薬剤師のブログ初心者必見!読まれる画像の探し方と作り方【無料でできる】

こんにちは。たいきちです。

 

薬剤師がようやくブログを開設し、更新するところですが、最初に気になることがいくつかあります。

 

そのなかでも気になるのがブログに利用する画像ではないでしょうか。

 

  • 薬剤師がブログを更新する際に必要な画像について
  • 画像の作りかたや探しかた

 

そこで今回は、ブログに必要な画像についてお話ししますので参考にしてみてください。

 

人気商品

薬剤師がブログで画像を使わないといけない理由

 

ブログは文章だけ書ければいいのでは、と思ってしまいがちですがそうではありません。

 

どんな人でも、過去にさまざまなブログを目にしてきているはずですが、どれも画像が挿入されていることに気付くはずです。

 

ブログで一切画像がないと面白味がないことから離脱されてしまうため、文章内にかならず画像を挿入するというわけです。

 

仮に、3,000文字も5,000文字もあるようなブログで、文章だけしかなかった場合、小説のようになってしまい、読むのが疲れてしまいます。

 

当然、内容が良かったとしても早期離脱されてしまうわけですから、アフィリエイトの収益は期待できません。

 

画像がひとつでもあるだけで、かなり良い印象になることは間違いありません。

 

ですからブログは文章だけではなく、画像も重要ということを知っておきましょう。

 

薬剤師がブログで画像を利用する際の注意事項

 

ブログには画像が大切ですが、どんなものでもいいというわけではありません。

 

逆に合っていない画像を使うことで、余計に離脱されてしまうため使いかたを注意するべきと言えます。

 

画像の大きさ

 

画像は大小問わず、さまざまなサイズがあります。

 

画像をしっかり見せようと思い、画面いっぱいの大きさでアップロードしてしまうと、離脱の原因となってしまいます。

 

なぜなら、知りたい文章ではなく画像が画面いっぱいに邪魔しているからです。

 

訪問者は、わざわざスクロールしないといけないため、その時点で離脱してしまいます。

 

画像の大きさは、邪魔にならないようなサイズと、できれば横長のサイズ(640×427pxなど)を選ぶようにしましょう。

 

画像の色合い

 

少しでも画像を見てほしいと思った場合、色合いを奇抜なものにしてしまいがちです。

 

たしかに、奇抜な色の画像はインパクトがあるため、ある意味忘れられないものになります。

 

しかし、目がちかちかしたり文章と相違している画像だったりを使うと、訪問者が内容をイメージしづらくなりますし、ストレスを与えますので離脱の原因となってしまいます。

 

ですから、文章に合った画像を使うことと、目に優しい色合いを選ぶようにしましょう。

 

引用

 

インターネット上には、たくさんの作成された画像を見られます。

 

とくに、手の凝った画像であれば、自分のブログにも使いたいと思うはずです。

 

しかし無断で使ってしまうと、あとあとトラブルになってしまう可能性があります。

 

バレないだろうと思っていても、調べたら簡単に分かってしまうためむやみに無断使用は避けるべきと言えます。

 

どうしても他人の画像を使いたいのであれば、引用していることと、どこからの引用なのかを表記するようにしてください。

 

自作

 

フリー画像や誰かが作った画像ではなく、自作でオリジナル性をだそうと考える場合があります。

 

たしかに、ブログを運営していく場合、オリジナリティはかなり重要ですが画像作成のセンスがなければなりません。

 

なぜなら、見るにたえない下手な画像があると文章まで低品質だと思われてしまうからです。

 

ある程度、デザインや色のセンスがあるのでしたらいいですが、そうではない場合、無理に自作をするのはやめましょう。

 

作成後の圧縮

 

画像は作りこめば作りこむほど、画像の容量が重くなってしまいます。

 

画像が重くなればなるほど、サーバーに負担がかかり、サイトを開くまでにタイムラグが発生してしまいます。

 

当然、サイトを開くスピードが遅くなればユーザーは離脱してしまうため、画像は軽くするべきと言えます。

 

画像を軽くするためには、CMSのプラグインを利用するか専用のサイトを利用するようにしましょう。

 

 

薬剤師のワードプレスに関連する記事はこちらです。

関連記事

たいきちです。   これから薬剤師がブログをはじめる際に、どこのブログシステムを利用するべきなのかを迷っているのではないでしょうか。   アメブロなどの無料ブログにするべきなのか、将来的なことを考[…]

たいきちのアイキャッチ画像

 

薬剤師がブログ画像を入手する方法

 

では、どうやってブログの画像を入手すればいいのでしょうか。

 

フリー画像

 

ブログの画像でもっとも手っ取り早いのが、フリー画像です。

 

フリー画像とは、お金が一切かからずブログに使用しても良い画像のことを指します。

 

フリー画像の運営しているサイトはいくつかありますが、そのなかでもおすすめなのが、

 

 

などが該当します。

 

しかし、無料版は1日のダウンロード制限などがありますので、注意しましょう。

 

有料画像

 

フリー画像の他に、有料画像が販売されています。

 

有料画像は1枚いくらという設定があったり、月額でダウンロードし放題というサイトがあります。

 

無料画像はたくさんの人が利用しますが、有料画像は利用者が減るため、オリジナリティが少し高まります。

 

有料画像でおすすめのサイトは、

 

 

などが該当します。

 

外注

 

フリー画像や有料画像は、あくまで撮影された画像ですから装飾はされていないことが多いです。

 

よりオリジナリティを求めるのであれば、画像内に文字などの装飾をするべきと言えます。

 

そこで外注化をするというわけです。

 

外注化をすればハイクオリティで低価格の画像が納品されるため、手間がかからないというメリットがあります。

 

 

ブログの外注化に関連する記事はこちらです。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   薬剤師がブログを運営し続けていくためには、ひとりの力だけでは難しい場合があります。   なぜなら、薬剤師は毎日がとても忙しいからです。   本[…]

 

引用

 

無料画像も有料画像も探すのが面倒、と思っている場合に、引用と言う手段をとる場合があります。

 

引用はあくまでどこかのWebサイトから借りるということですから、オリジナル要素は全くありません。

 

しかも、引用が多ければ多いほど手抜き感が見られるため、離脱の原因となってしまいます。

 

引用は本当に必要なところだけに利用するようにしましょう。

 

ブログに必要な読まれる画像の枚数

 

ひとつの記事に、どれくらいの画像を使えばいいのかを迷ってしまうはずです。

 

正直なところ、適正な枚数と言うのは決まりはありません。

 

ですが、最低限やっておかないといけないことがありますので、知っておきましょう。

 

アイキャッチ

 

まず、アイキャッチに画像を設置するのは絶対にやっておくべきと言えます。

 

アイキャッチとはブログの新着や人気、関連記事などの一覧に表示される画像のことを指します。

 

アイキャッチを設定していないと、タイトルだけで判断をしないといけなくなるため、設置は必須です。

 

見出し

 

記事を書く際に、いくつかの見出しを設定しているはずです。

 

とくに大見出しは、話の内容を要約したものですから、よりイメージしてもらうためにも設置は必須です。

 

大見出しのすぐ下に、関連する画像を設置してあげるとベストです。

 

ただし、中見出しや小見出しすべてに画像を設置すると、サイトが重くなる可能性があるため、注意しましょう。

 

どうしてもブログの画像を自分で作りたい

 

もし、外注ではなく自分でハイクオリティな画像を無料で作りたいとのことであれば、canvaというサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

 

canvaでは、たくさんのフリー素材や写真、フォントなどが用意されているため、組み合わせるだけでプロが作ったような見栄えになります。

 

完成素材もかなり多いため、ブログ用にテキストを変更するだけでかなり見栄えの良い画像が完成します。

 

つまり、デザインのセンスやWebの知識なくてもcanvaさえあれば、かなり質の良い画像ができるというわけです。

 

まずは、canvaに新規登録をしましょう。

 

次に、ホームよりBlogバナーという項目がありますので好きなデザインを選択しましょう。

 

画像のなかにテキストが入っていますので、ブログのタイトルなどに変更してください。

 

デザインを変更したいなどがあれば、canva内の写真や素材から良いものをピックアップしてください。

 

あとはダウンロードをするだけで、保存ができます。

 

canvaでは色々なことができますが、ブログの画像を自作する場合はこれくらいの操作でも充分と言えます。

 

 

まとめ:薬剤師はブログに合った画像を使おう

 

ブログには画像が必須ですが、引用したり適当な画像を使ったりするとアクセスがあっても離脱されてしまいます。

 

  • ブログの画像はフリーでもいいが内容に合ったものを選ぶ
  • できれば外注化してオリジナリティをだすこと

 

みなさんもぜひ、画像をちゃんと選んで、たくさんのユーザーに見てもらえるようなブログにしましょう。

人気商品