生活習慣病とは?薬以外でどうやって対処するの?薬剤師が解説します!

人気商品

生活習慣病とは?薬以外でどうやって対処するの?薬剤師が解説します!

 

こんにちは。たいきちです。

 

生活習慣病って結局どういう病気のことを言うのでしょうか?

 

また、薬に頼る前にできることはあるのでしょうか?

 

はじめに

 

生活習慣病とは、1996年頃から使われるようになった用語です。

 

以前は成人病と言われた、脳卒中、がん、心臓病を、生活習慣という要素に着目して捉え直した用語と位置づけられます。

 

国際的には、これに主にタバコが原因である慢性閉塞性肺疾患(COPD)を加えたNCDs(非感染性疾患)という言葉も使われるようになっています。

 

生活習慣病は生活習慣の改善が効果的ですが、生活習慣病と言われても、いまいち「ピン」とこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

本日は生活習慣病について、詳しくご紹介します。

 

生活習慣病とは

 

多忙な現代社会においては、栄養バランスが乱れがちです。

 

特にコンビニ食などは、利便性良いですが、お弁当などは塩分や油分も多く、健康診断で指摘される事が多いのではないでしょうか。

 

偏った食事・運動不足・飲酒・喫煙・ストレス…こうした生活を続けていると生活習慣病(高脂血症・高血圧・糖尿病)を引き起こします。

 

生活習慣病はサイレントキラーとも呼ばれ、本人の気付かないうちに大きな病気の原因になります。

 

生活習慣病(高脂血症・高血圧・糖尿病)は単独でのリスクの怖さもありますが、複数が積み重なることでリスクが増大します。

 

これらのリスクの重なりは実は肥満が原因です。

 

お腹がでっぷりと出ている、特に中高年男性に多い「内臓脂肪肥満型」は、血圧・血糖・脂質の値に異常をきたしやすく、生活習慣病となりやすいことが分かっています。

 

ここ最近ではメタボリックシンドロームという言葉が一般的になってきましたが、メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、生活習慣病(高脂血症・高血圧・糖尿病)が重なって起こっていることを示しています。

 

基本的には1型は生まれつきのものですから、基本的には薬物治療を必要とする場合も多いですが、2型は生活習慣の改善が最も効果的です。

 

下記に主に3つの高血圧、動脈硬化、糖尿病について詳しくご紹介します。

 

 高血圧

 

血圧とは、血管内を流れる血液が血管にかける圧力のことです。

 

心臓はポンプの役割をして全身の血液を循環させます。

 

心臓が血液を押し出すときに血液が全身に流れ血圧があがります。

 

この状態を「収縮期血圧」といいます。

 

また心臓が拡張して血液の流れが緩やかなときに血圧がさがります。

 

この状態を「拡張期血圧」といいます。

 

血圧は一定ではなく、起きたとき、運動したとき、睡眠中など常に変化しており、血圧が高くなることもあります。

 

しかし、この一時的な血圧の上昇は高血圧とは言いません。

 

不摂生な食事(塩分の多い食事)や運動不足、ストレスなどが原因によって、慢性的に血圧が上がる状態のことを高血圧と言います。

 

高血圧はとても体に悪く、そのまま放置すると、動脈硬化を促進して、血管に起因する様々な病気を引き起こし、さらには命にかかわるような合併症を引き起こす可能性が高くなります。

 

高血圧はこちらの記事も参照してください。

関連記事

【薬剤師解説】血圧が高いとどうなるの?自分でできる高血圧の対処法は?   こんにちは。たいきちです。   血圧が高いと言われても、いまいち危機感がわかないですよね。   この記事[…]

 

動脈硬化とは

 

動脈硬化とは文字通り血管が硬くなる病気です。

 

動脈硬化になると、脂肪やコレステロールが固まってできたプラークと呼ばれるものが、血管の内側にこびりついて血管がせまくなったり、そのプラークが大きくなって破れると、そこに血栓ができて血管がつまってしまいます。

 

血管がせまくなることで血液の流れが悪くなり、必要な酸素や栄養が全身にいきわたらず、臓器や組織に大きな負担がかかり機能が失われていきます。

 

動脈硬化が進行すると「狭心症」「心筋梗塞」といった心臓の病気や「脳梗塞」などの病気を引き起こします。

 

糖尿病

 

栄養素の中で、生活をするために必要となるエネルギー源の1つとして糖質があります。

 

糖質は消化されたあとブドウ糖として血液中に取り込まれ、最終的にはエネルギーとして消費されます。

 

血液中のブドウ糖を血糖と呼び、血糖値を測定することで血液中のブドウ糖の割合が分かります。

 

健康な人の体では、この血糖値が一定の幅の中で変動するようにうまくコントロールされる仕組みとなっています。

 

血糖を血液中に取り込むために重要な働きをするホルモンにインスリンというものがあります。

 

インスリンは、食事などによって血糖値があがると、すい臓からすばやく分泌され、血糖をエネルギーにかえる働きをします。

 

では、もしインスリンがうまく分泌されないとどうなるでしょう。

 

血糖が吸収されず血糖値は上がったままとなり、いわゆる高血糖の状態が続きます。これが糖尿病です。

 

糖尿病はこちらで詳しく解説しています。

関連記事

【生活習慣病】糖尿病について知りましょう!薬剤師が解説します!   こんにちは。たいきちです。   健康診断で引っかかってしまったとき、どんなことを知っておけば良いのでしょうか?   […]

 

薬に頼る前に自分でできる対処法

 

健康診断で上記のような血圧が高い、コレステロール値が高いなど生活習慣病を指摘されてすぐに受診される方も多いです。

 

しかし依然は健康であった方であれば、まずは病院へ受診やお薬に頼る前にやるべき事があります。

 

それは食生活の改善、適度な運動の習慣化、タバコや飲酒などの趣向品の制限などです。

 

現在、ストレス社会と言われています。

 

しっかりとした運動やバランスの良い食生活も実際には日々の多忙で乱れがちです。

 

加齢と生活習慣の乱れは蓄積され、臨床検査値異常として現れます。

 

生まれつきの高血圧や糖尿病ではなく、大人になって健康診断で診断された方は生活習慣の改善が効果的です。

 

基本的には下記を意識して数ヶ月スパンで継続する事が重要です。

 

1日、1週間では改善しませんので根気が必要です。

 

特に下記5つを意識する事が大切です。

 

食生活の改善

 

塩分は控えましょう。

 

高血圧の原因になります。

 

油分と糖質はタンパク質に比べカロリーが高いです。

 

特にビールなどは食欲を増進させる効果がありますので、食べ合わせには注意が必要です。

 

体脂肪や血圧など自己管理する

 

日々の血圧の変動や体脂肪を記録する事はとても大切です。

 

意識をすることで日々の行動が変わります。

 

現在は安価で体脂肪を図る体重計や、血圧計もあります。

 

まずは日々、自分の健康状態をチェックしましょう。

 

体重計・血圧計についてはこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

【デブ必見】お前まさか体重計すら持っていないのでは、、?   こんにちは。たいきちです。   たいきちは新卒から1年間で10kg太りました。   敗因の一つとして、遅番や不規則な[…]

関連記事

こんにちは。薬剤師たいきちです。 この記事は患者様のため、論文やガイドラインをしっかり調べて書いています。 ぜひ参考にしてくださいね。 この記事の概要   意外としらない「高血圧」の基準について解説 […]

たいきちのアイキャッチ画像

 

禁煙する

 

タバコは百害あって一利なしです。

 

タバコを吸わないとイライラする方は、タバコを吸っているからイライラするのです。

 

ニコチン中毒でない非喫煙者はいつもニュートラルで穏やかな心を持っています。

 

また喫煙は癌などの原因にもなります。

 

みなさんの大切なお金も10年、20年スパンで考えれば高級車が1台買えるくらいの出費になります。

 

禁煙は辛いかもしれませんが、喫煙者の方との飲み会などを控え、健康な毎日を手に入れましょう。

 

適度な運動する

 

運動をしましょう。

 

特にコロナ渦でデスクワークが増えた方は注意が必要です。

 

仕事の疲れは、実は寝ているだけでは取れません。

 

適度に運動して、適度に筋肉をつけて、日々汗を流す事で、血圧を下げ、コレステロール値を下げるなど、継続するほど様々な生活習慣病の改善に繋がります。

 

まずはウォーキングなどからスケジュールを立てて取り組みましょう。

 

運動をする事でしっかり睡眠をとる事もできます。

 

ストレスを解消する

 

ストレスは自律神経の乱れに繋がります。

 

自律神経が乱れると不眠、過食症や拒食症など体調に様々な変化が訪れます。

 

運動をしたり、いつもと違う場所へ行ったり、友達や家族など大切な方と楽しくリアルに繋がりましょう。

 

どうにもならない人間関係などは、苦しくなる前に環境を変えてしまいましょう。

 

逃げる事も勇気です。

 

ストレスは現代社会では大きな問題です。

 

是非、明日からでも遅くありませんので、ストレスは溜めないようにしましょう。

 

まとめ

 

従来の糖尿病や心臓病、脳卒中、がんなどの病気は、「成人病」と呼ばれ、加齢とともに発症・進行すると考えられていました。

 

ところが、これらの病気が発症するまでには、食生活や喫煙、飲酒など、個人の生活習慣の因子が深く関わっていることが明らかになってきました。

 

生活習慣病が気になる方は、専門の医療機関で受診して薬に頼る前に自分でできる事があります。

 

まずは生活習慣の改善を目標に今日から行動しましょう。

 

 

人気商品