bitFlyerの使い方は超簡単!?初心者におすすめの仮想通貨取引所

こんにちは。たいきちです。

 

これから仮想通貨をはじめるにあたり、いくつかの取引所が気になっているはずです。

 

そのなかでも、もっとも人気があるのがbitFlyerではないでしょうか。

 

bitFlyer
 

  • bitFlyerの使い方をレクチャー
  • bitFlyerが利用されている理由

 

そこで今回は、bitFlyerの使い方を中心にお話しをしますので、参考にしてみてください。

 

bitFlyerとは?

 

日本国内には、たくさんの仮想通貨取引所がありますが、非常に人気のあるbitFlyerについて知っておけば利用したいと思うはずです。

 

bitFlyerとは、2014年に創業された仮想通貨取引所のことを指します。

 

創業から長い間、1回もハッキングをされていない優良な仮想通貨取引所ということもあり、多くの新規ユーザーが登録しています。

 

また、大手企業が株主として台頭しているため、どこよりも安心できる会社でもあります。

 

たとえば、SMBCベンチャーキャピタルやみずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、リクルート、第一生命など、超が付くほど大手企業やグループ会社が株主になっています。

 

また、bitFlyerは初心者に優しい作りになっていることから、インターネットに弱くても操作に迷うことはないと断言できます。

 

bitFlyerの詳しい使い方について

 

bitFlyerをはじめて利用する人であれば、操作は難しいのではないか、初心者には無理ではないのかを考えてしまうものです。

 

結論から言いますと、bitFlyerこそ初心者に使ってほしい仮想通貨取引所と言えます。

 

なぜならbitFlyerは、投資はもちろん仮想通貨の売買がはじめてな人でも簡単に利用できるような仕組みになっているからです。

 

しかし、bitFlyerを使いこなすにはどういうことができるのかを知っておかなければなりません。

 

bitFlyerには、取引所・販売所・bitFlyer Lightningの3つで売買ができます。

 

取引所

 

基本的に、仮想通貨の売買を運営している会社には、取引所と販売所の2つが用意されています。

 

一見、どちらも同じでは、と思ってしまいますが実は全然違います。

 

仮想通貨取引所とは、ユーザー同士で仮想通貨の売買を行うサービスのことを指します。

 

たとえば、ビットコインを保有しているユーザーが、1ビットコインを100万円で売りたいと思ったら、その数値を設定します。

 

100万円のレートを見て、買いたいと思ったユーザーが実際に購入することで売買が成立します。

 

正直なところ、仮想通貨の相場観を知らないと高く買ってしまったり安く売ってしまったりするため、初心者にはおすすめできない方法と言えます。

 

また、bitFlyer取引所の取り扱い通貨はビットコインのみです。

 

販売所

 

初心者が利用するべき場所はbitFlyerの販売所です。

 

なぜなら、販売所はbitFlyer社が決めたレートで売買できるからです。

 

bitFlyerのアプリを開きますと、たくさんの仮想通貨が見られるはずです。

 

各仮想通貨の出現しているレートが、現在購入できる価格ですから一目見て分かるというメリットがあります。

 

また、取引所ではビットコインしかありませんが、販売所ではたくさんの通貨が売買できます。

 

  • ビットコイン
  • リップル
  • イーサ
  • テゾス
  • ステラルーメン
  • ネム
  • バット
  • イーサクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • リスク

 

ビットコインを含む、人気の通貨やアルトコインと呼ばれるこれからのびる仮想通貨まで種類が豊富です。

 

ビットコインは価値があがりすぎて、初心者には手がだしにくいですがそれ以外の通貨ですとかなり安いため、今からでも新規参入できます。

 

bitFlyer Lightning

 

販売所や取引所とはまったく異なるサービスがあります。

 

それは、bitFlyer Lightningです。

 

bitFlyer Lightningとは、FXや先物取引ができる場所のことを指します。

 

さまざまな方法で取引できるという特徴がありますが、bitFlyer Lightningはかなりの上級者向けですから、初心者は利用するべきところではありません。

 

取引所や販売所での売買に慣れてきて、仮想通貨の流れをくみ取ったときにはじめて利用するべきと言えます。

 

bitFlyerの入金方法

 

bitFlyerで仮想通貨の売買をする際には、入金をしなければなりません。

 

入金にはいくつかの方法があります。

 

銀行振込

 

一般的な入金方法として、銀行振込があげられます。

 

振込先は、三井住友銀行と住信SBIネット銀行の2通りから選択できます。

 

住信SBIネット銀行を利用する場合、振込人名義の入力方法は頭に5桁の指定された数字と名前のかな入力をしましょう。

 

振込手数料は、各銀行によって異なりますので、事前にチェックしておきましょう。

 

クイック入金

 

クイック入金とは、インターネットバンキングで入金することを指します。

 

インターネットバンキング経由ですから。24時間365日振込が可能です。

 

振込先が住信SBIネット銀行でしたら手数料は無料です。

 

イオン銀行や、その他ペイジー経由での入金の場合は330円の手数料が発生します。

 

ただし、原則即時反映されるため、はやく仮想通貨の売買をしたいのであればクイック入金がおすすめです。

 

bitFlyerで仮想通貨の売買方法

 

入金が終わりましたら、実際に仮想通貨の売買をしましょう。

 

今回は初心者向けに、販売所での売買方法をお伝えします。

 

まずは、bitFlyerのアプリを立ち上げてください。

 

すると、たくさんの仮想通貨が並んでいるはずです。

 

好きな通貨をタップ・クリックをすると、その通貨だけの画面に切り替わります。

 

そして、売る・買うの2択がありますので買うを選択しましょう。

 

購入したい金額を入力し、買い注文に進むをタップ・クリックしてください。

 

最後に、改めて金額の表示がされますので問題なければ、買い注文を確定するを選択しましょう。

 

これで、仮想通貨の買いが終了しました。

 

見るところや入力するところが、限りなく少ないため初心者でも操作ができるのはこういうことです。

 

bitFlyerの出金方法

 

bitFlyerである程度儲けがでれば、日本円に出金したいと思うものです。

 

bitFlyerのアプリ内に入出金という表記がありますので、タップ・クリックをしてください。

 

たとえば、日本円を出金する場合は日本円の出金を選択しましょう。

 

あとは、出金金額を入力すれば終了となります。

 

入金も出金もbitFlyerなら非常に簡単ですので、ぜひ登録してみてください。

 

bitFlyerの送金方法

 

日本円の入出金とは別に、送金という方法があります。

 

送金とは、所持している仮想通貨を日本円に変換せずに、そのまま指定先に送ることを指します。

 

たとえば、他の仮想通貨取引所に送ることもできますし、友人などに送ることも可能です。

 

たとえば、ビットコインを送金すると仮定します。

 

入出金からビットコインを選択し、出金をタップ、クリックしてください。

 

その際に、外部ビットコインアドレスを追加に進みラベルと、ビットコインアドレスを入力しましょう。

 

ラベルはある意味、メモのようなイメージですので好きな名前を付けられます。

 

送付先のアドレスを、ビットコインアドレス内に入力してください。

 

この際に、少しでもアドレスを間違えてしまうと相手に送金できないばかりか、どこかに消えてしまうので絶対にミスしてはいけません。

 

ですから、あらかじめ少額で送金してみて到着したのを確認してから大きな金額を送金するようにしましょう。

 

まとめ:bitFlyerの使い方はとても簡単で初心者向きと言える

 

これから仮想通貨をしたい、投資をしたいとお考えの場合、どうしてもアプリの操作性やチャートの読みづらさが懸念されるものです。

 

ですが、bitFlyerであればその心配はまったく心配ないと言えます。

 

  • bitFlyerの操作は簡単
  • bitFlyerは説明書がなくても直感で進められる

 

みなさんもぜひ、bitFlyerに口座開設をしてみることをおすすめします。

 

きっと仮想通貨の楽しさを知ることしょう。

 

bitFlyer
こちらの記事も御覧ください。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   これから仮想通貨をはじめる場合、有名な取引所の利用を検討されるはずです。   それは、bitFlyerではないでしょうか。   国内の仮想通貨[…]

たいきちのアイキャッチ画像