説と共に、価格上昇の根拠についていくつかご紹介していきます。

 

 

人気商品

知っておきたいビットコイン投資の基本的知識

 

ビットコインは世界で一番最初に誕生した仮想通貨であり、現在数千あると言われる仮想通貨の中でも知名度が高く、最も時価総額が高くなっています。

 

ビットコインの安全面

日本銀行のように中央銀行を持たずに、P2Pと呼ばれるネットワークを構築して管理されている通貨です。

 

仮に一部のネットワークが遮断されたとしても、全体として影響を受けないようなシステムになっているのがビットコインの特徴です。

 

過去に起きたハッキングなどによって安全面で注目されることも多いのですが、リスクを考えた管理を意識していれば大きな問題にはなりません。

 

ビットコインは投資対象になるのか

ビットコインの価格変動によって損をしてしまうリスクの大きさがデメリットのように語られることもあります。

 

確かに円やドルと比べて価格変動は大きいです。

 

しかし、次の章で詳しくお伝えしますが、価格変動には大きな周期があり、今まさに上昇の波がやってきているのです。

 

投資チャンスは大きいので、リスクを考えた投資をすることでデメリットを回避することが可能です。

 

 

ビットコイン今後の価格上昇の根拠について

 

ビットコイン投資が注目されている背景に、今後、価格上昇がかなり期待されているという側面があります。

 

まさに今、その上昇トレンドがやってきた状態ですから、これからご説明する価格上昇の根拠をじっくりと読んでみて、ぜひビットコイン投資に取り組んでいただきたいと感じます。

 

4年スパンでバブルが訪れている

ビットコインは約4年の周期で高騰する、いわゆる「バブル」が到来すると言われています。

 

近年で見れば、2013年と2017年。

そして今まさにバブルが到来しはじめています。

 

それまでのビットコインは、みなさんもご存じの通り、仮想通貨自体がそれほど知名度がありませんでした。

 

2010年にフロリダでピザ2枚を1万BTCで支払ったということが有名になっていますが、価値を換算するとこの時点で1BTCで約0.2円ほどであると言われています。

 

その2年後の2012年にはアメリカの経済紙「TIME」に特集が組まれたことがきっかけになり1BTCが約1,500円まで上昇を見せ、世界中で注目される通貨となりました。

 

2013年に入ると中国の企業「百度(バイドゥ)」がBTC決済を導入したことにより1BTCが一気に約15,000円まで上昇、その後NHKで特集されたことによって約12万円まで高騰しました。

 

その後、有名な仮想通貨取引所でビットコインの盗難被害にあうなどの報道によって価格は低迷するのですが、2017年には日本国内でも注目されはじめます。

 

アメリカの先物取引所がビットコインの先物取引を開始したことによって高騰を見せ、一次1BTCが約200万円を超えています。

 

2018年からは価格が下りはじめ、2020年3月には新型コロナウイルスの影響もあり約52万円まで下落しますが、12月には200万円を超え「4年に一度のバブルが来た!」と注目されているのです。

 

いかがでしょう。

 

このような価格変動のスパンがあることから、中長期で資産運用するには適していると考えられているのです。

 

バブルについての解説はこちらの記事です。

関連記事

たいきちです。   ビットコイン投資の世界においては「2021年は再びバブルの到来」と考えられています。ビットコインの高騰が4年周期でやってくると言われているからです。   この記事を読んでいるみ[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

「S2Fモデル」では2021年には10万ドルを予想!

「S2Fモデル」とは「ストック・フロー」の略であり、PlanBが考案した仮想通貨の価格予想モデルのことを言います。

 

ストック・フローとは、市場に存在する量(ストック)を年間生産量(フロー)で除して計算する方法であり、もともと金や銀などの貴金属の価値を数値化するために用いられているモデルとなっています。

 

考案者であるPlanBによると、2021年にはビットコインバブルが到来すると予想しており、その価格は1BTCで10万ドル(約1000万円)を超えるとまで断言しているのです。

 

2020年12月現在で高騰を続けており、200万円を超える勢いを見せていることから、このモデルの信憑性についても高まっています。

 

S2Fモデルはビットコインの供給量によって長期的な評価を行うものであり、時間の経過によって供給量が少なくなることによって価値が高まると考えます。

 

ビットコインは無限に生産されるものではなく、年間に供給される量は多くなく、しかも上限値が設定されています。

 

金や銀などをみると、希少性が高いことから生産される量も少ないので、価格が崩れてしまうことはありません。

 

ビットコインはこれら希少価値の高い貴金属などと同じような性質を持っていますので、今後さらに上昇が期待されているのです。

 

PlanBの価格上昇説の解説はこちらです。

関連記事

たいきちです。あなたはご存知でしょうか。   PlanBが考案した「S2Fモデル」によるビットコインの価格予想モデルが注目されています。   このS2Fモデルは「Bitcoin Stock-to-[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

・企業・機関投資家が参入し高騰を主導している

ここ最近のビットコインの高騰は、企業や機関投資家が参入して、巨額の資金を投入していることが明るみになっています。

 

ブロックチェーン分析のアナリストであるPhilip Gradwell (フィリップ・グラッドウェル)は、1000BTC以上を有するウォレットが増えていることを発表しています。

 

2020年に入り15%以上も上昇していることから、大口投資家が増えていることは間違いなく、実際、多くの上場企業がビットコイン投資に参入している事実があります。

 

そのような状況からビットコインは、2020年に入り高騰を続けています。

 

さらに企業や機関投資家が買い増しを続けていくかについては動向を見守る必要がありますが、ビットコイン残高が大幅に現象を見せていますのでさらに高い保有心理が働く可能性があります。

 

そのため、今後も引き続き上昇を見せる可能性が高いと言われているのです。

 

ビットコインETFが上場承認される可能性

「ビットコインETF」とは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)の略であり、ビットコインで運用されるファンドのことを指しています。

 

いま注目されているのが「ビットコインETF」の上場承認。

 

今後、ビットコインETFが上場承認されるとなると、手軽に投資できる環境が整いますので、ビットコイン投資を始める人が全世界で増えることになります。

 

より公正な取引ができるようになりますので株式などと同じように透明度が高まりますし、機関投資家だけではなく、一般の個人投資家も多くなるでしょう。

 

ほかの金融商品と同じようにビットコインが上場承認されると、株式市場のように市場の動きにあわせてリアルタイムで売買することが可能となります。

 

ちなみに上場されていない投資信託の場合、購入価格は1日1回だけ算出されている価額によって決定します。

 

売却する場合、いつでも売却することができずに、さまざまな成約を受けるものとなっています。

 

ビットコインETFは2017年にSEC(米国証券取引委員会)に申請されていますが却下されており、2018年には2度目の申請が行われています。

 

いったん承認は見送りと発表されましたが、再審査を行うとコメントされ現時点では最終決定は延期されています。

 

ただ承認審査において肯定的な意見も示されているなど、上場の可能性は残されていると言えます。

 

 

まとめ~お金に余裕が出てきたらビットコイン投資がおすすめ

 

ビットコイン投資について詳しくお伝えしました。

 

冒頭からお伝えしている通り、ビットコインは今、上昇トレンドを迎えており、2020年12月現在で1BTCが約200万円、海外の金融アナリストからは10万ドル(約1000万円)も期待できると注目されているのです。

 

4年に一度来ると言われている高騰の波は2021年に到来すると言われています。

 

上記でお伝えした価格上昇の根拠の通り、すでにその兆候は十分現れていることが理解できたのではないでしょうか。

 

投資を始めたいと考えているのであれば、ビットコイン投資を始めてみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事ではおすすめの取引所を紹介しています。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   ここでは、ビットコイン投資を実際に行う手順と購入方法をはじめとして、どのような投資方法で取り組めば効率よく資産運用できるのかご紹介していきます。   2020年のビ[…]

たいきちのアイキャッチ画像
人気商品