分散型金融(DeFi)とは?既存の金融との違いや特徴・メリットまとめ

こんにちは。たいきちです。

 

イーサリアム系の仮想通貨取引を行っていると、「分散型金融」という単語を耳にすることも多いのではないでしょうか。

 

 

なんとなく他の仮想通貨と違うことは知っていても、具体的な違いや特徴まではよくわかっていない、という声も耳にします。

 

今回はそんな分散型金融について、既存の金融との違いや特徴・メリットを解説します。

 

分散型金融とは

 

分散型金融とは、ネットワーク上に作られる金融システムのことを指します。通称DeFi(Decentralized Finance)とも呼ばれ、仮想通貨取引に限らず、証券・保険・デリバティブ・レンディング業界においても積極的に活用されています。

 

ブロックチェーン上に取引情報が記録されるという特徴があり、高い透明度と安全性が担保されているとして注目を浴びました。

 

2018年から搭乗したシステムではありますが、数年で巨大なマーケットを構築する程規模が拡大化しています。

 

既存の金融との違い

 

既存の金融と分散型金融が異なるポイントは、大きく分けて3つあります。

 

まず1つは、透明度の高さです。

 

既存の金融システムでは取引データや顧客データが金融機関や管理機関に集中していたのに対し、分散型金融システムでは全ての情報が公開されています。どこからどれだけの資産が移動したか分かりやすく、高い透明度が得られるようになりました。

 

2つ目に、資産管理者の違いです。

 

分散型金融システムでは個人ごとが自分の資産を管理できるようになっているため、第三者を介す必要がありません。金融機関や証券会社が倒産して資産を失うリスクもなく、人為的なミスの頻度や信頼性の高さを比較・検討せずとも済むようになりました。

 

3つ目に、国やエリアに縛られるかどうかという点も大きな違いです。

 

既存の金融システムであれば国ごとに中央銀行などの管理組織が必要でしたが、分散型金融システムはネットワーク上に構築されているため、インターネット環境さえあれば国やエリアの垣根なく取引することができます。

 

国だけではなく、身分・貧富・環境の違いによる影響も受けなくなるため、平等かつ公平性のある取引ができます。

 

イーサリアムで開発が進んだわけ

 

イーサリアムで分散型金融の開発・導入が進んだ理由として、スマートコントラクトを積極的に活用するよう舵取りを行ったことが挙げられます。

 

スマートコントラクトとは、取引をする際の契約締結や実行に自動プログラムを用いる仕組みのことを指します。

 

自動販売機で買い物をする際に毎回レジで人を介したり契約書を記入したりする必要がないように、特定のボタンを押せば(取引のプロセスを踏めば)自動で商品(仮想通貨)が手に入る、というシステムを採用しています。

 

ビットコインなど他の仮想通貨でもブロックチェーン技術を活用しているところまでは同様ですが、イーサリアムでは実際の売買・取引の際にこの機能を活用できるため、期間・手間・人件費を削減しながら仮想通貨取引ができるようになりました。

 

分散型金融の特徴

 

次に、分散型金融ならではの特徴について確認していきましょう。既存の金融との違いを改めて認識する際にも便利です。

 

取引の検証ができる

 

取引情報が開示されているため後からの検証がしやすく、取引の正当性を後から確認できます。不正があった際にも複数人が気づきやすく、公平で公正な金融システム作りに役立ちます。

 

自己責任で利用できる

 

資産管理者を置かないため、全ての資産を自分で管理できるようになります。

 

破綻や情報漏洩のリスクを低減できる大きなメリットでもありますが、秘密キーの紛失やハッキングによる被害が発生しても誰かが保証してくれるということがなく、自己責任が大きくなるのも特徴です。

 

高い透明度がある=高い安全性が保障されている、というわけではないため、一定のリテラシーが必要です。

 

取引の手間を短縮できる

 

あらかじめ取引のプロセスやルールがプログラミングされているため、取引や売買の際に手間を大きく短縮できます。

 

人の手を介さず自動化した取引ができるようになり、コストのかかるサーバも要らなくなりました。

 

手間のみならず、時間もコストも大きく削減できる手法だといえるでしょう。

 

分散型金融の例

 

では実際に、分散型金融システムと関係しているものとしてどのようなものが挙げられるのでしょうか。いくつか実例を紹介します。

 

分散型取引所

 

分散型取引所はDEX(Decentralized Exchange)とも呼ばれ、仮想通貨を売買する際に使用する取引所のことを指します。

 

取引で必要な秘密キーを自分で管理し、ユーザー同士が直接やり取りすることができます。

 

ステーブルコイン

 

ステーブルコインとは、価格が変動しない仮想通貨のことを指します。

 

仮想通貨というと一般的に「価格変動の波を予測しながら売買することで利益を出すもの」と理解されていますが、ステーブルコインのように安定した価格をキープしているものもあります。

 

ドルや円などの法定通貨を担保にしており、交換比率を一定にすることで安定性を確保しています。

 

セキュリティトークン

 

セキュリティトークンとはデジタル証券とも呼ばれ、ブロックチェーン技術を使ってデジタル化された有価証券のことを指します。

 

仮想通貨のみならず証券分野でも活用されている分散型金融は、仲介や管理のコストを削減し、24時間365日体制で取引できる環境を整えるのに役立っています。

 

分散型金融のメリット

 

次に、分散型金融のメリットをいくつか紹介します。

 

監督・監視機関が不要

 

銀行など特定の金融機関に依存することなく取引できるため、監督機関や監視機関が要らなくなります。

 

高い透明性があるため不正も起きにくく、コストを削減しやすくなります。

 

仲介手数料を削減できる

 

監督・監視機関を間に挟まないため、仲介手数料や管理手数料を削減できる場合があります。

 

当事者同士でストレスのない取引をすることで、かえって市場が活性化する効果も見込まれます。

 

審査がない

 

利用に当たり特別な審査や身分調査がないため、銀行口座を保有していない人や貧困層でも活用できます。

 

発展途上国で暮らす人はもちろん、政府の介入なく金融取引を行い人にも活用されています。

 

分散型金融まとめ

 

分散型金融システムは、仮想通貨取引のみならず、証券・保険・デリバティブ・レンディング業界でも活用されています。

 

仮想通貨においては特にイーサリアム系で盛んに活用されており、人による管理・監視の手間を徹底的に省いて自動化するシステムとして知られるようになりました。

 

メリットはもちろんデメリットも理解しながら活用していけば、より市場の活性化につながるシステムです。

 

次は分散型取引所(DeFi)の代表例、Uniswapについて紹介します。

 

関連記事

こんにちは。たいきちです。   Uniswap(ユニスワップ)という分散型取引所をご存知でしょうか。   イーサリアムに詳しい人であればメジャーな存在として馴染み深いかもしれませんが、それ以外の仮[…]

たいきちのアイキャッチ画像