【目が疲れるとき】薬を使う前に自分でできる対処法は?薬剤師が解説!

人気商品

【目が疲れるとき】薬を使う前に自分でできる対処方法は?薬剤師が解説!

 

こんにちは。たいきちです。

 

今回は目が疲れるときのセルフケアについて解説します。

 

はじめに

 

眼精疲労はデスクワークで長時間パソコンを使用している方や、スマホ、テレビ、読書などで目を酷使する方に多くみられます。

 

そんなときに、受診や薬に頼る前に自分でできる対処方法をご紹介します。

 

たとえば単なる目の疲れであれば、睡眠をとることで改善が期待できます。

 

しかし良質かつ十分な睡眠をとっているのに目の疲れや痛みの症状が残る場合は眼精疲労が疑われます。

 

眼精疲労は慢性的なものも多く、安易に目薬や眼科に通院しても治りません。

 

受診や薬に頼る前に日常の眼精疲労の原因を明確にして、自身で行うセルフケアが大切になります。

 

眼精疲労とは

 

目が疲れた等、一般的に眼精疲労には、ライフスタイルが深く関係しています。

 

パソコンやスマホは現代人に必要不可欠なツールです。

 

そのため仕事だけではなく自宅でも長時間パソコンやスマホを使用している方もいるでしょう。

 

しかしパソコンやスマホの使用時間が長ければ長いほどに、目の疲れを感じやすくなるのです。

 

またテクノストレス眼症といい、パソコンの画面などを近くからみようとしたときに目の痛みや頭痛などが起こることもあります。

 

1メートル先を見ても症状が現れないのに、パソコンの画面を近くから見ると症状が現れやすいことが特徴です。

 

次のような症状が現れていないかセルフチェックしましょう。

 

  • 目の奥が痛む
  • 目の奥が熱い
  • 目がかすむ
  • 目の疲れを感じる
  • まぶたがけいれんする
  • 目の乾きを感じる
  • 涙がよく出る
  • ものが見えにくくなった
  • 頭痛がある
  • ひどい肩こりに悩まされている
  • 吐き気がする
  • 目の中に異物が入っている感じがある
  • まぶたが重い
  • パソコンの画面を見ていると眠気を感じる
  • 目が赤くなる

 

受診や薬に頼る前に自分でできる対処方法

 

まずは受診や薬に頼る前に、自宅やでできる疲れ目ケア法として、ツボ押し、遠近ウオッチング、目回し体操を紹介します。

 

パソコンでの作業を続けるときは、1時間に1回は休憩をして、下記に紹介するケアを取り入れてみましょう。

 

ツボ押し

 

疲れ目を感じると、無意識に目頭を指で押さえる人は多いはず。

 

実は目の周りには、目の疲れを改善する効果のあるツボが多数あります。

 

ツボ押しで血流を促し、眼筋にたまった疲労物質を排出しましょう。

 

遠くと近くを交互に見る

 

パソコンでの作業が続くと、近距離に視線が固定されるので水晶体の厚みを調節する毛様体筋が疲労します。

 

休憩の時には、3m以上遠くと、30cmくらいの先の近くを10秒ずつ交互に見て、こわばった毛様体筋をストレッチしましょう。

 

目回し体操

 

普段あまり動かすことのない眼筋を動かしほぐす体操です。

 

頭は動かさずに視線だけを動かすのがポイントです。

 

(1)眼球を上下に動かす(3~5セット)
(2)眼球を左右に動かす

左右の親指を肩幅くらいに立てて、左右の親指を交互に見る。だんだんスピードを上げて、両手の間隔も広げていく。

(3)眼球を回す

円を描くように1周5秒くらいかけてゆっくり目を回す。時計回りと反時計回りで1セットとして、2セット続ける。

 

パソコンのモニターの明るさを調整する

 

もともと虹彩の色素が薄い人や、疲労によって瞳孔の動きが悪くなると目の中に余計な光が入る可能性があり、眼球にストレスを与えます。

 

パソコン画面の明るさは暗過ぎない程度に落としたほうが目は疲れにくくなります。

 

また、画面には太陽の光が当たらないようにしましょう。

 

またパソコン作業の時はメガネがベターです。

 

コンタクトレンズを着けると、ただでさえ涙の分泌が減ります。

 

長時間パソコン作業をするときは、コンタクトレンズよりもメガネのほうが目の負担が減ります。

 

ホット蒸しタオルで温める

 

目が疲れたときに冷たいタオルを当ててスッキリさせる人がいますが、これは血管を収縮させてしまうので逆効果。

 

目の疲労回復のためには、温めて血流を促進させ、疲労物質を排出させることが大切です。

 

また、温めることで眼筋がリラックスし、涙液の分泌も促進されます。

 

水でぬらしたタオルを電子レンジで1分ほど加熱し、肌にのせてもやけどしないくらいに冷ましたら、上まぶたの上に2~3分のせます。

 

これからの季節はすぐにタオルが冷めてしまうので、湯船に入りながらお湯でぬらしたタオルで同様に行ってもいいでしょう。

 

音楽やアロマでリラックス

 

音楽やアロマでリラックスすると副交感神経の働きが高まり、血管が広がって血流が促進され、疲れ目にも効果があると考えられます。

 

最近では、アロマオイルを使った眼精疲労の症状改善の試みも始まっています。

 

アイクリームを塗る

 

眼精疲労によって目周りの血流が低下すると、目周りの皮膚の乾燥も進みます。

 

クリームでまぶたの保湿をすることで、眼精疲労の改善が期待できます。

 

まとめ

 

リモートワークも進み、パソコンやスマートフォンなどの普及に伴い、かなり多くの人が、目の疲れを感じています。

 

自身の目の疲れの原因を知り、日々の生活の中でできる「アイケア」に力を入れていくことはとても大切です。

 

パソコンやスマートフォンが普及し、日々の生活や仕事に欠かせなくなった現代。

 

目は自分たちが思っている以上に、日々頑張っている状態にあると言えます。

 

目の疲れは、仕事のパフォーマンスを低下させるだけでなく、顔全体に疲れた印象を与えてしまうというデメリットもあります。

 

そのため、今回ご紹介した眼精疲労に該当する症状に心当たりがある場合は、まずは生活環境やワークスタイルを改善するところから始めてみましょう。

 

そして、たくさんのアイケア法を紹介しましたが、自分が気持ちいいと感じるものだけ取り入れてもOKです。

 

パソコンやスマホの使用時間を減らすことは難しくても、疲れ目ケアの習慣を付けることで、目の負担はぐんと軽くなります。

 

ぜひ試してみてください。

 

以上が職場や自宅で出来るセルフケアになります。

 

是非、何でも目薬に頼る前に、まずは目をしっかりケアする事がとても大切です。

 

ちなみに市販薬について知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事

こんにちは。   「目が疲れる…」 「目が乾燥する…」 「目がかすむ…」   30代のデスクワークでは、このような症状をお持ちの方は多いのではないでしょうか。   […]

たいきちのアイキャッチ画像
人気商品