薬剤師必見!ブログで稼いだ利益は確定申告をしなければならない!その訳とは

こんにちは。たいきちです。

 

薬剤師がブログでようやく利益をだせたことにより、かなり喜んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、残念ながらブログで稼げば稼ぐほど税金のことを気にしなければなりません。

 

稼いだお金をすべて自分の懐に入れてしまうと、大きなバツとして帰ってくるので注意しなけれななりません。

 

  • 副業で得た税金のこと
  • 確定申告の基礎知識と申告しないといけない条件

 

そこで今回は、副業をするなら忘れてはいけない確定申告についてお話ししますので参考にしてみてください。

 

人気商品

そもそも確定申告って何?

 

みなさんは、確定申告という言葉は聞いたことがあるけれど、実際に経験した人は少ないのではないでしょうか。

 

しかも、税金という大切なことなのに学校では教えてくれないことから、経験しないと本当に分からないのが確定申告です。

 

確定申告とは、1年間の所得から税金を計算して国に納める税金のことで、所得とは、実際の売上から経費を差し引いた儲けのことを指します。

 

特例がない限り、1月1日~12月31日までの所得を計算し、翌年の2月16日~3月15日までに報告を行い、正しい税金を支払う、または還付されるというわけです。

 

会社員は確定申告をしないのはなぜ?

 

現在、薬剤師として働いていると、不思議に思うことがあるはずです。

 

それは、いままでにいちども確定申告をした記憶がないことです。

 

会社にもよりますが、アルバイトやパートを含む従業員は年末調整により正しい税金を支払う手続きをしてくれています。

 

毎年10月くらいになると、緑色の紙を渡されて記入した記憶があるのではないでしょうか。

 

一般的に、ひとつの職場で働いている人はどれだけの給与を払っているのかを会社が知っているため、代わりに申告をしてくれているというわけです。

 

薬剤師が確定申告をする基準

 

薬剤師が確定申告をする基準はいくつかありますが、副業での所得が年間20万円以上、というのが申告基準に値します。

 

つまり、本業の収入とは別に副業で年間20万円以上を稼いだのであれば、年末調整ではなく自分で確定申告をしなければなりません。

 

逆に、年間20万円以下の所得であれば確定申告は不要というわけです。

 

確定申告が必要な人の基準

 

確定申告は、決して副業で稼いでいる人だけがやるものではありません。

 

たとえば、フリーランスや自営業、株取引、不動産収入などの収入がある人は、一部を除いて確定申告をしなければなりません。

 

また、薬剤師のように給与所得がある場合は、

 

  • 給与額が2,000万円を超える
  • 副業で年間20万円以上の所得
  • 2か所以上から給料を受け取り年間20万円を超える所得

 

この場合でも、確定申告をしなければなりません。

 

薬剤師が確定申告をしないとどんな罰則があるの?

 

正直なところ、自分で確定申告をするのはかなり面倒だといえます。

 

なぜなら、経理関係の知識を持っている人は少ないからです。

 

そもそも、なにをどうやって売上を管理するのか、どこに申告をするのかなんて分かりません。

 

そう思っている間に、1年が過ぎ申告期限も過ぎてしまうというわけです。

 

実は確定申告の対象者なのに無視をしてしまうと、罰則があることを知っておくべきです。

 

たとえば、無申告加算税や延滞税が追加されるだけではなく控除などが減額されてしまうため、デメリットでしかありません。

 

無申告加算税や延滞税は、かなりの税率をかけられるため、無申告により余計な税金を支払わなければならなくなります。

 

まためったにありませんが、悪質性があると認識されれば脱税行為で逮捕されることもあります。

 

確定申告をしなければならないのに、しないのは大きなリスクがあるため、ブログで儲けがあるのでしたらかならずしておきましょう。

 

薬剤師が確定申告をするタイミング

 

実際に薬剤師はどのようにして確定申告を行い、いつどこに申告をするのでしょうか。

 

まず、1月1日~12月31までの売上をつけることからはじめてください。

 

今はクラウド会計ソフトという、便利なものがありますので絶対に使うべきです。

 

よく使われているクラウド会計は

 

 

などが該当します。

 

ソフトによっては、自動的に確定申告用の書類を作成してくれるため、非常に便利なツールと言えます。

 

売上とブログで使用した経費を入力すれば、実際の利益が分かります。

 

売上や経費をまとめたものを印刷して税務署に郵送、もしくはe-Taxにて入力を行い確定をします。

 

承認されれば後日、追加で支払う税金、または還付される案内が届きますので指示に従って対応します。

 

どうしても確定申告ができない、とのことでしたら税理士にお願いするといいでしょう。

 

薬剤師が確定申告をするための経費基準

 

よく、経費と耳にしますがどういうことを表しているのでしょうか。

 

たとえば、ブログで年間の売上が100万円だったと仮定します。

 

その1年間でブログを運営するために、いくつかの出費があるはずです。

 

  • サーバー代
  • ドメイン代
  • 広告費
  • 外注費
  • 印刷費
  • 交際費(打ち合わせなどあれば)
  • 交通費(取材や打ち合わせの移動費)

 

など、さまざまあります。

 

それらを経費として差し引けば、実際の所得となります。

 

つまり、売上の100万円に対して課税されるのではなく、経費を差し引いた金額に課税されるというわけです。

 

もし、経費があるのに申告しない場合は多くの税金の支払いがありますのでご注意ください。

 

逆に、経費ではないものを経費にしてしまうと税務署より突っつかれてしまうため、余計なものは入れないようにしましょう。

 

薬剤師がブログ収入で確定申告をする際の注意事項

 

もし、ブログの収入が大きくなってきたのであれば、確定申告をしなければならないことは分かったはずです。

 

ですが、その際にやっておきたいことがありますのでチェックしましょう。

 

領収書をもらい保管すること

 

普段の買い物や飲食をする場合、領収書はおろかレシートすらもらわないケースが多いはずです。

 

ですが、もし確定申告をする予定があるのでしたら、ブログに関連するものは領収書として受け取り保管するようにしておくべきです。

 

領収書は、何をいつどこで買った、利用したのかが分かるため正しく記帳ができるというメリットがあります。

 

また、万が一税務署から指摘があった場合でも領収書を見て説明できれば安心ですから、面倒だとしても領収書は保管するようにしましょう。

 

記帳漏れがないようにすること

 

細かい売上があると、ついつい記帳漏れがでてくるものです。

 

しかし、あきらかに実際の売上額と記帳した売上額に差異がある場合、嘘の申告をすることになりますので、差異をゼロにするべきと言えます。

 

たとえば、毎月月初にかならず1カ月の売上と経費を一致させておけば、確定申告が非常に楽になります。

 

白色申告ではなく青色申告にすること

 

もし、ブログで安定的な売上があるのでしたら青色申告をしておくべきと言えます。

 

何もしないと白色申告ですが、開業届や青色申告承認申請書を税務署に提出することで、青色申告申請者となります。

 

青色申告の場合は、最高で65万円の特別控除と各種経費で大きな恩恵が受けられます。

 

白色申告よりも記帳が難しくなりますが、税的に有利になるため検討しておきましょう。

 

薬剤師はブログで利益があるなら確定申告をするべき

 

確定申告はかなり面倒かもしれませんが、日本で働いている以上、適切な税金を支払うべきと言えます。

 

  • 副業で年間20万円以上の所得があれば確定申告をする
  • クラウド会計ソフトを使えば誰にでも記帳ができる

 

今は、クラウド会計ソフトや税理士にお願いすることができますので、面倒だし分からないという理由でスルーするのは辞めましょう。

 

確定申告を済ませておけば、また1年間安心してブログに集中できます。

人気商品