薬剤師はやりがいしかないって本当?今の職場に不満があるなら行動するべき!

こんにちは。たいきちです。

 

どんな仕事でも、やりがいをもてればどんなに嬉しいことでしょうか。

 

なぜなら、やりがいがあれば楽しくも充実した日々を過ごせるからです。

 

しかし、同じ業種でも職場によってはやりがいがあったりなかったりするため、環境に依存するというわけです。

 

  • 薬剤師はやりがいがあるのかどうか
  • やりがいをもって働くためにやるべきこと

 

そこで今回は、薬剤師がやりがいをもって働くためにやるべきことをお伝えしますので、参考にしてみてください。

 

人気商品

薬剤師がやりがいを感じられるときはどんなとき?

 

では、実際に薬剤師がやりがいを感じられるのはどんなときでしょうか。

 

患者さんに感謝されたとき

 

薬剤師でやりがいを感じられる最大の理由に、患者さんから感謝されることがあげられます。

 

やはり、患者さんが求めている薬を提供しているため、ありがとうの一言をもらえるだけでもやりがいを感じられるはずです。

 

患者さんの病気が回復したとき

 

患者さんは、体のどこかの調子が悪いため病院へ行き、薬を飲むというわけです。

 

そして、いずれは薬のおかげで体調がよくなりますので、そのタイミングで薬剤師に感謝の言葉を発してくれます。

 

やはり、ひとりの患者さんに調剤や説明を行っていますので、身近な存在として頼られ感謝されます。

 

責任ある立場になったとき

 

薬剤師もキャリアを積めば、いつかは責任ある立場になります。

 

当然、責任は重くなりますが給料や各種手当がアップし、発言権も増します。

 

実績が伴えば自分の思い通りに仕事が進むようになりますので、やりがいを感じられます。

 

勉強したことが役に立ったとき

 

薬剤師は、学校を卒業しても日々勉強をしなければなりません。

 

なぜなら、患者さんに正しい薬と情報を提供しなければならないからです。

 

毎日の業務はもちろん、勤務外で勉強することもあるでしょう。

 

ですが、どこかのタイミングで勉強したことが役に立ったときには、大きなやりがいを感じられます。

 

薬剤師でやりがいを感じられずに仕事を辞めたいと思うとき

 

では、薬剤師がやりがいを感じられずに、仕事を辞めたいと思うときはいつでしょうか。

 

毎日同じことの繰り返し

 

人によっては、ルーティン作業が苦手なケースがあります。

 

ルーティンとは、繰り返しという意味を指します。

 

毎日毎日、同じことの繰り返しですと新鮮味がありませんし、いつかは飽きてしまいます。

 

当然そうなると、仕事自体が面白くなくなりやりがいもなくなります。

 

大きなクレームを受けたとき

 

どんな仕事でもそうですが、何らかの理由で大きなクレームが発生する場合があります。

 

それが自分に関係あることでしたら最悪です。

 

接客中に目の前で患者さんに怒鳴られると、激しくモチベーションが低下してしまいます。

 

それが一度だけならいいですが、何度も続くとやりがいを感じられなくなり、仕事を辞めたくなってしまいます。

 

上司から怒られる

 

 

仕事をしている以上、何らかのミスがつきものです。

 

職場によっては、些細なミスも許せないような環境になることも少なくありません。

 

そんな環境が毎日のように続くと精神的にも肉体的にも疲れてしまい、やりがいを感じられなくなります。

 

薬剤師でやりがいを感じられない場合にやるべきこと

 

もし、薬剤師として働いているなかでやりがいを感じられないと思った場合、なにをするべきなのでしょうか。

 

患者さん第一ということを思いだす

 

まずは、なぜ薬剤師になったのかを考え直すべきです。

 

ほとんどの人は、人の役に立ちたいと思って薬剤師になったはずです。

 

つまり、患者さんを助けるために薬剤師になったわけですから、初心にかえることが重要です。

 

忘れかけていた気持ちを思い出すことで、また改めて頑張ろうという気持ちになるのではないでしょうか。

 

身近な人に相談する

 

仕事にやりがいを感じられなくなっているときは、何か嫌なことがあったからかもしれません。

 

そんなときにひとりで悩んでいても、マイナス方向にしか考えられません。

 

でしたら、身近に相談できる人に話してみることをおすすめします。

 

同僚でも上司でも、家族でもいいです。

 

気の許せる人に、今の悩みや問題を相談することで、何かしらの解決策が見つかる可能性があります。

 

転職を考える

 

何をしても仕事にやりがいを感じられないときには、転職を検討するべきです。

 

なぜなら、仕事にやりがいを感じられないのは、今の職場に問題があるからです。

 

たとえば給料のことや、人間関係、患者さんなど、満足いくものがないとやりがいを感じられません。

 

転職をすれば、そもそも環境が変わりますし、交渉次第では年収アップもできるため、やりがいを感じられるようになります。

 

薬剤師でやりがいを感じるためには転職支援サイトを活用しよう

 

もし、やりがいを求めて転職をする場合、やりかたに気をつけなければなりません。

 

なぜなら、ひとりで転職活動をすると失敗の確率が高くなるからです。

 

そこで利用しておきたいのが、転職支援サイトです。

 

転職支援サイトは完全無料ですが、アドバイザーから求人の紹介をはじめ、面接対策、面接日の設定、職務経歴書の添削、条件交渉などを行ってくれます。

 

なにより転職経験のない人からすれば、喉から手が出るほど欲しかったようなサービスではないでしょうか。

 

各種転職支援サイトは、ものの1~2分で登録が完了するため、事前にチェックしておきましょう。

 

 

薬剤師の転職に関連する記事はこちら

関連記事

こんにちは。たいきちです。   どんな薬剤師でも、何かがきっかけで転職したいと思うことがやってくるはずです。   しかし、今の転職事情ややり方、好条件で転職する方法を知らないため、とても困ってしま[…]

 

 

薬剤師がやりがい中心で探せる転職支援サイト

 

では、ここからはやりがい中心で探せる転職支援サイトをご紹介します。

 

どのサイトも完全無料ですし、1~2分でできるため気軽に登録できます。

 

リクナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師は、リクルート社が運営する転職支援サイトです。

 

リクルート社は、長年求人に関することで業界トップクラスの実績を持っているため、ひとりひとりに合った最適なアドバイスをしてくれます。

 

もちろん、面談時にはやりがいを求めている、ということを伝えれば、それに向けてしっかり調査を行ってくれます。

 

運営規模や歴史、ノウハウなど総合的にリクナビ薬剤師は、絶対に外せない転職支援サイトと言えます。

 



 

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   薬剤師がこれから転職を検討する場合、いくつかの転職サイトをチェックするはずです。   しかし、転職サイトの数が非常に多いため、どこを選ぶべきなのかを迷ってしまうので[…]

 

マイナビ薬剤師

 

マイナビ薬剤師は、マイナビ社が運営する転職支援サイトです。

 

マイナビ薬剤師では、求人数が6万件以上と膨大な件数を持っているため、いちどにたくさんの求人を紹介してくれるという特徴があります。

 

また、キャリアアドバイザーと会って話せる親身な面談により、やりがいのある仕事を紹介してくれます。

 

マイナビ薬剤師は、情報量がトップクラスなので理想の求人が見つかることでしょう。

 



 

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

 

薬キャリ

 

薬キャリは、薬剤師登録者数がNo.1の人気の転職支援サイトです。

 

なぜなら、医療業界専門のエムスリー社がバックボーンとなっていることや、利用者の満足度が高いからです。

 

専門性の高さと、迅速な対応に利用者は非常に満足しているというわけです。

 



 

 

薬剤師のおすすめな転職支援サイト【やりがいを大切にしたい】

 

どんな仕事でも、やりがいを失ってしまうと毎日が苦痛で仕方がありません。

 

それは薬剤師にも該当します。

 

もし、なにをしてもやりがいを感じられなくなったのであれば、転職を検討するべきと言えます。

 

  • 薬剤師でやりがいがなくなったのであれば転職を検討する
  • 転職支援サービスを活用して理想の求人を見つける

 

みなさんもぜひ、薬剤師のやりがいを求めて仕事を探してみてはいかがでしょうか。

 

人気商品