仮想通貨レンディングサービスの使い方や特徴・メリットを紹介

こんにちは。たいきちです。

 

「仮想通貨で利益を生み出す方法は売買だけではない」って知っていましたか?

 

今回は、仮想通貨を預けて利息を得られる「仮想通貨レンディングサービス」について紹介していきます。

 

「仮想通貨をただ保有しているだけ」の方はぜひチェックしてみてください。

 

人気商品

仮想通貨のレンディングサービスとは

 

そもそも「レンディング」とは、「貸出」を意味しますが、仮想通貨におけるレンディングサービスとは、

 

「自身の保有する仮想通貨を貸し出して、その分の利息を得られるサービス」

 

というように表すことが出来ます。

 

通常の仮想通貨取引とは異なり、「売買する必要はなく、貸しだすことで利益を得られる」のが大きな特徴です。

 

仮想通貨のレンディングの仕組み

 

そんな仮想通貨のレンディングですが、いったいどのような仕組みで利益を得られるのでしょう。

 

一言で言えば「通貨を貸し出して利息を得る」というものですが、具体的な流れとしては、

 

  1. 貸し手は仮想通貨を取引所に一定の期間貸し出す
  2. 取引所はその通貨を更に別の人に貸し出し、利息を受け取る
  3. 期間満了後、取引所から利息を含めた通貨が貸し手に返却される

 

このようなイメージを持っておくといいです。

 

仮想通貨レンディングサービスの使い方・始め方

 

仮想通貨レンディングサービスは、以下のような流れで利用していきます。

 

  • 取引所で口座開設をする
  • 仮想通貨を購入する
  • レンディングを行う

 

細かいプロセスは取引所によって微妙に異なるかもしれませんが、大まかな流れはどこの取引所でも同様です。

 

1つ1つ確認していきましょう。

 

① レンディングを行っている取引所で口座開設をする

 

まずは、仮想通貨レンディングサービスが利用できる取引所に登録を行いましょう。

 

おすすめのレンディング取引所は後にも紹介しますが、

 

 

の2つは利率・安全性の高さ共に優秀ですので、迷ったらどちらかを利用するといいです。

 

それぞれの公式ページ(CoincheckBlockFi)より、口座開設を進めていきましょう。

 

口座開設自体は簡単で、基本的に以下の3ステップで完了するものが多いです。

 

  • アカウント登録
  • 本人確認書類の提出
  • 審査結果の通知

 

レンディングサービスを利用するため、まずはレンディングが行える取引所への登録を行いましょう。

 

関連記事

こんにちは。たいきちです。   これから仮想通貨をはじめる場合、いくつかの仮想通貨取引所が候補にあがることでしょう。   そのなかでも人気なのが、Coincheck(コインチェック)です。 […]

たいきちのアイキャッチ画像

 

関連記事

BlockFiとは BlockFiは高金利の暗号資産の銀行である。自分の暗号資産を預けているだけで最大8.6%もの金利がつく。これは日本の普通預金の8600倍である。すでに取引所で暗号資産を購入しているならば知っておいた方が良いだろう。B[…]

 

② 仮想通貨を購入する

 

仮想通貨のレンディングを行うためには、当然ですが仮想通貨を保有していなくてはなりません。

 

よって、もし現在仮想通貨を保有していないのであれば、通貨を購入しておきましょう。

 

Coincheckでは日本円で仮想通貨を購入できますが、BlockFiは日本円を使えないので、まず日本の仮想通貨取引所に登録し、そちらで仮想通貨を購入してからBlockFiへ送金する必要があります。

 

つまり場合によっては、

 

・仮想通貨を購入するための取引所(CoincheckbitFlyerなど)
・レンディングを行うための取引所(CoincheckBlockFi

 

の最大2つの取引所に登録する必要があるということです。

 

もし特にこだわりがなければ、ビットコインの取引手数料が無料である「Coincheck」で仮想通貨を購入するのがおすすめです。

 

③ レンディングを行う

 

「貸し出すための仮想通貨の用意」と「レンディングを行う取引所への登録」が完了したら、レンディングサービスを利用していきます。

 

この際考慮すべきは、「貸出期間」と「貸出量」。

 

この2点によって得られる利息は異なってきますので、「貸出中は売却できない」というリスクを踏まえたうえで、貸出を行いましょう。

 

仮想通貨レンディングサービスのメリット

 

ここまで仮想通貨レンディングの流れを紹介してきましたが、仮想通貨レンディングには以下3点のメリットがあります。

 

  • 利率が高い
  • 取引スキルへの依存度が低い
  • 値動きを気にしなくていい

 

通常の仮想通貨取引と比較した場合、どういったメリットがあるかを詳しくチェックていきしましょう。

 

利率が高い

 

まず仮想通貨レンディングのメリットとして、「利率が高い」点が挙げられます。

 

というのも、通常仮想通貨は「ただ保有しているだけの期間」で利益を得ることができません。

 

しかし仮想通貨レンディングであれば、その「保有しているだけの期間」もお金に換える事が可能。

 

しかも仮想通貨レンディングは1~9%と高利率(年)のモノが多いため、ウォレットや銀行にただ資産を眠らせているよりも、効果的に資産運用を行えるのです。

 

取引スキルへの依存度が低い

 

続いて、仮想通貨レンディングには「取引スキルへの依存度が低い」というメリットもあります。

 

というのも、仮想通貨取引と一口にいっても以下の様に様々な手法があり、

 

  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 長期保有
  • スキャルピング

 

どの手法を用いてトレードを行うか、どういった判断を下すかによって、得られる利益は大きく異なってくるのです。

 

最悪の場合判断ミスで損に繋がってしまうこともあり得るでしょう。

 

しかし仮想通貨レンディングは、「ただ仮想通貨を預けるだけ」で利益が得られます。

 

トレードの手法の中でも比較的難易度が低い「長期保有」と相性がいいこともあり、仮想通貨取引初心者の方にとっては、非常に使いやすいサービスだといえるでしょう。

 

値動きを気にしなくていい

 

最後に、仮想通貨レンディングは「値動きを気にしなくていい」というメリットもあります。

 

例えば、もし取引手法として「長期保有」を選択しているとしても、

 

  • 「値動きが気になって寝れない…」
  • 「最適なタイミングで売りに出したい」

 

というように、仮想通貨相場を常に心配してしまう方もいるでしょう。

 

 

場合によっては焦ってしまい、早いタイミングで売りに出してしまうケースもあるのではないでしょうか。

 

しかし、レンディング中は仮想通貨が手元にないため、どれだけ心配しても無駄です。

 

よって、仮想通貨レンディングでは

 

「メンタル面で左右されず、貸出期間中は強制的に長期保有できる」

 

というメリットを得ることができるのです。

 

仮想通貨レンディングサービスのデメリット

 

メリットを紹介しましたが、仮想通貨レンディングサービスには以下のようなデメリットもあります。

 

  • 途中解約時に手数料が発生する取引所もある
  • 値動きに対応できないリスクがある
  • 取引所が倒産するリスクもある

 

それぞれ紹介していきますので、悪い面もしっかり押さえておきましょう。

 

途中解約が不可能な取引所もある

 

レンディングサービスが利用できる取引所の中では、「解約時に手数料が発生する」「途中解約が不可能」といった取引所もあります。

 

つまりこれは、「一度レンディングを開始してしまったら、期間が満了するのを待つしかない」ということ。

 

よって、もし「タイミングが来ればすぐ売りに出したい」と考えている人であれば、

 

  • 解約がそもそも不可能である
  • 解約手数料などペナルティが課される

 

といった点はデメリットとなってしまうでしょう。

 

値動きに対応できないリスクがある

 

途中解約が基本的に不可能な取引所も存在するため、仮想通貨レンディングは「急な値動きに対応できない」というリスクもあります。

 

レンディング中は、急に高騰した際に売りに出したり、逆に大きく下落した際に損切りをしたり、といったことができません。

 

長期でのトレードを考えていても、仮想通貨はどこでどう値動きするかは読み切れませんので、こちらのリスクは考慮しておく必要があるでしょう。

 

取引所が倒産するリスクもある

 

最後に、「レンディング先の取引所が倒産する」というリスクの存在も。

 

例えば、もしレンディング先の取引所が、

 

  • 無名の小さな取引所で、倒産リスクがある(グループ会社や大手でない)
  • 倒産した場合の補償等が規約に記載されていない

 

場合、貸し出した仮想通貨は帰ってこない、ということになります。

 

よって、仮想通貨レンディングを行う場合は、

 

  • 大手グループ会社の傘下など、信頼できる取引所を選ぶ
  • 補償等の規約を確認する

 

といった視点で取引所を選ぶことが大切です。

 

仮想通貨レンディングサービスが向いてる人

 

ここまでのメリットとデメリットを踏まえると、仮想通貨レンディングは以下に該当する人に適したサービスだと言えます。

 

  • 長期でのトレードを検討している方
  • 仮想通貨取引初心者で「よくわからないけどとりあえず保有しておこう」スタンスの方

 

短期トレードで利益を出せる程取引スキルをお持ちの方であれば、わざわざ通貨を預ける必要はないでしょう。

 

しかし、「取引スキルがない」「とりあえず長い目で保有している」という理由で、ただ仮想通貨を持っているだけのケースは非常に勿体ないといえます。

 

「預けるだけ」で利益を得ることができますので、該当する方はぜひ仮想通貨レンディングの利用を検討してみてくださいね。

 

仮想通貨レンディングサービスが利用できる取引所

 

「仮想通貨レンディングを利用したいけど、どの取引所を選べばいいんだろう?」

 

という方は、結論から言うと以下2つどちらかの取引所を選ぶのがおすすめです。

 

  Coincheck BlockFi
利率(年率)/貸借期間 ・1%/14日

・ 2%/30日

・3% /90日

・4%/180日

・5%/365日

・5%~9%/1日(通貨による)

・~2.5BTC:6%

・ETH:5.25%

 

利用手数料 無料 無料
途中解約 原則不可能 いつでも引き出しOK
対応通貨 12種類(BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、LSK、ETC、MONA、XEM、FCT、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ) 8種類

(BTC、ETH、LTC、PAX、GUSD、PAXG、USDC、Tether)

運営元の信頼性 ・親会社が東証一部上場企業のマネックス証券

・金融庁によって認可済み

・リクルートやコインベースが出資している

・金融庁によって認可済み

 

それぞれ詳細を紹介していきます。

 

Coincheck

 

マネックスグループの傘下である仮想通貨取引所「Coincheck」では、「貸仮想通貨サービス」を提供しています。

 

利率(年)は貸出期間によって異なり、最大5%の利息を得ることが可能です。

 

12種類もの仮想通貨に対応しているのが特徴で、IOSTやMONAなど「主要ではないけれど注目されているコイン」でもレンディングを行える点が評価できます。

 

途中解約は不可能ですが手数料は無料ですので、マイナーなコインを保有しているという方は、ぜひ「14日間」からレンディングを試してみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

こんにちは。たいきちです。   これから仮想通貨をしたいと思ったときに、真っ先に気になる取引所と言えばCoincheckではないでしょうか。   しかし、そうは言ってもはじめて利用する人からすれば[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

BlockFi

 

BlockFi」は、アメリカの「レンディングサービス専門のプラットフォーム」です。

 

リクルートやコインベース等、多くの有名企業から出資を受けており、1年で100億円の資金調達に成功したとのニュースも。

 

そんなBlockFiは貸出期間に制限がなく、いつでも引き出しが可能であるうえ、5%~9%の高利息での運用が可能となっています。

 

貸出可能な通貨は8種類とCoincheckよりはやや少なめですが、高利率といつでも引き出し可能である点は十分評価に値するでしょう。

 

関連記事

こんにちは。たいきちです。   「仮想通貨レンディングサービス」という言葉を耳にし、一体どのようなモノか概要や安全性が気になっていませんか?   本記事では以下の内容について紹介していきます。 […]

たいきちのアイキャッチ画像

 

参考:https://www.coindeskjapan.com/76021/

 

仮想通貨レンディングサービスまとめ

 

今回は仮想通貨レンディングサービスの使い方等を紹介してきました。

 

結論として、仮想通貨レンディングは以下のような方におすすめなサービスだといえます。

 

  • 長期でのトレードを検討している方
  • 仮想通貨取引初心者で「よくわからないけどとりあえず保有しておこう」スタンスの方

 

信頼のおける取引所である「Coincheck」は「14日」、そして「BlockFi」は「1日」から貸し出しを始められますので、少しでも気になる方は一度利用してみてくださいね。

 

取引スキルがなくとも、より効果的に資産を増やしていけるはずですよ。

人気商品