電力自由化とビットコインがもらえるお得な電気・ガス代の払い方

こんにちは。たいきちです。

2016年4月より開始された「電力自由化」

これに伴い、お得にビットコインが付与される支払い方法を紹介します。

損をしたくない人はぜひチェックしてみてください。

 

たいきち

お得なチャンスなのに電力自由化を放置したままの人がたくさんいるようです。これを機に考えましょう。

 

電力自由化とは

 

「電力自由化」とは、「電力小売全面自由化」の略称で、

「各家庭・商店が好きな電力事業者やサービスを選び、購入できるようになること」を意味します。

選択できるのは当たり前のように思うかもしれませんが、これまで一般消費者向けの電力は、

  • 東京電力
  • 関西電力

しか販売していませんでした。

しかし2016年4月より全面自由化がなされ、家庭や商店も自由に電力事業者・サービスを選べるようになったのです。

経済産業省によると、電力自由化が行われた目的として以下が挙げられています。

  • 再生可能エネルギー等を利用した電力事業者を増やす
  • 様々なプランが登場することで、ライフスタイルに合わせた電力消費が出来るようになる
  • 電気の地産地消が可能となる

事実、様々な電力事業者が登場することで、競争によって価格が安くなったり、様々なプランが登場したりしているため、消費者としてはメリットが大きいです。

ちなみに経済産業省は「次世代技術を活用した新たな電力プラットフォームの在り方研究会」を2018年より開催しており、国の後押しもあることから、電力自由化の流れはより加速していくと考えられるでしょう。

参考:https://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/merit/

参考:https://www.meti.go.jp/shingikai/energy_environment/denryoku_platform/index.html

参考:https://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/what/

 

ブロックチェーンによる電力自由化

 

そんな電力自由化ですが、ブロックチェーンによって更に発展する可能性があるんです。

 

たいきち
まずは余談ですが、電気料金等をお得に利用するためにも、ぜひ「電力自由化とブロックチェーン」の関連性について押さえておきましょう。

 

「電力自由化」によって「誰でも電力を売れる」「誰からでも電力を買える」時代を迎えたわけですが、この流れはブロックチェーンにより更に加速すると考えられています。

理由としてまず挙げられるのが、そもそもブロックチェーン技術の大きなメリットとして、「個人間(P2P)の取引を可能とする」というものがあるから。

ブロックチェーンは以下のような特徴があるため、「不正の心配をせず、誰とでも安心して取引を行う」ことができるのです。

  • 取引を記録する
  • 記録は理論上改ざん不可能である
  • 取引記録を誰でも閲覧できる

そうなると、電力会社だけでなく見知らぬ個人からも安心して電力を購入出来たり、逆に「誰でも電力を売れるようになる」といったことが可能になります。

「誰でも売買できるようになる」ことで、電力会社が中央集権的な力を持つこともなくなるため、

  • 個人間で電力をシェアリングする
  • 使わない電力を遊休資産として活用する
  • 競争が激しくなり、電力会社の料金がより安くなる

といったメリットが得られるようになる可能性も。

 

たいきち
いずれにせよ、ブロックチェーンによって電力自由化が進んでいくことで、よりお得に電気を利用できるようになっていくはずです。

 

電気料金が仮想通貨で払える電力会社

 

ブロックチェーンと電力自由化について紹介してきましたが、個人間取引が実現するのはそう遠い未来の話ではありません。

なぜなら、2021年現在、既に仮想通貨で支払い可能な電力事業「Coincheckでんき」が存在しているからです。

元々これらは信頼できる事業者ですが、ブロックチェーンを搭載している仮想通貨であれば取引に透明性を持たせることが可能であり、信頼性のある取引を行えます。

今後仮想通貨払いに対応する事業者は増えていくと考えられるので、その先駆けとして特徴を押さえておきましょう。

 

Coincheckでんき

 

たいきち
Coincheckでんき」は仮想通貨取引所「Coincheck」により提供されているサービスで、以下2つのプランがあります。

 

  • ビットコイン付与プラン:支払い電気料金の1~7%ビットコインとして貯まる
  • ビットコイン決済プラン:ビットコインで決済することで、1~7%お得に支払える

ビットコインをためることができたり、保有しているビットコインでお得に決済出来たり等のメリットがあるので、仮想通貨を運用中の方はこちらのサービスを利用してみてもいいかもしれません。

ちなみに、沖縄や離島以外の、日本全国ほぼ全てのエリアで電力を提供しています。

たいきち
普通に生活しているだけでビットコインが貯まるのはCoincheckだけです。価格上昇の恩恵も受けられるし、今月中に切り替えてしまいましょう。

 

【無料】ビットコインの口座開設、Coincheckでんきに切り替える

 

 

電気料金以外にも広がる仮想通貨払い

 

仮想通貨払いが広がっているのは電力事業者だけの話ではありません。

例えば、ガス料金に関しては

  • ニチガスの「+プラン」:ビットコインで支払うと通常プランより、年間1200円割引される
  • Coincheckの「Coincheckガス」:ビットコイン付与・ビットコイン決済の2プランがある

等のサービスがあります。

Coincheckガス」は「Coincheckでんき」と同様に2つのプランがあり、

  • ビットコイン付与プラン:支払いガス料金の3%ビットコインとして貯まる
  • ビットコイン決済プラン:ビットコインで決済することで、3%お得に支払える

このようにお得に利用することが可能です。

 

たいきち
なお、Coincheckは今後水道代・携帯代などもビットコインで支払えるようサービスを拡大すると発表しています。

 

これらのことから仮想通貨で支払える公共料金は今後増えていくと考えられますし、仮想通貨が付与されたり割引されたりと、公共料金をお得に支払えるといったメリットを得られるでしょう。

よって、

  • 公共料金を少しでもお得に支払いたい
  • ビットコインの運用をしている

といった方は、ぜひこの機会にCoincheckでの公共料金支払いを検討してみてはいかがでしょうか?

 

【無料】ビットコインの口座開設、Coincheckでんきに切り替える

 

まとめ

 

今回は電力自由化について解説してきました。

「仮想通貨払いが可能な公共料金は増えていく」といった内容を述べましたが、仮想通貨払いが増えていくのは公共料金だけとは限りません。

ブロックチェーンによって個人間取引が可能となれば、「仮想通貨によってお得に支払える」といったサービスは、あらゆる分野において増加していくと考えられます。

現時点でも仮想通貨払いによって公共料金をお得に利用できるサービスが存在しているため、仮想通貨の今後の動向には注目しておいたほうが良いでしょう。

 

Coincheckの公式ホームページはこちら