【デブ必見】お前まさか体重計すら持っていないのでは、、?

【デブ必見】お前まさか体重計すら持っていないのでは、、?

 

こんにちは。たいきちです。

 

たいきちは新卒から1年間で10kg太りました。

 

敗因の一つとして、遅番や不規則な食生活にも関わらず、一人暮らしで体重計をおいていなかった事が挙げられます。

 

たいきちは、1年に1回しかない健康診断まで体重増加に気づかなかったのです。

 

「高機能体重計」で意識が変わる

 

とにかく「健康」になりたい。

 

まずは肥満を解消したい。

 

運動せずに痩せたい。

 

そんな方は、まずは高機能体重計を買いましょう。

 

「体重」を毎日1日2回測定するだけで、大きな意識改革が起こります。

 

そして肥満防止につながります。

 

最近の高機能体重計は、体重や体脂肪率だけでなく、筋肉量、骨量、基礎代謝など、体を構成する組織のデータを計測できる優れものがAmazonなどで、比較的安価で販売されています。

 

体重計や体脂肪計は、それぞれが体重、体脂肪だけしか計測できませんが、高性能体重計なら、1つで全ての数値を計測できてしまいます。

 

また、1食置き換えダイエットや日頃の健康管理に役立つ多くの機能を備えたものなど、用途や目的に合わせて機能も様々。

 

今の自分の現状を理解し、目標を持ちましょう。

 

その上で体重計を買う事が成功への近道です。

 

1台持っておけば、ダイエットやトレーニングを思い立った時に、すぐに取り組めますし、食べすぎた場合など、すぐに気がつく事ができます。

 

おススメの高機能体重計

 

ダイエット用の体組成計なら、腕や足など部位別に測定できるモデルや、体重の推移をグラフで見れるものもあるので、毎日のモチベーション維持にもつながります。

 

必ず必要な機能ではありませんが、しばらくダイエットをしてから、脚の脂肪が気になる・お腹の脂肪が気になる等の悩みが出てくることもあるので、出来る限り搭載されているモデルを選びが大切です。

 

また50g単位で測定ができるモデルもおすすめです。

 

一般的な100g単位の計測と比べて、少しのちょっとした変化が目に見えてわかるので、努力が数字に反映されやすくモチベーションアップにもつながります。

 

日々の自身の正確な数値を記録できるので、より健康管理もしやすくなります。

 

最近ではさらに、健康管理や、記録をつけるときに、携帯アプリを使ってスマホと連携できるものもあります。

 

体重や筋肉量の推移をグラフ化してくれるだけでなく、アプリ内で美少女がトレーニングを応援してくれるものもあります。

 

とにかくモチベーション維持に高性能体重計は必要なものです。

 

体重を測定することは生活習慣病の予防につながる!

 

糖尿病や高脂血症といった生活習慣病の予備軍の方は、体重を毎日測定しない方が多いのではないでしょうか。

 

皆さんは体重を測っていますか?体重を測るというシンプルなことが、気がついたら「体重が増えていた」ということを予防してくれるのです。

 

それだけでなく、ダイエットをする上での一番の基本だったのです。

 

次に体重を測る大切さと、正しいと測り方の基本をお伝えしたいと思います。

 

「ダイエットは体重を測定することが大切」その理由とはなんでしょうか?体重を測定する主に3つご紹介いたします。

 

  • 気がついたら太っていた。ということを防げる。
  • 今日の食事が自分にとって食べ過ぎかどうかがわかる。
  • 一日に自分に必要な食事の量がわかる。

 

毎日、体重を測るだけで、これだけのことがわかるのです。

 

日々、コツコツ続けることが健康への近道です。

 

また体重は毎日2回測定が望ましいです。

 

そして朝と晩の2回、測るときの条件をそろえましょう。

 

食べる前と食べた後では、水分も含み測定時の条件が違うので、日々の体重を比較できにくくなります。

 

夜も同じです。

 

寝る前もあれば、食事を食べる前だったり、食べた直後だったりすると正確な体重は測れません。

 

毎日続けられるタイミングを自分で見つけましょう。

 

朝晩の体重の差を知ることで、体重をコントロールしやすくなります。

 

いくつか、おすすめのタイミングをご紹介しますので、この中から、毎日続けられるタイミングを朝1つ、夜1つ選びましょう。

 

 

  • 朝起きてすぐ
  • 朝起きて、排便、排尿後

 

などです。

 

体重はパジャマを着て測る、着ずに測るか条件を同じにしてください。

 

毎日のことですので、生活のリズムに合わせて、良いタイミングを選んでください。

 

 

  • 家に帰ってすぐ
  • ベッドに入る直前

 

などです。

 

ベッドに入る直前などは、続けやすいと思いますが、これらの中から毎日続けられる、タイミングにしましょう。

 

体重測定が習慣化されれば気づかぬうちにウェイトオーバーするのを防ぐ事ができるのです。

 

そして、もう一つ加えたい習慣が、鏡を使ったボディチェック。

 

全身が映る鏡に裸を映して体型の変化を見つめると、ダイエットへの意識が高まりやすくなります。

 

このように高性能体重計を買い、体重計に乗るだけでダイエットできたらうれしいですよね。

 

実は大規模なデータでも体重測定の回数が体重減少に繋がるデータも報告されています。

 

群馬県蒲郡市が行った「体重測定100日チャレンジ 目指せ1万人!」という取り組みでは、体重測定することにダイエット効果が認められています。

 

まとめ

 

上記のように、まずはダイエットの効果を実感するには、体重測定が大切です。

 

明日から高性能体重計を買いましょう。

 

そして、1日1食置き換えダイエット後に測定しましょう。

 

恐らく皆さんの体重は日に日に減っていくことでしょう。

 

日々の変化を捕えることで、食べすぎに対する意識が高まり、肥満を予防し健康へ繋がります。

 

特に30代になって、食事の量は増えていないのに、なぜかが増えてしまった方は「食べすぎ」が原因です。

 

高性能体重計を買って毎日測定する事は是非おススメです。

 

おすすめの体重計は、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

こんにちは。たいきちです。 「体重計・体組成計」というのは、身体についてお手間を取らせず知ることができる健康維持に良いアイテム。複数の製品が市販されており、実装されている機能もさまざまあることから、どちらのモデルを選ぶべき[…]

薬剤師おすすめ体重・体組成計5選のアイキャッチ画像