薬剤師のストレスがすごい!いい職場環境にするためにやるべきこと

こんにちは。たいきちです。

 

どんな職業でも、かならずついて回るものがあります。

 

それはストレスです。

 

とくに、人の健康や命に関することに携わっている薬剤師は、ときに想像を絶するストレスと戦わなければなりません。

 

  • 薬剤師のストレス事情について
  • 薬剤師がベストな職場環境にするためには

 

そこで今回は、薬剤師のストレス事情についてお話ししますので、参考にしてみてください。

 

人気商品

薬剤師にはストレスが多いって本当?

 

世の中には、数えきれないくらいの職業があります。

 

薬剤師というと、公務員のように安定性があるため、ストレスがなさそうだなんて思ってしまう人も多いかもしれません。

 

しかし、薬剤師も多くのストレスと戦っているというわけです。

 

では、どのようなストレスと戦っているのでしょうか。

 

人間関係によるストレス

 

どんなに給料の高い職業だったとしても、人と関わっている以上、人間関係で悩まされることがあります。

 

それは薬剤師も例外ではありません。

 

たとえば、調剤薬局のような閉鎖的な職場ですと、ひとりでも相性の悪い同僚や先輩がいれば、最悪な環境で毎日過ごすことになります。

 

また、製薬会社のような人が多いようなところでも、かならずひとり以上は合わない人がいるため、人間関係で大きなストレスを感じてしまうというわけです。

 

給料の不満によるストレス

 

一般的な会社員と比較すると、薬剤師の年収は高い傾向にあります。

 

しかし、仕事内容を考えるとどうしても給料とのバランスが合っていない場合があります。

 

薬剤師そのものに大きな需要があるため、簡単に転職を考えてしまうというわけです。

 

転職活動をくりかえして、年収アップを狙う人もいます。

 

休みが不規則によるストレス

 

ドラッグストアなどのお店によりますが、年中無休で営業しているところが多いです。

 

つまり、そういうお店で働いた場合は、シフト制になり土日祝が休めなくなってしまいます。

 

1店舗に薬剤師の人数は限られていますし、大きな需要があるため、休みが不規則で週末に休めなくなりストレスを感じてしまいます。

 

日々勉強によるストレス

 

薬剤師になるまでに、何年も勉強し続けてきたはずです。

 

しかし、いざ薬剤師になると今まで以上に勉強をし続けなければなりません。

 

なぜなら、頻繁に発売される新薬の情報だったり、既存の薬の知識を増やしたりしないといけないからです。

 

学校で学んだことしかやらないと、適切な業務ができなくなるため、それだけでは早い段階で戦力外通告を受けてしまうことでしょう。

 

一生懸命勉強して薬剤師になったわけですから、簡単に仕事を辞めるわけにはいきません。

 

毎日業務中はもちろん、業務外でも勉強することが多いため、ストレスを感じてしまいます。

 

責任の重さにストレス

 

医療関係の仕事をするということは、患者さんの健康に携わるということです。

 

つまり、業務を疎かにしてしまうと患者さんの健康に大きな影響を及ぼすことにもなりかねません。

 

毎日、たくさんの患者さんと接するため、責任の重さにストレスを感じることが多々あります。

 

失敗できない重圧に耐えきれなくなると、薬剤師そのものを辞めたいと思うときもあるでしょう。

 

薬剤師がストレスから解放されるためにやるべきこと

 

では、どうすれば薬剤師がストレスから逃れられるのでしょうか。

 

休日は趣味に没頭する

 

毎日仕事ばかりしていれば、確実にストレスはたまる一方です。

 

朝も早く帰りが遅ければなおさらではないでしょうか。

 

でしたら、休日は趣味に没頭するべきと言えます。

 

趣味に時間を費やしている瞬間は、確実に嫌なことを忘れているからです。

 

趣味をするほど体力が残っていないかもしれませんが、それでも何かしらはするべきではないでしょうか。

 

また、仮に趣味がないのであれば外にでて動けるようなものを探すべきと言えます。

 

体を動かしていれば嫌なことは忘れますし、体力や体型の維持にも貢献できます。

 

ひとりで悩みを抱え込まない

 

真面目な人ほど、仕事に関する悩みを自分で抱え込んでしまいます。

 

結果的に、悩みを抱えきれなくなって爆発してしまうというわけです。

 

ですから、どんな内容だったとしても気軽に相談できる同僚や先輩、友人などを作っておくべきと言えます。

 

とくに、共感してくれそうな相談相手がいればベストです。

 

転職することを考える

 

どうしても今の職場に耐えられないと思ったのであれば、転職することを検討しましょう。

 

なぜなら、環境が変わればストレスがなくなる可能性があるからです。

 

ストレスが無くなることで、イキイキと働けますし、結果的に能力の向上に繋がります。

 

そして、結果が評価され給料のアップや役職などにつくことができます。

 

少し前の日本では、1社につき3年は勤めないといけないという暗黙の了解がありましたが、現在はそうでもありません。

 

むしろ、1社にずっとしがみついていると視野が狭くなりますし、頭が凝り固まってしまいます。

 

いくつもの会社を経験することで臨機応変に対応できますし、前職の良かったところを転職先で活かせます。

 

 

薬剤師の転職に興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   どんな薬剤師でも、何かがきっかけで転職したいと思うことがやってくるはずです。   しかし、今の転職事情ややり方、好条件で転職する方法を知らないため、とても困ってしま[…]

 

 

薬剤師におすすめできる転職サイト【脱ストレスのために】

 

もし、ストレスから解放されたいと思い転職を希望しているのであれば、薬剤師専門の転職サイトを利用するべきと言えます。

 

なぜなら、どの転職サイトもキャリアアドバイザーが在籍しているからです。

 

キャリアアドバイザーとは転職活動のプロで、求人の紹介や面接のアドバイス、給与交渉などを対応してくれる人のことを指します。

 

しかも、各種転職サイトは完全無料で利用できるため、何のリスクもありません。

 

リクナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師は、リクナビ社が運営する転職支援サイトです。

 

さすが大手のリクナビが運営するだけあって、総求人数は6万件を超えています。

 

キャリアアドバイザーへ、ストレスを感じる状況をしっかり伝えることで、転職先で同じことにならないように仕事探しを手伝ってくれます。

 

もちろん、年収に不満があるのでしたら同時に相談することで、希望の企業へ交渉を持ち掛けてくれます。

 



 

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

関連記事

こんにちは。たいきちです。   薬剤師がこれから転職を検討する場合、いくつかの転職サイトをチェックするはずです。   しかし、転職サイトの数が非常に多いため、どこを選ぶべきなのかを迷ってしまうので[…]

 

マイナビ薬剤師

 

リクナビ薬剤師と人気を争うのが、マイナビ薬剤師です。

 

マイナビ薬剤師も求人大手のマイナビ社が運営する、転職支援サイトです。

 

マイナビ薬剤師では、キャリアアドバイザーと会って話せる親身な面談と、情報力や交渉力により利用者満足度がNo.1という実績があります。

 

マイナビ薬剤師も6万件以上の求人を常に抱えているため、仕事探しには困りません。

 



 

 

詳しくはこちらの記事を参照してください。

 

薬キャリ

 

薬キャリは、薬剤師専門の転職支援サービスです。

 

薬キャリでは、薬剤師の登録者数がNo.1のため、かなりのユーザーが利用している傾向にあります。

 

通常の求人はもちろん、表にでてこないような非公開求人を多数案内してくれるため、理想の職場が見つかる可能性があります。

 

ですから、ストレスのない理想の求人を探したいのであれば薬キャリがおすすめと言えます。

 



 

 

まとめ:薬剤師でストレスを感じていても改善方法はたくさんある

 

薬剤師である以上、大きなストレスからは逃れられません。

 

しかし、やりかた次第では極限までストレスを減らして働き続けることができます。

 

  • 薬剤師のストレス解消方法はたくさんある
  • 薬剤師のストレスから抜け出すためには転職も考える

 

現状、どうしようもなくなったのであれば前もって転職活動をして、新しい環境でスタートしてみてはいかがでしょうか。

人気商品