【生活習慣病】糖尿病について知りましょう!薬剤師が解説します!

人気商品

【生活習慣病】糖尿病について知りましょう!薬剤師が解説します!

 

こんにちは。たいきちです。

 

健康診断で引っかかってしまったとき、どんなことを知っておけば良いのでしょうか?

 

血糖値が高い状態を放置してしまうと、糖尿病という病気になります。

 

この記事では、糖尿病について解説します。

 

はじめに

 

現代の国民病とも言われる糖尿病。

 

日本全国での糖尿病患者さんは、2000万人を超えるほど多くなっています。

 

しかし「糖尿病という言葉は知っているけど、実はどんな病気なのかよく知らない」という方は多いのではないでしょうか。

 

また受診や薬に頼る前に自分でできる対処方法糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が増え続ける病気のことを言います。

 

ブドウ糖が多いことは、つまりは血糖値が高いことです。

 

糖尿病とは、血管や血液の状態が悪化し発症する病気です。

 

糖尿病は、細胞に糖分を取り込むインスリンが十分に働かないために、血液中を流れるブドウ糖という糖(血糖)が増えてしまう病気です。

 

インスリンは膵臓から出るホルモンであり、血糖を一定の範囲におさめる働きを担っています。

 

しかし、糖尿病になり、血糖の濃度(血糖値)が何年間も高いままで放置されると、血管が傷つき、将来的に心臓病や、失明、腎不全、足の切断といった、より重い病気(糖尿病の慢性合併症)につながります。

 

また、著しく高い血糖は、それだけで昏睡(こんすい)などをおこすことがあります。

 

糖尿病の特徴は、自覚症状が現れにくく、痛みもかゆみもない点です。

 

そのため放置しがちです。

 

自覚症状に乏しく、長年放置していると、自覚症状がでた時にはかなり進行している可能性もあります。

 

特に危険なのは糖尿病の三大合併症と呼ばれる、神経が傷つくことによって起きる「糖尿病性神経障害」、腎臓が悪くなる「糖尿病性腎症」、目に障害が生じる「糖尿病網膜症」です。

 

上記のように手足の神経、腎臓、目の網膜には細い血管が集まっています。

 

太い血管よりか弱く、高血糖では細い血管に大きな負担がかかります。

 

そのため、三大合併症は糖尿病で起こる確率がとても高い合併症なのです。

 

本日は詳しく、正しい糖尿病の知識についてご紹介したいと思います。

 

糖尿病とは

 

糖尿病は1型、2型に分類されます。

 

基本的に1型糖尿病の方は薬物治療となる場合が多く、2型糖尿病は主に生活習慣病に数えられ、食事、運動療法がまずは大切になります。

 

下記にそれぞれの糖尿病についてお伝え致しますので、読んで頂けましたら幸いです。

 

1型糖尿病

 

すい臓のインスリンを分泌する細胞(=β細胞)が壊される病気が、1型糖尿病です。

免疫細胞が自らの細胞を攻撃してしまう「自己免疫反応」の異常や、ウイルス感染が原因と言われていますが、原因不明の場合もあります。

 

免疫細胞とは、体の中に侵入してきたウイルスや細菌から命を守っている細胞のことを言います。

 

インスリンがほとんど出なくなる場合が多く、注射などのインスリン製剤を使って治療を行います。

 

子供や青年など若い年齢での発症が目立ちますが、中高年といった幅広い年代で発症することもあります。

 

症状としては突然、激しい口の渇きや頻尿などが現れるのも特徴です。

 

2型糖尿病

 

糖尿病患者さんの90%以上が2型糖尿病です。

 

40歳以上に多いのですが、若い方の発症も増加傾向にあります。

 

2型糖尿病は、遺伝的な影響に食べ過ぎや運動不足による肥満やストレスや喫煙、睡眠などの生活習慣が関わって発症します。

 

進行すると、のどが乾く・トイレが近くなる・疲れやすい・体重が減るなどの症状が現れます。

 

血糖値(=血液1dl中に含まれるブドウ糖の量)は、インスリンというホルモンによって一定に保たれています。

 

私たちの身体は、血糖値が上がると膵臓からインスリンが分泌されます。

 

そしてインスリンがブドウ糖を細胞に取り込み、血糖値を下げようと働くのです。

 

糖尿病の症状では、体重の減少がみられることも。

 

原因の一つとしてあげられるのは、高血糖状態による脱水です。

 

高血糖状態で砂糖水のように濃い液体になっている血液を、私たちの体は体内にあるあらゆる水分で薄めようとします。

 

その結果、血管には水分が多く集まり最終的に尿としてどんどん排泄されます。

 

したがって体内は脱水のような状態となり、体重が減少してしまうのです。

 

体の水分が20%減ると、死に至るといわれます。

 

糖尿病で痩せることは喜ばしいことではなく、身体がいよいよ危険信号を発してきた証拠です。

 

受診や薬に頼る前に自分でできる対処方法

 

受診や薬に頼る前に、まずは直近の血糖値が高いと指摘された方は早急に生活習慣を見直してみましょう。

 

不摂生や、ここ数年、体重増加はしていませんか。

 

食事でオーバーカロリーになっていたり、間食でコーラや甘いものを沢山食べたりしていませんか。

 

血糖値をコントロールするには、まず食事の改善、継続した運動が大切です。

 

受診して安易に薬を服用すると、確かに血糖値は下がりますが、薬を一生飲み続けなければなりません。

 

まずは日常生活での体重コントロール、適度な運動で血糖値は改善されます。

 

そしてどうしても改善しない場合には薬による治療があります。

 

まず血糖値が高いままでいると、時間をかけて神経や眼、腎臓などからだの様々なところに病気を起こします。

 

これを、糖尿病の慢性合併症といいます。

 

糖尿病は、病気が進んでいない時期にはあまり症状のない病気ですが、ひとたび合併症が出てしまうと、様々な症状や不都合を伴うことがあります。

 

痛みやしびれを感じること、感覚が鈍くなることでケガをしやすくなること、感染が起きやすくなること、視力の低下が起きることなどがその例です。

 

また、腎臓の病気が進んでしまうと人工透析が必要になることもあり、生活が制限されます。

 

ようは下記の2つが大切です。

 

食事療法

 

食事によって、糖がからだに取り込まれますが、細胞に過度な糖質は必要ありません。

 

体はインスリンというホルモンを膵臓から分泌して糖を取り組むのですが、高血糖状態が長く続くとインスリンが分泌できない状態になります。

 

からだに取り込まれる糖の量やエネルギーのバランスなどを調整するのが食事療法です。

 

運動療法

 

私たちの体は運動によって、糖が使われます。

 

また、筋肉の量が増えることで、糖をからだに取り込みやすくします。

 

その上、脂肪が減ることで、血糖値を下げるインスリンが効果を発揮しやすい環境を作ります。

 

まとめ

 

糖尿病は酷くなると全身に症状が及びます。

 

糖尿病は自覚症状が出ないことが多い病気ですが、本当に怖いのはその先の合併症であることがお分かりただけたかと思います。

 

そのため食事と運動を中心に減量に取り組み、合併症を遠ざける生活を行うことが大切です。

 

また定期的な受診と血糖検査で、今の自分の状態がどうなのか、常に知っておくようにしましょう。

 

糖尿病は生涯に渡って血糖値をはじめとした自己管理が必要なため、「治る」とも「治らない」とも言えない病気ですが、血糖値をコントロールできていれば健康な人と同じ状態でいられます。

 

糖尿病についてご紹介しました。

 

昨今はアプリなどで、食事の記録や体重の記録などができます。

 

もちろん糖尿病以外にも運動や血圧なども記録できます。

 

是非、生活習慣を改善して、健康で健やかな毎日を過ごしましょう。

人気商品