2021年薬剤師の転職事情とは?少しでも好条件で転職するための方法

こんにちは。たいきちです。

 

どんな薬剤師でも、何かがきっかけで転職したいと思うことがやってくるはずです。

 

しかし、今の転職事情ややり方、好条件で転職する方法を知らないため、とても困ってしまうのではないでしょうか。

 

  • 薬剤師の転職事情について
  • 薬剤師が好条件で転職するための方法

 

そこで今回は、薬剤師の転職事情と後悔しない転職方法をお伝えしますので、参考にしてみてください。

 

人気商品

薬剤師はなぜ転職したいと思うのか?

 

薬剤師と言えば、高学歴で高収入と言うイメージがあるため、なぜ転職を考えるのか、と思ってしまう人は非常に多いのではないでしょうか。

 

たしかに、同学年と比べると高収入かもしれませんが、薬剤師なりに悩みがあり転職を考えることがたびたびあります。

 

年収や待遇に不満がある

 

どんな人でも仕事をすれば、年収や待遇に不満がでてくるものです。

 

それは薬剤師にも該当します。

 

いくら薬剤師の年収が周りよりも高いと言っても、本人からすれば仕事内容や責任と比較すると割に合っていないと感じているかもしれません。

 

また、薬局やドラッグストアは初任給が高いものの、何年も働くと昇給しにくいことに気がつくでしょう。

 

そのタイミングで転職を考えるというわけです。

 

人間関係がうまくいかない

 

どの職業でも、職場によってはたくさんの人が勤務しています。

 

職場には、いろんな人がいるのでなかには苦手な人がいる場合があります。

 

理不尽に怒られたり、無視されたり、無茶な仕事をおしつけられたりされると、非常にストレスがたまります。

 

職場のひとりでも人間関係がうまくいっていないと、ここから離れたいとなるわけです。

 

労働環境に不満がある

 

いくら金銭的な条件が良かったとしても、労働環境に問題があれば嫌になってしまうものです。

 

通勤時間が長かったり、患者の問題だったりなど多岐にわたります。

 

当然、毎日勤務する職場だからこそノンストレスでやりがいをもって働きたいはずです。

 

ですから、労働環境の改善を求めて転職を検討するというわけです。

 

良い条件で転職するためには薬剤師専用の転職サイトを利用するべき

 

もし、少しでも良い条件、良い環境で働きたいと思った場合、どういうことをすればいいのでしょうか。

 

薬剤師だけの求人をチェックできる

 

今はスマートフォンで簡単に求人を探せる時代になりました。

 

だからこそ、一般的な求人サイトで仕事を探してしまいがちですは、それはおすすめしません。

 

なぜなら、一般の転職サイトですと薬剤師メインではないため求人数が多くないからです。

 

どうせ転職するなら、たくさんの会社から選びたいと思うはずです。

 

薬剤師は大きな需要があるため、薬剤師専門の求人サイトがあります。

 

それをうまく活用すれば、理想の求人が見つかります。

 

キャリアアドバイザーからアドバイスが受けられる

 

実は、ほとんどの薬剤師専門求人サイトでは、キャリアアドバイザーが在籍しています。(コンサルタントなど名前は違う場合あり)

 

基本的にいつも忙しい薬剤師は、転職したいと思ってもなかなか行動できません。

 

でしたら、キャリアアドバイザーが在籍している薬剤師専門の転職サイトを利用するべきと言えます。

 

キャリアアドバイザーは、現在の状況をしっかりヒアリングしてくれ、理想の求人を紹介してくれます。

 

職場環境を知ることができる

 

どんな職場でも、入社してはじめて知ることが多いです。

 

面接時に、面接官の印象がよくて入社を決めたケースも多いことでしょう。

 

しかし、いざ入社をすればぜんぜんイメージと違った、失敗したなんて思ってしまうわけです。

 

たくさんの時間と労力を転職活動に使ってきた以上、再度おなじことをする力は残っていません。

 

転職サイトのキャリアアドバイザーに相談をすれば、事前に気になる会社の内部事情を教えてくれる可能性があるため、聞けることはどんどん聞いていきましょう。

 

無料で電話相談が受けられる

 

キャリアアドバイザーに相談する以上、直接会わないといけないのかと思ってしまうのではないでしょうか。

 

ですが、忙しい薬剤師からすれば会う時間なんてないかもしれません。

 

実は転職サイトによっては、合わずに電話で相談できるような仕組みになっています。

 

電話相談ですから、変に緊張することはありませんし、なにより足を運ぶ必要がありません。

 

条件交渉ができる

 

転職を検討する最大の理由に、給料をアップしたいことがあげられます。

 

たしかに、同じような仕事をするのであれば年収が高いに越したことはありません。

 

ですが、普通の転職サイトであれば、面接時にようやく年収交渉ができるというわけです。

 

もし仮に、年収交渉をして決裂すればその時間が大きな無駄となってしまうでしょう。

 

転職サイトのキャリアアドバイザーを利用すれば、事前にどれくらいの年収が希望なのかを相談できます。

 

その情報をもとに、希望の会社へ交渉を持ちかけてくれます。

 

本来、転職者からすれば年収交渉は大きなリスクがありますが、間に入ってくれる人がいれば非常に安心と言えます。

 

薬剤師が転職するならどの転職サイトにするべき?

 

では、もし薬剤師が満足のいく転職をするなら、どのサイトを利用するべきなのでしょうか。

 

登録や相談等、転職支援に関する費用はかかりませんので、気軽に登録してみてください。

 

リクナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師は、あのリクルート社が全力サポートする転職サイトです。

 

求人業界の知名度もさることながら、総求人数は60,000件以上あるため、求職者はしっかり会社を比較し、選べるという特徴があります。

 

また、リクナビ薬剤師では電話での相談も受付しているため、忙しい薬剤師にとってはうってつけな転職サイトと言えます。

 



 

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   薬剤師がこれから転職を検討する場合、いくつかの転職サイトをチェックするはずです。   しかし、転職サイトの数が非常に多いため、どこを選ぶべきなのかを迷ってしまうので[…]

 

マイナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師と同様に、人気のある転職サイトがマイナビ薬剤師です。

 

マイナビ薬剤師は、求人関係の大手でもあるマイナビ社が運営をする転職サイトです。

 

マイナビ薬剤師も、総求人数は60,000件を超えているため、たくさんの会社からベストな求人を探せます。

 



 

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

 

ファルマスタッフ

 

ファルマスタッフは、2000年に設立された老舗の薬剤師転職サイトです。

 

ファルマスタッフは、マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師と比較すると知名度は劣るかもしれませんが、求人数は60,000件以上とかなり多くの求人をかかえています。

 

また、ファルマスタッフでは無料転職サポートを行っているため、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

 

豊富な実績と経験で、ベストな求人が見つかります。

 



 

薬キャリエージェント

 

薬キャリエージェントとは、年間20,000人以上の薬剤師が利用する転職サイトのことを指します。

 

薬キャリエージェントは、薬剤師登録者数No.1ですから、たくさんの利用者がいて満足している証拠でもあります。

 

コンサルタントに相談した際には、1日で最大10件ほど求人を紹介してくれるため、仕事を探す手間を省けます。

 



 

 

薬剤師が転職をするなら複数の転職サイトを利用するべき

 

どの転職サイトも、利用や相談は無料ですから気軽に登録しておくべきと言えます。

 

なぜなら、転職サイトによっては取り扱っている求人が異なるからです。

 

マイナビ薬剤師だけに登録していた場合、理想の求人はリクナビ薬剤師にあるかもしれません。

 

どちらも登録しておけば、ベストな求人が見つけやすくなります。

 

まとめ:薬剤師は転職サイトを積極的に利用しよう

 

薬剤師が転職を考えたときに、多忙だったり、希望の求人が見つからなかったりで苦労するはずです。

 

でしたら、無料で利用できる転職支援サイトを気軽に登録しておくべきです。

 

  • 薬剤師は転職サイトを利用するべき
  • なるべく複数社に登録してベストな求人を紹介してもらう

 

みなさんもぜひ、転職サイトを利用して理想の求人を見つけてみてはいかがでしょうか。

人気商品