Coincheckのスプレッドは高い?安い?他社と比較してお得なのかどうかを調査

こんにちは。たいきちです。

 

これから仮想通貨をはじめるにあたり、いくつか気になることがあります。

 

たとえば、各取引所の取り扱い通貨の種類や手数料などが該当します。

 

ですが、それ以外にも気にしないといけないことがあります。

 

それはスプレッドです。

 

  • スプレッドの基本情報
  • Coincheckのスプレッド事情

 

そこで今回は、Coincheckのスプレッドについて調査してみましたので、参考にしてみてください。

 

人気商品

そもそもスプレッドとは?

 

今まで投資をしたことがない人ですと、スプレッドという言葉を聞いたことがないかもしれません。

 

スプレッドとは簡単に言いますと、買値と売値の差額のことを指します。

 

もともとは、FXなどでよく利用されていましたが、仮想通貨にもスプレッドという概念が採用されています。

 

たとえば、Coincheckでビットコインの売却と購入のレートを比較してみれば一目瞭然です。

 

おなじビットコインなのに、どちらも大きく金額が異なることに気づくはずです。

 

ビットコインの購入価格が380万円だったとします。

 

同じタイミングでビットコインの売却を見ますと、350万円でしたので、スプレッドの差はおよそ30万円です。

 

つまり、380万円でビットコインを購入して、その瞬間に売却したら30万円の損をするということです。

 

購入した金額よりも、売却する値段が上回らないと利益としては残せません。

 

仮想通貨販売所別スプレッドの違いについて

 

少しでも利益を出すためには、スプレッドの差がとても大切です。

 

実は、スプレッドの差は仮想通貨販売所によって異なります。

 

今回は、初心者向けに分かりやすく差額の金額で出してみた。(時期によってスプレッドは異なります)

 

ビットコイン

 

  • Coincheck・・・約22万円
  • bitFlyer・・・約11万円
  • Zaif・・・約38万円

 

3社で比較しますと、ビットコインのスプレッドの幅は極端に異なることがわかります。

 

bitFlyerのスプレッドの差が11万円に対し、Zaifでは38万円の差があります。

 

もちろん、業者によって手数料の有無がありますので一概に言えませんが、これだけの差があると、しっかり比較して利用するべきと言えます。

 

イーサリアム

 

  • Coincheck・・・10,430円
  • bitFlyer・・・6,971円
  • Zaif・・・13,938円

 

ビットコインと違い、イーサリアムはもともとの価格が低いため、スプレッドの幅はそこまで大きくないかもしれません。

 

ですが、スプレッドの幅が狭くなればなるほど利益が望めますので軽視してはいけません。

 

ネム

 

  • Coincheck・・・2.678円
  • bitFlyer・・・0.814円
  • Zaif・・・2.196円

 

ネムで比較しますと、スプレッドの幅が狭いのはbitFlyerでした。

 

たかが1円程度の差ではありますが、もともと小さな単価で動いている仮想通貨は1円上がるだけでも大変なので、大きな差があるということを知っておきましょう。

 

モナコイン

 

  • Coincheck・・・18.96円
  • bitFlyer・・・12.144円
  • Zaif・・・34.8円

 

国産の仮想通貨と言えばモナコインです。

 

モナコインのスプレッドの幅が一番狭いのは、やはりbitFlyerでした。

 

また、トータルで見でスプレッドの幅が広いのはZaifでした。

 

ただし、どの仮想通貨もそうですがスプレッドの幅だけではなく、手数料などを考慮して取引することをおすすめします。

 

Coincheckのスプレッドの問題を解決する方法

 

Coincheckはスプレッドの幅がそこまで大きくはないものの、bitFlyeyに負け越している感じは否めません。

 

そこで、スプレッドの問題を解決する方法についてお話しします。

 

販売所ではなく取引所を使う

 

もし、スプレッドの幅が気になるのでしたら、販売所経由ではなく取引所での売買をおすすめします。

 

販売所は、Coincheckなどの会社が決めたレートで売買しますが、取引所はユーザー同士で価格を決めて売買するという特徴があります。

 

つまり、自分でこの価格で購入したい、売却したいという数字の設定ができるため、スプレッドの幅が気になりにくいという特徴があります。

 

ですが、基本的に取引所は中上級者向けのため、初心者は無理のない取引をするようにしましょう。

 

スプレッドは気にしない

 

仮想通貨はFXとは違い、価値がどんどん上がっていっています。

 

ですから、そこまでスプレッドを気にする必要はないかもしれません。

 

仮にビットコインのように10万単位のスプレッドの幅があったとしても、1日や2日でそれ以上の暴騰が多々ありますので、わずかの期間で利益を獲得できます。

 

もちろん、スプレッドの幅は重要ですが、あまりにも気にしてしまい売買のタイミングを逃しては元も子もありません。

 

 

複数の仮想通貨販売所を利用すること

 

やはり、スプレッドの幅を気にするのであれば、複数の仮想通貨販売所に登録しておくべきと言えます。

 

なぜなら、通貨によってそれぞれスプレッドの幅が異なるからです。

 

A社ではビットコインのスプレッドの幅が狭いのに、B社では広い、なんてことがあるため比較するためにも複数の仮想通貨販売所に登録しておきましょう。

 

仮想通貨販売所はたくさんありますが、メジャーどころのCoincheckやbitFlyerがおすすめです。

 

Coincheckの口座開設に関連する記事はこちら

関連記事

こんにちは。たいきちです。   これから仮想通貨をはじめる場合、いくつかの仮想通貨取引所が候補にあがることでしょう。   そのなかでも人気なのが、Coincheck(コインチェック)です。 […]

たいきちのアイキャッチ画像

 

bitFlyerの口座開設に関連する記事はこちら

関連記事

こんにちは。たいきちです。   これから仮想通貨をはじめる場合、有名な取引所の利用を検討されるはずです。   それは、bitFlyerではないでしょうか。   国内の仮想通貨[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

Coincheckのスプレッド以外なら手数料も大切

 

Coincheckのスプレッドはとても大切ですが、それ以外にも気にしないといけないことがあります。

 

それは各手数料です。

 

スプレッドの幅が狭くても、手数料が高ければ損をしますので、知っておいて損はありません。

 

Coincheckに入出金する際には、いくらかの手数料が発生します。

 

銀行振込

 

Coincheckでは、振込に関する手数料は無料となっています。

 

ですが、一般的に発生する振込手数料はかかってしまいます。

 

Coincheckの振込先は、GMOあおぞらネット銀行か、住信SBIネット銀行の2通りから選択できます。

 

同じ銀行同士であれば、振込手数料が無料などがありますため、うまく利用しましょう。

 

コンビニ入金

 

コンビニ入金の場合は、

 

3万円未満であれば770円、3万円以上30万円以下であれば1,018円の手数料が発生します。

 

3万円未満でも770円の手数料と、わりと高めに設定されているため、頻繁に振込するのはやめておくべきと言えます。

 

なぜなら、振込をすればするほど手数料が発生するからです。

 

せっかく仮想通貨で利益がでていても、手数料で圧縮しているようでは意味がなくなります。

 

クイック入金

 

クイック入金は、ネットバンキングを利用した24時間365日対応可能なサービスです。

 

入金手数料は、3万円未満で770円、3万円以上50万円未満なら1,018円です。

 

さらに50万円以上なら、入金金額×0.11%+495円の手数料が発生します。

 

コンビニ入金やクイック入金は少しでも手数料が発生しますが、銀行振込をうまく利用すれば、最小限に抑えられます。

 

日本円出金

 

仮想通貨で利益がでれば、日本円で出金したいと思うときがやってくるはずです。

 

日本円の出金は、金額問わずに407円の手数料が発生します。

 

つまり、やり方によっては入金と出金の両方に手数料が発生するため、その金額を見込んで投資をする必要があります。

 

なぜなら、仮に1,000円の利益があったとしても、それ以上に入出金手数料がかかるようでは、実質の儲けがゼロどころかマイナスになるからです。

 

まとめ:Coincheckやほかの仮想通貨販売所でスプレッドの比較をしよう

 

Coincheckとほかの仮想通貨販売所のスプレッドを比較すると、少しハンディがあるように感じられます。

 

  • Coincheckのスプレッドの幅は広くもなく狭くもない
  • Coincheckとその他仮想通貨販売所を併用する

 

ですが、Coincheckにしかない通貨があるため、複数の仮想通貨販売所に登録して、うまく利用することをおすすめします。

 

また、積み立て機能や、ビットコインが付与されるでんき・ガス支払い機能があります。

 

関連記事

こんにちは。たいきちです。   これから資産を増やしていきたい、でもできればリスクなく進めたいと思う人は非常に多いのではないでしょうか。   かと言って、定期預金などは利息が安すぎるため期待できま[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

みなさんもぜひ、Coincheckをはじめその他仮想通貨販売所でスプレッドを比較してみはいかがでしょうか。

人気商品