30代ITエンジニアの資産運用のすすめ~仮想通貨・ビットコインの将来性について解説

こんにちは。たいきちです。

 

30代になると、ライフスタイルにも大きな変化が現れます。そのため投資に興味を持つという方がとても多くなるのです。

 

職場においては、責任のある役職に就いたり、部下を束ねるようなリーダー的な役割を求められるようになります。

 

同時に家庭においては、子供の出産や育児、住宅の購入など、今までの生活とは大幅に変化することも多いでしょう。

 

収入も増える頃ではありますが、同時に将来を考えたときに、さまざまな資金が必要となることも分かります。

 

複雑な社会背景もあることから、投資を始める年齢層をみていると、30代と答えた方が最も多くなっています。

 

老後の2000万円問題といった報道で社会を揺るがしましたが、働けるときにしっかりと貯蓄をしていきたいとも考えるのではないでしょうか。

 

ここでは、はじめて投資に取り組む方のために、資産運用のすすめと何かと注目されている仮想通貨による資産運用についてお伝えしていきます。

 

 

30代の資産運用のすすめ

 

30代になれば積極的に資産運用を行うことをおすすめします。

 

それは、30代になると収入が多くなるものの、数多くのライフイベントなどによって、多くの出費が必要となったり、将来に対する不安が起きる頃だからです。

 

特に、銀行口座に貯金が塩漬けされたままになっていることが多くありますから、資産運用に取り組むようにして、将来の不安を軽減させることが大切です。

 

投資を始める時期は30代が丁度いい!その理由

30代で投資を始めることには、大きなメリットがたくさんあります。

 

投資と言っても、とても多くの種類のものが存在します。

 

株や投資信託、不動産、仮想通貨など、さまざまです。

 

どの投資方法も一長一短がありますが、共通して言えることは「ほったらかしておけば儲けられる」という安易なものではないということ。

 

しかし、早くから投資を使用とすると、どうしても運用面ばかりに目がいきがちで、きちんとリスクについて理解せずに始めてしまう方が多いのです。

 

そこで失敗をしてしまうと、大きな損出を出してしまうことになり、強制的に離脱しなければならない状況となってしまうのです。

 

ただ、30代にもなると社会の中での経験や知識も備わってきて、しっかりとリスクについても理解しながら投資に取り組もうとします。

 

つまり、失敗するリスクが少なくなり、運用に成功する可能性が高くなるのです。

 

不安を感じつつも行動しないままの人が多い

投資に興味があったり、その必要性を感じていたり、将来に対する不安を感じているとしても、実際には行動に移さない方がとても多いのが現状です。

 

恐らく、30代の大多数は、将来に対して何らかの不安を感じているでしょう。

 

しかしその半面で、しっかりと将来設計をして、対策や準備をしているという方はどれくらいおられるでしょうか。

 

かなり少なくなるのではないかと考えられます。

 

実際、銀行口座に預けっぱなしになっているという方がほとんどではないでしょうか。

 

銀行に預けっぱなしはタンス預金と同じ

大手メガバンクである「みずほ銀行」では、普通預金がなんと0.001%、定期預金(スーパー定期、1年のもの)で0.002%となっています(2020年12月現在の金利)。

 

仮に100万円預けているとしても、普通預金での金利は1,000円、定期預金でも2,000円にしかならないのです。

 

これではタンス預金と同じです。

 

今後、銀行によっては紙の通帳には手数料を1000円程度徴収するといった取り組みも行われようとしています。

 

銀行口座にも手数料がかかる時代がやってきますので、やはり積極的な運用を検討しておくべきでしょう。

 

近年は仮想通貨のパフォーマンスが最も高く、セミリタイアも夢ではありません。

 

仮想通貨の業界はどうなっているの?安全性は?

 

仮想通貨は、新しい投資対象として注目されており、実際に運用を始める方が多くなっています。

 

ただ、これから投資を始める方にとっては、「大丈夫?」「リスクは?」と気になることも多いのではないでしょうか。

 

そこでここでは、仮想通貨業界はどのような状況なのか、仮想通貨を投資対象とすることができるのかどうかお伝えしていきます。

 

仮想通貨業界全般はどうなっているの

仮想通貨は今や世界中に数千種類のものが存在していると言われています。

 

「通貨」とは呼ばれているものの、本当に通貨としての価値があるのかどうか、不安に感じる方も少なくないでしょう。

 

ただし、仮想通貨の中で特にメジャーな通貨については、今後、決済方法に含まれるなど、普及が進むことが予想されています。

 

アメリカやイギリスなどの大手投資ファンドにおいては、仮想通貨の現状や将来についての考察を次々に発表し、今後、価値が急騰する可能性について言及しています。(※参考:米国の調査会社ファンドストラット「Fundstrat」、英大手ファンドCoinshares「CRYPTO TRENDS REPORT」)

 

そのような中で、大手金融機関との連携についても注目されています。

 

仮想通貨は決済スピードが早く、手数料も不要になることから、銀行間決済に仮想通貨が導入されるとなれば投資対象としてもさらに注目されるでしょう。

 

仮想通貨はそもそも安全なの?

「仮想通貨はそもそも安全なの?」と不安視している方も少なくないでしょう。

 

仮想通貨とはブロックチェーン技術を用いた「暗号通貨」と呼ばれるもので、通常の通貨のように実態はありません。

 

取引履歴のことをブロックと言い、それを鎖のように繋いだものを「ブロックチェーン」と呼んでいます。

 

私たちが普段使っている通貨は政府によって管理されているものですが、仮想通貨はそのような管理主体を持っておりません。

 

管理主体がないことによって不安に感じる方は多いのですが、ブロックチェーンに用いられている暗号技術は高い安全性を保っています。

 

数ある仮想通貨の中でもビットコインは円やドルなどと同じように、通貨として経済活動を円滑にするために作られたものです。

 

管理主体がないために世界で統一の通貨として活用することができ、利便性がとても高いために、通貨として活用されるシーンが増えているのです。

 

 

ビットコインの将来性について解説~投資対象としての魅力

 

上記でお伝えした通り、ビットコインは円やドルなどと同じ通貨として活用できるように作られたものですが、投資対象としての価値感が高まっていると言えます。

 

それはビットコインの供給量が2100万BTC(BTCとはビットコインの単位)に固定されるようにプログラミングされているからです。

 

現在の供給量は1800万BTCを超えたあたりになっており、少しずつ発行上限に迫っていると言えます。

 

つまり金(ゴールド)などと同じように、「希少価値が高い」と考えられていることから、安全資産となると言われているのです。

 

さらに投資対象としての魅力は、価格変動率が高いことにあります。価格が上昇することによって、それだけ多くの利益を獲得することができます。

 

この記事を執筆している当日と1か月前の1BTCの価格の推移をご覧ください。

 

2,014,309.03円(2020年12月15日)

1,671,723.63円(2020年11月15日)

 

この数字を見てもお分かりの通り、わずか1か月で30万円以上も値上がりしていることが分かります。

 

投資対象としての魅力の高さも実感できるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

30代に向けて、資産運用のすすめをお伝えしてきました。

 

ライフスタイルに大きな変化が現れる時期ですから、これからは少しずつ投資に取り組んでいくことをおすすめします。

 

魅力のある投資対象として仮想通貨を取り上げさせていただきました。

 

仮想通貨の中でも特に投資対象に考えられているビットコインは、世界中で最もメジャーな仮想通貨であると言え、多くの金融アナリストなどに注目されています。

 

これからはじめて投資に取り組む方なのであれば、じっくりとビットコインによる資産運用に取り組んでみてください。

 

関連記事

たいきちです。お金に余裕が出てきたら絶対にやるべきです。   仮想通貨の中でも、もっとも知名度の高い通貨と言えば「ビットコイン」を挙げることができるでしょう。   それほど仮想通貨について知られて[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

 

もし、あまりリスクを取りたくないのであればこちらの記事を参照してください。資産運用はやった方が良いです。もともと薬剤師向けに書いた記事ですが、他の方でも参考になると思います。

関連記事

「将来や老後になんとなく不安があるけれど、どう備えればいいかわからない」 「投資や資産運用をしてみたいけれど、損したりしないか不安」 薬剤師は比較的安定している職業とされていますが、今の時代、このような疑問や不安を持つ方も多いのでは[…]

たいきちのアイキャッチ画像