NFTとは?NFTの特徴と仕組み・実際のNFTマーケットを徹底解説

NFT
人気商品

NFTとは?NFTの特徴と仕組み・実際のNFTマーケットを徹底解説

 

 

たいきち
この記事では今話題になっている「NFT」について解説します。

 

近年話題となっている「NFT」。

 

「NFTのアートが数千万円で売れた」「NFTの音楽作品が数億円で売れた」といったニュースも増えており、

 

  • 「NFTってよく耳にするけど、一体何?」
  • 「何がそんなに革新的なの?」

 

とお思いの方も多いはず。

 

そこでこの記事では、NFTの特徴・仕組み・実際のNFTマーケット等について徹底解説していきます。

 

読後は「NFT」について理解できるはずですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

NFTとは

 

そもそもNFTとはNon-Fungible Tokenの略で、一般的に「非代替性トークン」と訳されます。

 

「非代替性」とは、要するに替えが効かないということで、NFTは「世の中にたった1つしかないことを証明できるトークン」であるという意味です。

 

このNFTを画像、音楽、動画などのアートと組み合わせることで、資産価値があるデジタルデータの作成・流通が可能となるのです。

 

そんなNFTが発展した理由として、主に世界中のコレクターやアーティストたちの以下のような悩みがありました。

 

  • 「デジタルアートをコレクションしても容易に複製されるし、本物と証明できない」
  • 「デジタル作品は複製が容易であるため、『本物』に価値があるのはリアルの作品だけ」

 

アート市場は約7兆円と言われていますが、そのうちデジタルアートに関しては、「複製・改ざんが容易」であることから大きな発展には至りませんでした。

 

しかし、ブロックチェーン技術によってNFTが実現したため「唯一無二」を作り出すことが可能となり、デジタル上でも「本物」に価値が生まれるようになったのです。

 

そして、そんなNFTが持つ特徴は以下の5つ。

 

  • 唯一性
  • 所有価値の増加
  • 相互互換性
  • 安全に移送が可能である
  • プログラマビリティ

 

それぞれ解説していきますので、NFTへの理解をさらに深めていきましょう。

 

唯一性

 

NFTの特徴1点目は、「唯一性」です。

 

NFTを用いることであらゆる作品を「唯一無二」と証明することができ、様々な作品に希少性を持たせることができます。

 

そんな唯一性を発揮することで得られるのは、以下のようなメリット。

 

  • ある作品の「本物」を所有していることを証明でき、顕示欲が満たされる
  • 「本物の作品」として公開したり、取引したりすることが可能となる

 

この唯一性・非代替性を実現したのが、他でもない「ブロックチェーン」の技術です。

 

簡単にいうとブロックチェーンは「取引データを適切に記録していき、データベースとして保存していく」仕組みを保つため、

 

  • 非中央集権的な取引を可能とする
  • 取引記録等のデータの改ざんを事実上不可能とする

 

といったメリットを得ることが可能。

 

現在ブロックチェーンの技術はあらゆる分野で活用されており、それが「NFT」でも活かされているんです。

 

このような仕組みによって、NFTは作品に「唯一性」を持たせることを可能としています。

 

所有価値の増加

 

NFTの特徴2点目は、「所有価値の増加」です。

 

NFTによって作品に唯一性を持たせることで希少性が増し、作品自体の価値が高まります。

 

つまり、

 

  • あれはNFTで本物と証明されている。本物を持っていて「羨ましい」
  • 世界に1つしかない作品を所有している。他では手に入らないから「すごい」

 

というように、需要と供給の関係から本物の価値は大きく上昇するでしょう。

 

なお、NFTがなかった頃にはデジタル作品等に資産価値を付与するのは困難でした。

 

複製が容易なデジタルアート界隈では、作品を本物だと証明できることで初めて価値が生まれるからです。

 

これらのことから、「所有価値の増加」はNFTの大きな特徴だと言えるでしょう。

 

相互互換性

 

NFTの特徴3点目は、「相互互換性」。

 

現在、NFTで利用されているブロックチェーンの規格は、基本的に同様のものが使用されています。

 

そして同じ仕組みのNFTなら、例え別々のプラットフォーム・ソフトウェア・サービス上だとしても、1つの作品を同じように取り扱うことが可能となります。

 

この特徴を主に活かせるのがゲーム業界。

 

例としては以下があります。

 

  • NFTで世界に1人だけの選手を作り、「サッカーゲームA」「サッカーゲームB」で使い回す
  • 「RPGゲームA」で入手した世界に1つだけの武器を「RPGゲームB」に移動して使う

 

このように、NFTによって作られたアイテムやキャラクターは、別々のサービス上でも使うことが可能となります。

 

全てのNFTが同様の規格で定められているわけではありませんが、互換性の高さは大きな特徴だといえるでしょう。

 

安全に移送が可能である

 

NFTの特徴4点目は、「安全に移送が可能」であること。

 

ある意味当然かもしれませんが、NFTはトークンであるため、電子上の取引で素早い移送を行うことが可能です。

 

また、NFTに搭載されたブロックチェーン技術は、自動で取引を記録し、データベースに保管します。

 

よって、不正の心配なく非中央集権的な取引が可能となり、特定のプラットフォームやサービスを介したりする必要がありません。

 

これが現実のアート作品等なら、信頼できる相手に安心して売るために高額な仲介手数料が必要となることもあるでしょう。

 

高額な作品ならば移送中の事故等も心配ですね。

 

しかしNFTならば、仲介手数料がかからず、素早く安心して移送が可能。

 

「安全に移送が可能である」こともかなり嬉しい特徴だといえます。

 

プログラマビリティ

 

NFTの特徴5点目は、「プログラマビリティ」です。

 

これは要するに「ブロックチェーンにプログラムを組み込むことで、NFTに拡張性を持たせることが可能」ということ。

 

ちなみにこれを可能としているのが、イーサリアムの「スマートコントラクト」という技術です。

 

プログラムによって定められたルールに則り、契約を自動執行させることが可能となります。

 

実際、スマートコントラクトは以下のように活用されています。

 

  • 「作品が二次流通した際に、収益の一部が著作者に還元される」仕組みを持たせる
  • 仲介者やプラットフォームを必要とせず、契約の一部始終を全てブログラムに則って進める

 

契約の流れや売買ルールはプログラムで設定できますので、NFTを取り扱う際はこの「プログラマビリティ」という特徴をどう活かすかも重要となるでしょう。

 

なぜNFTが注目されているのか

 

現在になって「NFT」が注目を集めている理由は、イーサリアムの存在が大きいです。

 

そもそもデジタルアート業界では「作品の複製が容易」という大きな課題がありましたが、それを解決したのが、先ほども触れたイーサリアムの「スマートコントラクト」という機能。

 

スマートコントラクトの特徴は「プログラムされたルールに則って取引履歴がブロックチェーンに記録される」ことですが、これにより以下が実現可能となったのです。

 

  • 取引記録を参照して、所有権(購入履歴がある)を証明できる
  • 取引記録を参照して、作品が本物であることを証明できる

 

NFTに使用されるブロックチェーンはイーサリアムだけではありませんが、それでもイーサリアムがNFT発展の大きなきっかけであること、そしてNFTが発行される際の有力な選択肢であることは間違いありません。

 

実際、以下の商品もイーサリアムを使用したNFTです。

 

  • デジタルアート『The First 5000 Days』(約75億円)
  • バーチャルスニーカー「エアスモーク1(AIR SMOKE )」(約124万円)

 

この他、イーサリアム以外のブロックチェーン「Flow」を用いたデジタルトレカ「NBA Top Shot」でも、レブロン・ジェームズのカードが1枚2,000万円ほどで取引されています。

 

これだけ高値で取引されていることから、今後もNFTを使用した商品は増えていく可能性は高いと考えられるでしょう。

 

NFTと暗号資産の違い

 

ちなみに、NFTと暗号資産の違いは以下の通り。

 

NFT 暗号資産
概要 ブロックチェーンによって作られた「非代替性トークン」。もしくはこれを利用したコンテンツ ブロックチェーンによって作られた「デジタル上の通貨」。
用途 コンテンツと組み合わせることで希少価値を高める。もしくはコンテンツとして売買・鑑賞される 決済や送金手段として使われる。投資・投機対象としても
取引の透明性
非中央集権性
非代替性

 

どちらも「ブロックチェーンによって作られたもの」という点は同様であるため、取引の透明性や非中央集権性など特徴が類似しています。

 

しかし、違うのは以下の2点。

 

  • 使用用途
  • 非代替性の有無

 

まず使用用途は「コンテンツの希少価値を高めるための仕組み」と「透明性が高く非中央集権的な決済手段」と、明確に異なります。

 

また、NFTは「非代替性」を持ち合わせているため、「コンテンツの希少価値を高める」「唯一無二の商品を作る」ことを目的とした際に最適な手段。

 

一言で言うのなら、「ブロックチェーンによる非代替性を持つ=NFTである」ということです。

 

NFTの事例

 

NFT特徴を解説してきましたが、NFTの特性ゆえに、NFTでは次のような商品が存在します。

 

  • 世界に1つしかない画像、音楽、動画などの「デジタルアート」
  • 3DCGで作られたメタバース(仮想世界)上の土地や建物などの「権利」

 

これらを元に、NFTでは以下のような二次取引を行うことが可能。

 

  • NFTによって書籍を「権利」とともに販売。購入者が出版しても良い
  • メタバース上の土地、建物を購入し、中で世界に1つのデジタルアートを公開。入場料を支払わないと閲覧できない

 

このように、NFTは単純な売買を行うだけでなく、使い方次第で所有者に様々なメリットをもたらすのです。

 

実際1点目に関しては、幻冬舎の箕輪厚介氏が書籍「サウナランド」の権利をNFTにて販売しています。

 

加えてNFTはスマートコントラクトによって様々なプログラムも可能ですから、

 

  • 書籍を取り扱う権利を二次販売し、他の方も販売できるようにする。だが、販売額の5%は大元に入る。

 

といったこともできます。

 

このようにNFTは、「世界で唯一のものだと証明できる」ことと「プログラムに則って偽造不可能な取引を行える」ことを活かせば、あらゆる商品に活かせるのです。

 

NFTに関する懸念・注意点

 

大きな可能性を持っているNFTですが、以下のような懸念点もあります。

 

  • 著作権に関する懸念
  • 取引手数料に関する懸念

 

それぞれ見ていきましょう。

 

著作権に関する懸念

 

NFTはブロックチェーンによって、特定のコンテンツの所有者を証明することが可能。

 

しかし、この際得られるのは「所有権」だけで、「著作権」を売買するかどうかは販売者次第です。

 

つまり、「著作権とNFTの所有権」は全くの別物。

 

実際海外マーケットでは明らかに著作権侵害だと思われるNFTが多く販売されているようで、「bitFlyer」のCEOも以下のように述べています。

 

 

このように、著作者ではないのにNFTを作れてしまうのはもちろんですし、正式な著作者からNFTを購入したとしても、契約次第では商業利用に関して制限を受ける可能性もあります。

 

よってNFTを販売するにせよ購入するにせよ、

 

  • 著作権は誰に帰属するのか
  • 購入者は対象コンテンツの利用に関してどこまで制限を受けるか
  • そもそも著作権侵を害しているNFTではないか

 

といった部分の確認はしっかり行う必要があるでしょう。

 

取引手数料に関する懸念

 

NFTに主に利用されているのは「イーサリアム」ですが、イーサリアムの手数料、通称「ガス代」も懸念されています。

 

ちなみにガス代は以下によって発生します。

 

  • NFTマーケットでNFTを買う、売る
  • NFTをだれかに送る
  • 自分のウォレットから他人にETHを送金する
  • 新しいNFTを発行する

 

しかしこれに関しては、様々なNFTマーケットが手数料を安くするよう努力していますし、ガス代無料でNFTを発行できる「Jumpnet」など、イーサリアム以外を利用したNFTも出現してきています。

 

よって、そこまで大きな懸念点というわけでもなさそうです。

 

なお、ガス代の料金目安は以下のサイトでチェックできます。

https://www.gasnow.org

 

NFTの今後の展望

 

NFTの今後の展望としては、以下が想定されます。

 

  • 国内NFTサービスの増加
  • NFTアーティストの増加

 

それぞれ解説していきます。

 

国内NFTサービスの増加

 

NFTはまだ注目されたばかりなので、国内でのNFT市場はあまり発展していません。

 

故に、NFTの主要マーケットプレイスとし挙げられるのは、海外の「OpenSea」「Rarible」くらい。

 

しかし個人レベルのアートが数億円程度で売れる市場ですから、国内でもサービスが充実していく可能性は高いでしょう。

 

実際、2021年6月に「LINE」がNFTマーケットのサービスローンチの予定を発表していたり、暗号資産交換所「Coincheck」も2021年3月に「Coincheck NFT」というNFTマーケットをオープンしています。

 

国内においても、今後更なるNFT市場の発展が予想されます。

 

参考:https://news.yahoo.co.jp/articles/b7f0d1a537b720029138b0793f67aa648cd55d72

 

NFTアーティストの増加

 

NFTでは、「誰でも唯一無二のコンテンツを作成することが可能」です。

 

プログラミングスキル等も必要なく、専用のツールの使い方さえ覚えれば、誰でもマーケットプレイスにNFT作品を出品することができます。

 

マネタイズ可能なプラットフォームが新たに生まれるということで、

 

  • Youtuber
  • インスタグラマー
  • TikToker

 

のように、NFTを専門としたアーティストが増加する可能性も十分に考えられるでしょう。

 

また、NFTではアーティスト活動だけでなく、

 

  • 収集したNFTアートを公開する個人美術館をネット上にオープンする
  • NFTによるゲーム上のレアアイテムを収集し、有料でレンタルする
  • メタバース上で土地を購入してエンタメ施設をオープンする

 

というように、様々なビジネスを生み出すことも可能。

 

要するに、「NFTで稼ぐ」人は今後増加すると考えられます。

 

NFTのまとめ

 

今回はブロックチェーンにより実現した「NFT」について紹介してきました。

 

非代替性を持つNFTは、あらゆるコンテンツに唯一性、希少性を持たせることが可能です。

 

NFTによって世界中のデジタルアートが価値を生み出し始め、数千万〜数億円の規模で作品が売買されることも珍しいことではなくなりました。

 

今後はNFTサービスの充実やNFTアーティストの増加が予想され、NFT市場はますます盛り上がると考えられるでしょう。

 

乗り遅れないためには、今から実際に売買してみるのが一番勉強になります。

 

なんと日本の大手2社なら、すでに豊富な品揃えの中から自由に選ぶことができます。

 

簡単に購入できるので、試しに両方チェックしてみましょう。

 

BitFlyerでNFTをチェックする

CoincheckでNFTをチェックする

 

たいきち
どんどん価格高騰する前に、手の届くうちに確かめておきましょう!

 

なお余談ですが、NFTの盛り上がりに釣られ「暗号資産」の価値も増加しています。

 

NFTのようなサービスが今後増えれば暗号資産が値上がりしていく可能性も高いので、ぜひ併せて注目してみてくださいね。

 

人気商品