Dappとは?メリットやおすすめのDappを紹介

こんにちは。たいきちです。

 

ブロックチェーン技術をベースにしているスマートコントラクトやDappへの注目度は年々高まっており、これを活用した取引所を利用して仮想通貨取引をする人も増えています。

 

今回は、基本的なDappにまつわる概要や、利用のメリットについて紹介します。

 

Dappとは

 

Dappとは、「decentralized application=分散型アプリケーション」の略称であり、ビットコインやイーサリアムなどが代表的な例として挙げられます。

 

実際にどんな特徴があるのか、確認していきましょう。

 

管理者がいない

 

アプリケーションの管理者がいないのが、従来の中央集権型システムとの差です。

 

ユーザーが起こした行動に対し自動で処理がされるようシステム化されているので、管理者を置く必要がありません。

 

オープンソースで提供されている

 

取引や管理に関するソースコードが公開されており、システムはもちろん、過去の取引データに至るまでの全てが誰であっても確認できるようになっています。

 

取引の透明度を高くキープできるため、信頼性を重視したい人にもおすすめです。

 

Dappが生まれた経緯

 

Dappが生まれたきっかけとして、ブロックチェーン技術の発展が挙げられます。

 

それまでは1つの会社や運営元にデータやコードが集中し、会社の信用度によってユーザーが被害を受ける可能性がありました。

 

それに加え、管理元がハッキングされた時のダメージや、管理・維持に必要な人件費などのコストもデメリットとみなされていたのです。

 

それを解決したのが、ブロックチェーン技術やそれを応用したプラットフォームです。

 

取引の記録の1つのブロックに固めて保管することで、万が一の改ざんやハッキングがあっても前回の取引を参照しやすくなり、信憑性を高めるのに寄与しました。

 

また、偽造防止や暗号化にも貢献し、最終的に管理者不在・オープンソース提供のDappが活用できるようになったのです。

 

Dappによるメリット

 

次に、Dappが持つメリットについて解説していきます。

 

サーバー障害やネットワーク障害に強い

 

取引データを管理する機関がないため、サーバーメンテナンスの必要がありません。

そのため、ヒューマンエラーが原因のサーバー障害やネットワーク障害が起きず、24時間365日安定して使えるというメリットがあります。

 

管理者の信用性を考えなくて済む

 

世の中にあるさまざまなサービスを利用するためには、どんな会社がどんな理念の元で運営しているか調べ、比較・検討しながら提供会社を選んでいく必要があります。

 

一方Dappではこのような管理者がいないため、信用性を考えずに利用できます。

 

使い勝手や利便性についての口コミを調べてから使う人は多いですが、会社そのものについて考えなくて済むのは1つ手間が減るので大きなメリットとなるでしょう。

 

また、開発元の倒産や戦略転換などに振り回されることもありません。

 

データ改ざんのリスクが少ない

 

オープンソースで提供されているため取引の透明度が高く、誰でも取引データを検証できる立場にあります。

 

万が一詐欺など違法性が疑われる取引が起きても、問題の発見や解決に向けて動きやすく、再発防止しやすくなります。

 

Dappに貢献することで報酬がもらえる

 

Dappは管理者がいないというのがメリットではありますが、その分流動性やネットワークの健全性を保つために一般ユーザーに協力してもらう必要があります。

 

それに貢献した人に対し報酬を支払うシステムが採用されているため、収入の一端を担えるようになるのです。

 

仮想通貨市場における代表的な例では、流動性マイニングやイールドファーミングが挙げられます。流動性を提供することでトークンをいただき、それを現金や他の仮想通貨に還元することで収益を上げられます。

 

おすすめのDapp

 

では実際に、Dappを導入している取引所をいくつか紹介します。取引したい仮想通貨の銘柄に合わせて選択していきましょう。

 

Uniswap(ユニスワップ)

 

イーサリアムのブロックチェーンを介して仮想通貨取引ができる取引所です。

 

分散型取引所(DEX)としても知られ、秘密キーを自分で管理・運用することができるため、多額・大量の取引であってもスピーディーに決済できます。

 

Uniswapについて詳しくはこちらです。

 

関連記事

こんにちは。たいきちです。   Uniswap(ユニスワップ)という分散型取引所をご存知でしょうか。   イーサリアムに詳しい人であればメジャーな存在として馴染み深いかもしれませんが、それ以外の仮[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

Balancer(バランサー)

 

仮想通貨を自由な比率で組み合わせながらプールを作れるという特徴がある取引所です。

 

また、流動性マイニングやイールドファーミングの分野でも注目度が高く、通常の利息に加えてガバナンストークンの提供を行っています。

 

Curve(カーブ)

 

他の取引所と比較して交換手数料を安く抑えやすいのがCurve(カーブ)の特徴です。

 

ステーブルコインのみを扱っているため大きな取引があった際の価格変動も小さく、リスクをおさえなが仮想通貨取引や流動性マイニングを行いたい人に向いています。

 

Bancor Network (バンコール・ネットワーク)

 

取引手数料が無料であり、手軽に利用しやすい取引所として有名です。(トランザクション生成のための手数料は発生します)

 

イーサリアムブロックチェーンで使用されているERC20トークンにしか対応していませんが、バンコール・ネットワーク上で独自トークンを発行できるというメリットもあります。

 

Dappまとめ

 

Dappは仮想通貨市場に限らず、データ管理・共有サービスなどでも使用されています。

 

既存の考え方や手法を大きく変えられるシステムですので、今後更に発展していくのではないでしょうか。

 

最新の情報をチェックし、より効率的で安全な仮想通貨取引を目指したいですね。