病院薬剤師の1日のタイムスケジュールを解説!

人気商品

病院薬剤師の1日のタイムスケジュールを解説!

 

こんにちは。たいきちです。

 

薬剤師にもいろいろな職種がありますよね。

 

この記事では、あなたが病院に勤めた場合のイメージをつかめるようにタイムスケジュールを解説します。

 

はじめに

 

病院薬剤師の1日のタイムスケジュールは、調剤薬局の薬剤師とは異なります。

 

病院薬剤師は病棟業務が多く、医師のカルテや検査データを参照したり、医療チームに加わったりします。

 

もし医師の処方箋や指示に疑わしい点があったときは、薬剤師として疑義照会しなければなりません。

 

病院薬剤師は高度医療に携わる機会も多いため、絶えず勉強を続ける姿勢などが必要です。

 

ですから、同じ薬剤師でも病院薬剤師などは、勤務時間や勤務形態が異なります。

 

ワークライフバランスを考えた職場を選ぶうえでも、それぞれの1日の流れや時間の使い方を知るのはとても大切なことです。

 

たとえ同じ業種だとしても、企業や医療機関ごとに特徴があり、関わる人や業務内容、職場の雰囲気なども変わるため、転職をする際は事前の情報収集が極めて大切です。

 

本日は病院薬剤師のタイムスケジュールをご紹介します。

 

病院薬剤師の1日のタイムスケジュール

 

それでは、病院薬剤師の1日のタイムスケジュールの具体例をお示し致します。

 

午前

急性期型病院に勤める病院薬剤師は、基本的に夜勤があるため、多くの場合日勤と夜勤のシフト制です。

 

日勤の場合、朝は8時30分~9時頃出勤します。

 

朝礼から始まり、医師や看護師、栄養士など、病棟チームでミーティングを行います。

 

入院している患者さんが夜間に使用した薬や、夜間に入院した患者さんの薬を確認するほか、退院患者への服薬指導なども行います。

 

午後

午後からは入院患者の持参薬の確認や、手術患者の術前休薬期間のチェック、院内での情報共有などが中心となります。

 

また、病棟で患者さんの服薬指導にも従事します。

 

その後、日勤の場合は夜勤の薬剤師に引き継ぎを行い、17時頃退勤となります。

 

残業は病院によって事情が異なりますが、基本的に病院では多めに人を配置することがないため、多少なりとも残業が発生する職場が多いようです。

 

夜勤の場合

夜勤の場合、薬剤師は17時頃出勤し、夜間外来の対応をします。

 

医師や看護師と比べると夜間の緊急対応は多くないため、日中にできなかったカルテの確認作業などが中心になるようです。

 

入院患者への急変時などの薬物療法はもちろん、救急搬送患者を受け入れた場合などは、医師や看護師と協働しながら薬物療法を行う病院もあります。

 

翌朝は、日勤の薬剤師への申し送りなどを済ませて、朝9時ごろに勤務終了となります。

 

上記が病院薬剤師のタイムスケジュールになります。

 

また病院薬剤師として大切な考え方に「チーム医療」があります。

 

「チーム医療」に参加するスタッフは、「チーム医療」とは、医師、看護師、作業療法士、薬剤師など多様な医療専門職が患者の情報を共有し、患者一人ひとりの状況に合った医療サービスを提供する取り組みです。

 

医療の各分野において専門的な職能を有する人々です。それぞれの知識や能力を組み合わせれば、患者の病気の早期発見や病後回復促進などが期待できます。

 

さらに、重症化を防ぐことにも有効です。また、同じ患者の症状でも、専門分野の異なるスタッフが多角的な視点で検証すれば、幾通りもの治療の可能性が見えてきます。

 

それらの情報をチームで共有すれば、治療の効果をしっかり見極めることができる上に、医療ミスの防止にも役立ちます。

 

チームで医療にあたる病院側のメリットは、医療の効率が上がることと、医療現場におけるヒューマンエラーを可能な限り減らせることでしょう。

 

チームで医療にあたるからこそ、発見できる異常もあります。

 

また、チームで取り組むことによって、各スタッフの負担が軽くなるのも大きなメリットとして挙げられます。

 

負担が軽減されれば、それだけ多くの患者を担当できるようになります。

 

このようにチーム医療には多くの利点があるため、国の強力なバックアップによって進められようとしています。

 

最近のチーム医療推進の流れの中で病院薬剤師に求められる役割はますます増えており、調剤などの従来型対物業務から、病棟業務などの対人業務へと仕事内容が拡大しつつあります。

 

加えて病院は一般に経営状態が厳しく、4割が赤字になっているともいわれています。

 

そのため、多くの病院では人件費を切り詰めたギリギリの状態での運営を迫られています。

 

中でも薬剤部はそれほど収益性のある部門でもないため、薬剤師の採用人数は医師や看護師などと比べて削減の対象になりやすいと言えます。

 

さらに昨今はどこも慢性的に薬剤不足が続いているため、大学病院などの人気がある総合病院を除き、多くの病院では常に薬剤師が不足しています。

 

チェーン型のドラッグストアや調剤薬局では余裕のある店舗が、人手不足の店舗に応援を出すこともできますが、通常、病院ではそうした横のつながりもありません。

 

また、薬剤師は女性の比率が多いため、必然的に結婚や産休などによる欠員が出やすい状況にあります。

 

忙しい時期に産休などによる欠員が出ると、残ったスタッフで穴を埋めなければならないため、危機的な状況に陥ることもあります。

 

たとえば、たいきちの知り合いの薬剤師は病院でDI業務を担当していましたが、3人しかいないスタッフのうちの1人が産休に入ったため、しばらくの間、週に1度しか休みが取れなくなったと嘆いていました。

 

このように病院薬剤師は自然と多忙になりやすい状況にあるため、就職を考えられている方はそれなりの覚悟が必要と言えるでしょう。

 

まとめ

 

高齢化社会を迎えるにあたって、昨今、安心で安全な医療を求める声が大きくなるなか、医療現場では技術の進化や人手不足の影響を受け、作業が高度化・複雑化しています。

 

そこで注目されるようになったのが「チーム医療」という考え方です。

 

各分野の専門家が一丸となって医療にあたれば、一人ひとりの負担も軽減され、最善の治療を行うことができます。

 

病院薬剤師に求められる役割とスキルについて解説しました。

 

チーム医療の対象には入院患者だけでなく、外来で通院する患者も含まれますが、今回は病院内でのチーム医療に絞って紹介しました。

 

次の記事では1週間のシフトの具体例を紹介しています。ぜひご一読ください。

関連記事

【具体例】病院薬剤師の1週間のシフトを一例解説します!   こんにちは。たいきちです。   病院薬剤師の仕事をイメージするにあたり、勤務シフトがどんな感じなのかがわかると良いのではと思いました。 […]

人気商品